ドリリウム

釣り、コーヒー、バイク、車、家具作り、DIY、アクアリウム

MENU

【SUZUKI ST250E】オイル・オイルフィルター交換(手順あり)

f:id:katamichinijikan:20180412095247j:plain

最近、オイルが減ってきており、Lowすら下回り始めたのでオイルを交換しました。

元のオイルの種類が不明でしたのでオイルフィルターもあわせて交換します。初のオイル交換なので、あれこれと選定し揃えました。

オイル

今回、選択したオイルはこちら。

Amazonで売っている4サイクルエンジン用の格安化学合成油です。

結構評判もよく、AZ製なので酷い粗悪品ということはないでしょう。あれこれ車をとっかえひっかえしていた頃からの考えで、エンジンを酷使したりシビアコンディションで走らない限りは、最低限品質のオイルを頻繁に交換した方が良いという考えです。もちろん高いものを頻繁に使った方が良いに決まってますけど。

オイルフィルター

フィルターはなんでも良いので、Amazonで一番安かったデイトナ製を選択しました。

デイトナ(DAYTONA) オイルフィルター 内蔵式 67933

デイトナ(DAYTONA) オイルフィルター 内蔵式 67933

 

バイクの部品が小さいのは知っていたのですが、おもちゃのようです。とてつもなく小さいです。 

f:id:katamichinijikan:20180617165013j:plain

ちらりと写っているのはオイル交換時に触れる、オイルフィルターのケースやオイルフィラープラグのパッキンです。こちらはAmazonではちょうど良いものが見つからず、Monotaroで購入しました。これまた安い。入手性が良い。

なお、特に漏れもなく、劣化も見られなかったので今回は交換しませんでした。

 

 ドレンボルトガスケット

ST250Eのドレンボルトガスケットは特殊な形状をしているのですが、潰してシール性を保つのはただのガスケットも同じです。デイトナ製のM14用ガスケットを購入しました。

デイトナ(Daytona) ドレンボルトガスケットM14 1.5t 10枚 96737
 

純正ドレンプラグもガスケットも非常に安いです。今回はドレンプラグのみ新品購入しました。

f:id:katamichinijikan:20180617165657j:plain

 

それでは交換していきます。

 

エンジンを下から覗きこんだ、3つのボルトで囲まれた17mmのボルトがオイルドレンプラグです。

f:id:katamichinijikan:20180617170104j:plain

緩めてf:id:katamichinijikan:20180617170106j:plain

だばー

f:id:katamichinijikan:20180617170110j:plain

フィラープラグを外します。ちょっと揺すってできるだけオイルを出します。

f:id:katamichinijikan:20180617170113j:plain

オイルドレンプラグです。

ガスケットは汎用品になっていました。

f:id:katamichinijikan:20180617170119j:plain

新しいドレンプラグを外して、オイルフィルターを外します。SUZUKIの文字が刻印されたカバーを外します。10mmが3本です。

f:id:katamichinijikan:20180617170125j:plain

ぱかっと外すと結構オイルが出てきます。周りを汚してしまいました。

f:id:katamichinijikan:20180617170129j:plain

フィルターを交換。引っこ抜いてはめるだけです。

f:id:katamichinijikan:20180617170132j:plain

オイルを注いでいきます。細めの注ぎ口が付属してきて、注ぎやすいです。

オイルの量はオイルフィルターを交換しない場合1.4Lだそうです。ある程度注いだら、バイクを水平にして、レベルゲージを確認しながら注ぎ足していきます。

f:id:katamichinijikan:20180617170146j:plain

更にしばらくエンジンをかけて、エンジンを切ったらもう一度レベルゲージを確認して完了。距離は7271.8kmでした。てっきりもう2000kmくらい走ったと思っていたのですが、まだ1500kmも行っていませんでした。

f:id:katamichinijikan:20180617170149j:plain

トラックに突っ込まれて10キロ歩いた話と教訓

知人との会話で久々に5年ほど前の事故を思い出したので、次はもうちょっとうまくしようという反省を込めて書き残して起きます。

渋滞で停車中、後ろからノーブレーキのトラックに追突される

その日は出張のため、朝の渋滞に巻き込まれながら出張先を目指していました。信号も車も多く、だらだらとした渋滞が続く二車線の国道です。

少し遠くの信号が変わり、段々と前の方から車列が動きはじめます。ようやく前の車も動き出し、自身もそれに続きます。速度も乗り、おそらく50キロくらいは出ていたでしょう。しばらく進むとまた遠くに赤信号が見え、前の車に合わせて速度を落とし、停車しました。その時、バックミラーに写る後続車にどうにも違和感を覚えました。これは止まりきれない速度で迫っていないか?という疑問が一瞬頭に浮かんだ瞬間、追突されました。

