ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【SUZUKI ST250 E type】最強のサイドバッグサポート取り付け

f:id:katamichinijikan:20181008153445j:plain

ST250のサイドバッグサポートの取り付けと言えば、いわゆるPクリップなどと呼ばれる金具を使って、フレームとサイドバッグサポートを連結します。実際に私も以下の記事でPクリップを使ってサイドバッグサポートを取り付けています。

diy-kagu.hatenablog.com

これで実用上全く問題なかったのですが、Pクリップは厚みもなく剛性感に乏しいため、サイドバッグサポートを掴んでぐらぐらと揺するとサイドバッグサポートだけがぐらぐらと揺れてしまう余地がありました。

 

そこで、購入したのがステンレス製の立バンドです。

ホームセンターなどで200円台で手に入ります。

アカギ製のA10349-20Aが丁度良かったです。アカギのホームページでこの部材の仕様を確認すると、板厚は2mmのステンレスでリブ加工がされ、バンド幅は25mm、ボルトはM6です。本来の用途は27.2mm外形の鋼管を固定するために使います。

 

実物はこちらです。蝶番部分もガッチリ。

f:id:katamichinijikan:20181008160108j:plain

底から見ると肉厚具合と頑強さが伝わると思います。いくら頑張ってもペンチを使っても曲がりません。

f:id:katamichinijikan:20181008160115j:plain

これが元々の状態で、Pクリップを使って固定しています。

f:id:katamichinijikan:20181008160212j:plain

サイドバッグサポートを取り外しました。すごい安物でしたがよくもってくれました。素材が薄いためぐにぐにと曲がる余地があるだけで、強度的にはこれで全く問題なかったです。

f:id:katamichinijikan:20181008160215j:plain

立バンド20Aを取り付けます。見るからに強そう。

f:id:katamichinijikan:20181008160226j:plain

立バンド20Aにはボルトが2つ固定できますが、1つしか使っていません。もう1つ何かに使えるかな。

f:id:katamichinijikan:20181008160234j:plain

 

上の写真でも写っていますが、最近アモカンと呼ばれる樹脂製ケースをパニアケースのように取り付けました。

【参考】安くて簡単「molding AMMO TOOL BOX」でバイクのサイドボックスを作ろう - ドリリウム

バイク用のパニアケースではありませんから、当然取り付けはワンタッチとはいきません。

molding AMMO TOOL BOX アーモ(弾薬入れ)ツールボックス Lサイズ (ブラック)

基本的にはサイドバッグサポートと共締めして、補強や揺れ防止の意味合いでサイドバッグサポートの下端とアモカンを固定していました。

そうすると、Pクリップでも若干剛性が不足しており、ケースがぐらぐらと動いてしまいます。繰り返しますが全く強度は問題ありませんでした。そこで、今回立バンド20Aへ置き換えてみました。結果は大成功で、かなりガッチリと剛性感が高まりました。

なにより価格が200円ちょいと安いのが嬉しいです。