示唆の判断で体と頭をシートとヘッドレストに押し付け、ブレーキを踏む力を少しだけ強めて左足をフットレストに置いて膝を曲げたまま踏ん張りました。

教訓1:ドライビングポジションとヘッドレストの位置を最適にする。

教訓2:運転中は視野を広くし、事故に際して理想的な姿勢を取る。

軽自動車なら死んでいたな

僕が絶対に軽自動車やミニバンを乗ろうとしないのは、単純な見た目の悪さ以外にもこの経験によるものがあります。トラックは小型トラックで、よく街中で見かけるサイズです。ヤマトとか佐川とかの住宅街をちょこちょこ走り回るこんなトラックと同じサイズです。

f:id:katamichinijikan:20180614144233j:image

車はトランクが潰れて、Cピラーとルーフが歪んでいました。車に詳しい方ならわかっていただけると思いますが、フロアが歪み、ホイールベースが左右で数センチ変わっていました。

それでも人が乗る空間はなんとか無事でした。

その時乗っていたのはBMW 3シリーズのセダンです。当然前の車にぶつかり、更に前の車にもあたり、5台を含む玉突き事故です。小型トラックがせいぜい40~50km程度でぶつかっただけでこれです。

開口部が広くCピラーが弱い軽自動車やミニバンであれば確実により激しくボディは押しつぶされ、窓ガラスは砕け、カーゴスペースの荷物が飛散するかもしれません。広すぎる開口部からは破損した車の部品が飛び込んでくる可能性もあります。後席の人は間違いなく無事では済まず、前席も軽傷では済まないでしょう。

現在の自動車の衝突安全性試験では、後面衝突頚部保護性能試験といって、後方から追突された際の運転席及び助手席の乗員の頸部へのダメージしか評価されていません。

教訓3:セダン

教訓4:車内の荷物は最低限かつ整理整頓し、特にセダン以外では飛散防止を意識する

救急車で運ばれる(混乱中)

衝突時に良い姿勢を取れたこと、ブレーキを強く踏み込まなかったこともあってか、車のダメージ以上に体は問題ないように感じられました。しかし、全く感じていなかったもののどうやら混乱していたようで、しばらく経ってからメガネがないことに気が付きました。普段は常にメガネをしており、裸眼では視力は0.1以下、裸眼では何も見えないため裸眼でいるのは就寝時くらいのものです。メガネは衝突時に吹き飛んだらしく、車内に転がっていたのを後に発見しました。

救急車で運ばれ、精密検査等を受け問診も受けますが、どうにも今思えば浮ついていたというか、自分がどういう状態か、どこか痛いのか、そうしたことが把握できていなかった気がします。「とりあえず大丈夫そう」、そんな返答ばかりをしていた気がします。症状は後から出るとよく言いますが、単純にその時点では興奮状態でわからなくなっているだけなんでしょう。

診察を終えたら放り出されて、どうしよう?

診察を終えると、日頃病院で診察を終えた時のように、お金を払ってバイバイです。

特に何もありません。

病院を出ても、そもそもそこがどこだかわかりません。救急車で出張先と自宅の中間地点の最寄りの病院へ運ばれてきたからです。今思えばタクシーを呼ぶべきでした。タクシー代は、後から保険でおりるわけですから。

とりあえずこの時点で会社に連絡します。

何をすれば良いかもわからなかったのですが、救急車で運ばれる前に、現場で後で警察署に聴取(?)のために来るように警察官に言われていたことを思い出しました。スマホで調べて警察署に電話すると、やはり直接訪れなくてはならないそうです。スマホで道を調べて警察署まで歩きます。1時間ほど歩いて、警察署に到着しました。知らない街の警察署です。

教訓5:事故にあった瞬間以降、全力でお金で解決できることはお金で解決する。主に移動でタクシー。体が第一。

教訓6:事故後、警察署は急いでいかなくて良い。とりあえずタクシーで帰宅して休む。

警察署で聴取を終えて、どうしよう?(混乱中)

警察署であれこれ話を聞かれます。事故当時の状況や、被害届を出すかどうかとか、そんな話だった気がします。30分くらいはかかってしまった気がします。おそらく被害届を出せば、相手は罪に問われ、前科者になってしまうのではないでしょうか。

やっぱり浮ついていて、あまりよく覚えていません。

確かここで、車がどこどこの車屋さんにレッカーで運ばれていると説明された気がします。

ここでも特に何もフォローはなく、バイバイです。

病院も警察も、フォローの必要はありませんから、悪いことではないのですが事故後に混乱している身としては「タクシー呼びましょうか?」くらい言われたら大分助かったなと思います。

ここでも何をしたら良いかわからず、仕方なく最寄り駅まで1時間くらい歩きました。

歩きながら、そういえば自動車保険の会社に電話すべきかなぁと思い、電話します。今回は停車中の追突事故ですから、過失割合は10対0です。相手が10割悪いということです。こうした際には、自身が加入している保険会社は何もすることはありません。

その説明をされて、特に事故後に何をどうすべきかは示されませんでした。いい大人が何を言っているんだと言われそうですが、簡単にでいいから事故後の流れを教えてもらえると助かったと思います。

最寄り駅まで歩く途中、同じ出張先に向かっていた会社の同僚が仕事を終え、迎えに来てくれることになりました。

車屋さんで車を確認する(混乱中)

迎えに来てもらっておきながら悪いと思いながら、同僚の車で自分の車が運ばれていった車屋さんに向かいます。手荷物もないし、メガネにないことに気がついたからです。

道すがら、警察から教わった車屋さんの連絡先に連絡し、現地に行くと、廃車ばかり集められたお店とは思えないような場所に、自分の車がありました。最低限手荷物だけ持ち、その日は帰りました。

保険の手続き開始

その日はそのまま帰宅し、ゆっくり休みました。

翌日、会社へ連絡したところ、休むように言われてとりあえず2日間休むよう伝えました。なお、その後は在宅で2週間程度働き、後に職場復帰しました。

さて、留守番電話に加害者側の加入する保険会社から伝言が入っていましたので、それに折り返します。色々説明を受けますが、とにかく面倒くさいことだけ覚えています。

まずは、事故により会社を休んだ分の補償です。

これは事故により休んだ期間について、会社に証明書を出してもらったうえで保険会社に申請が必要だった気がします。とにかく休んだ日はすべて補償されるわけでもなく、何か制限があったことだけは覚えています。

治療については、通院先の病院を保険会社に事前に伝えておく必要があります。

救急搬送された病院は遠いため、近所の病院に切り替える必要がありましたが、そのためには一度救急搬送された病院へ赴き、診断書をもらって近所の病院に転院しなければならないそうです。手間です。

また、治療のための交通費や車がなくなったために必要になった交通費は保険で負担されますが、領収書や移動区間、距離をすべて記録して提出する必要があります。これまた手間です。そもそもタクシーを使うといっても、いちいちタクシーを呼んだりするのも手間です。

また、事故により破損したものは、写真と購入時期、購入金額を申請し、現時点における価値に換算して補償してもらえるそうです。手間のうえ納得いきませんが、そんなものでしょう。

また、代車はすぐに用意してもらえたものの、明らかにクラスの違う車を持ってきたためすぐに取り換えさせました。記憶が不確かですが、代車も数週間の期間制限付きだった気がします。そんなすぐに車を用意するなんて普通出来そうにありませんが。何もかも手間です。

最後に車に対する補償は、車の現時点の価値もしくは車の新車価格の10分の1のいずれか高い方、だった気がします。大抵、5年もすると車の価値はかなり低くなっており、新車価格の10分の1が適用されることが多いそうです。なお、気に入っている車だからと言って修理しようとしても、修理代金が新車価格の10分の1を超えると支払われません。

すべてを終えて

その後は半年近く通院し、保険の手続きも通院も面倒なことから切り上げました。

首の違和感や頭痛は治りそうにもなかったからです。痛みの程度は普段は軽いもので、通院も面倒くさくなっていました。

事故にあって総じて言えることは、怪我をして、沢山の時間を割かれて、貯金を減らすだけです。自動車保険なんて碌な物じゃないなぁと心底思ったのです。また、車を使うという危険を冒す以上、車選びは慎重にならないといけないという考えもより強まりました。

怪我は結局、治るも治らないも自動車保険とは全く関係のない話です。

諸々の膨大な手間は、補償されることはありません。

車がなくなったことへの補償は、新車価格の10分の1と、車を買い替えるには少なすぎます。

慰謝料は支払われますが、大した金額にはなりません。

更なる手間をかけて、裁判をすればきっと損はしない程度に落ち着くのかもしれませんが、治療が長引き3か月もすれば、面倒くささが勝ち始めます。この程度のケガであれば、相手の人生をめちゃくちゃにしたいとも思いません。

たとえ自分が良い保険会社に入っても、結局は被害にあったときは自分の保険会社が関与することはないのです。また、どの保険会社に入ろうとも「怪我」「手間」「お金」の面で大きな差がつくこともないことを知りました。

教訓7:保険会社はどこでも良い。安くて名前が通っていてプロセスが明瞭簡潔だと尚よい。

教訓8:絶対損をしたくないなら裁判。

さいごに

過失割合が10対0でなければまた違うのかもしれませんが、僕が事故を経験して次に活かしたいポイントは以下の通りです。

  • 事故にあったら以降の移動は遠慮なく一番楽なものを使う、無理はしない
  • 事故当日は病院から帰って休む
  • 警察署に行くのは後日でいい
  • 交通費や治療の明細は全部取っておく
  • 壊れたものは全部記録して写真も撮る

無理にタクシーを使うことはありませんが、とにかく無理はせず、補償される分はフル活用しましょう。体が第一。補償を受けるには記録が必要なので、レシート等は全部残しておき、交通費に関してはどこからどこへ移動したかもあると尚良かったと思います。

事故にあった以上、どうせ損します。

もし納得がいかないのであれば、最初に警察の聴取を受けた時に被害届を出して、更に裁判をすれば気持ちは少しは納得できるかもしれませんね。この辺は専門家ではないのでわかりません。

 

また、自動車保険はどこでも良いけど、加害者側になるにせよ被害者側になるにせよ、一応弁護士特約はあった方が良いと感じました。

 

一番大切なのは、車です。

結局、事故で体を守ってくれるのは車しかいません。

車はある程度の大きさがあり、開口部が広すぎないことが最低条件です。軽自動車やミニバンのような直立した広い窓とそれに近い座席レイアウトなど、安全性を考えれば狂気の沙汰です。衝突安全性試験の結果の多少の違いは実際の事故ではアテになりません。開口部が狭く寝ておりクラッシャブルゾーンが豊富で構造が強いセダンが理想です。マジで死ぬ。

教訓9:車は危険なもの。安全性を担保したいなら利便性や維持費で車を選ばない。

 

なお、一番大事と言っている教訓9を僕は守れていません。いい歳してバイクの免許を取ってバイクに乗りまくってます。

2か月目の再レビュー:バイク用前後ドライブレコーダー「DV188」

約2か月前に、バイク用の前後ドライブレコーダー「DV188」を購入し、取り付けました。気温は上昇し、約2カ月2000km走行した現状を簡単に報告したいと思います。

 

▼取り付け時のレビュー記事

diy-kagu.hatenablog.com

▼機種選定と開封・取り付けの記事

diy-kagu.hatenablog.com

 

まず、現時点で異常はなく、順調に録画されています。

競争が働いていない現時点では、この価格で6が月もてば良い、1年もったらすごく良いと考えていました。次は6か月目を目途に再レビューしたいと思いますが、現時点では調子が良いです。

今回気になっていたのは以下の点です。

  • エンジンの上・シートの下の狭いスペースに押し込められて異常がでないか?
  • 剥き出しのカメラ(レンズ)は掃除しないと映像はどうなる?

1点目は前述の通り全く問題なく、5分ループで撮影され続けています。

エンジン始動からエンジン停止数秒後まで、しっかりと途切れなく録画されています。

▼ファイルはフロントカメラとリアカメラにフォルダ分けされて格納されます。

f:id:katamichinijikan:20180612194845p:plain

2点目は、2カ月2000km走行した時点では、フロントカメラにやや曇りが見られたものの、リアは曇りは見られません。また、フロントカメラも曇りがあると言っても前の車のナンバーが視認できる程度で、映像全体がぼやっとしている程度です。

流石に4000km、5000kmと走行すると、軽く拭いてやった方が良いでしょうが、2000~3000km程度であれば全く問題なさそうです。僕の場合には雨の日は数回しか走っていませんが、釣りをするために浜辺の中まで乗り入れることがあります。というか、バイクに乗ると2回に1回は釣りです。砂があるうえ、潮風でバイクのミラーやヘルメットのシールドが白く汚れるような環境です。

それにも関わらずこの程度で済んでいれば上等だと思います。

おそらくこのまま汚れ続けても5000km程度であれば「何が起きているか」「前の車のナンバー」程度は映してくれそうな気がします。半年5000km程度でカメラを拭いてやれば十分でしょう。

▼フロントカメラの映像のキャプチャ

f:id:katamichinijikan:20180612194920p:plain

▼リアカメラの映像のキャプチャ

f:id:katamichinijikan:20180612194942p:plain

 

リアカメラのキャプチャを見て頂けるとなかなか綺麗に見えると思います。

キャプチャを取り出すと綺麗ですが、カメラ自体が振動に弱いので、映像としてみると少しぼやっとした印象を受けます。

映像は最初のレビュー記事(リンク)でご覧いただけます。

 

思ったよりは優秀で満足しています。

まずは6か月、もってくれるでしょうか?

 

2018/6/2 仁淀川河口付近のサーフ 16:30-17:00 ショアジギング(ブリの子供)

今日も今日とて、僅かな空き時間で仁淀川河口付近のサーフに行ってきました。

土日ということもあり、人が多いです。

 

昨日から引き続き、調子のよいショアスキッドの青を投げると・・・・まさかの一投目から。

f:id:katamichinijikan:20180602183959j:plain

20cm弱のブリの子供だと思います。

 

更に数投すると更に1匹追加。

25cmくらいですが、やはり小さいのでリリース。ブリの子供だと思います。

 

ここ最近は3連続、ポンポンと釣れていますが、さっぱりサイズが伸びません。子供だけの群れが寄ってきていて活性が高いのかもしれません。30分で切り上げてきました。釣れたから楽しかったけど、もっと大物を狙いたいなぁ。

f:id:katamichinijikan:20180602184001j:plain

明日も天気が良さそうですが、今日から段々と潮の動きが穏やかになりそうです。果たしてどう影響するのでしょう?もうちょっと長時間がっつり釣りをしたいところです。

シンプル潮位表

2018/6/1 長浜突堤 13:30-15:00 ショアジギング(カンパチ、イナダ)

久々の晴れ!

釣りに行けるのは時間が悪く、干潮の1時過ぎからでした。

シンプル潮位表

場所は先日も行った長浜2号突堤付近のサーフです。

 →先日の釣行:2018/5/25 長浜突堤 13:30-15:00 ショアジギング(カンパチ、カマス) - ドリリウム

f:id:katamichinijikan:20180525162932j:plain

海はやたらと透き通っていて、丁度干潮を迎えた時間帯だったためか波もかなり穏やかです。今日こんな時間帯に関わらず釣りに来たのは、先日買ったルアーを投げてみたかったから。

アブガルシアのメタルジグが超安いので買っちゃいました。 - ドリリウム

アブガルシアのショアスキッドの40g

Abu Garcia(アブ・ガルシア) メタルジグ ルアー ショアスキッドジグ40g SSSHRSJ40-PK ピンク

ジャッカルのビッグバッカー60g

 

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ビッグバッカー ジグ 78mm 60g グローストライプ/ボーダーホロ

そして、メジャークラフトのジグパラ ブレード130です。

メジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード 130mm 42g #15 ケイムライワシ

まずはずっと使って見たかったビッグバッカーです。

これが姿勢も安定していてよく飛びます。ロッドの限界が42gなので、力を発揮しきれませんが、40gなら間違いなくもっと飛ぶはずです。泳ぎ方も安物とは違っていて、一番の違いは巻くときの抵抗が大きいこと。結構疲れます。安物ジグだとちょっと許容値オーバーのジグの方が飛ぶけど、ちゃんとしたジグなら許容値ギリギリくらいが一番いいかもしれません。

 

反応がなく、次はアブガルシアのショアスキッド。

形が変わっていて結構期待していました。フォールとただ巻きで良い動きをするようです。こちらが想像以上によく飛びます。40gというロッドとマッチした重さも活きて、今までで一番安定して飛距離を出すことができます。

動きもジグにしては多彩で、ただ巻きでは本当によくお尻を振ります。

今回は3色買いましたが、前回も反応が良かったブルーを使っていると・・・

f:id:katamichinijikan:20180601175706j:plain

20cm弱と小さい、カンパチ??なんでしょう??

シンプルなワンピッチジャークで、小さいわりによく引きました。すぐリリース。

 

更にたて続けに!

f:id:katamichinijikan:20180601180655j:plain

こっちはぶりの子供でしょうか?20cm弱なのでイナダというのかな。

こちらも小さいのですぐにリリースしました。先ほどのカンパチ?とは違って引きがよわよわしかったです。体の半分近いサイズのジグにも食いついてくるんですね。

 

小物ばかりなのかなぁとジグパラ ブレード130です。

流石に13cmのメタルバイブだけあって、巻きの抵抗が強いです。42gという重さですが、やはりジグほどはかっとんで行きません。

そうこうしていると手前でまさかの根がかり(^^;

全く想定していなかった上、今回買いそろえたなかで一番高いルアーだっただけにショックです。なんとか頑張っていると、取れました。どうやら波打ち際から10mほどの、水深がぐっと落ち込んでいるすぐ先あたりに海藻が点在しているようです。あまり気を付けなくても引っかからないのですが、運が悪いと引っかかってしまいます。

 

反応がないのでショアスキッドのピンクにしてしばらく遊んでいると、また同じ場所で根がかり!学習しません・・・。

今度も海藻だろうから引っ張れば取れるだろうと引っ張ると、まさかのラインが切れてしまいました。正確にはリーダーをつなぐノット部分です。今のリーダーを結んでから、何度も何度も、数か月近くほったらかしで使ってきたのが悪かったようです。

 

意気消沈して帰路につきました。

でも、なんだか釣れるようになってきました。

うまくなったというよりは、時期が良くなってきたんだと思います。これから時間帯を選べばそれなりに大物も期待できるかな?

クーラーボックスを持たずにサーフフィッシング。魚のキープはストリンガー。

バイクで釣りに行く僕にとって、道具の取捨選択はとても重要です。

車で釣りに行けと言われればそれまでですが、身軽な釣りを好みますので、たとえバイクでなくても道具は限界まで減らしたいと思っています。身軽な釣りを好むからこそ、餌釣りよりルアー釣りを好んでいます。

釣りとしては餌釣りも好きなのですが、やはり身軽ではない(餌の確保、運用、処理)ために、少なくとも一人で餌釣りをするとすれば、穴釣り程度のものです。

バイクで釣りをするときの持ち物

僕がバイクで釣りに行くときの持ち物は主に以下のようになっています。

ショルダーバッグ

DAIWAのショルダーバッグで、ルアーケースが2つとナイフ、ペンチ、リーダー、スナップ類を収納しています。以前はサイドバッグに仕舞っていましたが、ウェーダーを持ち歩くようになってからは背負ったままバイクに乗っています。

レビュー:ダイワのタックルバッグ「ワンショルダーLT」が超いい感じ! - ドリリウム

ダイワ(Daiwa) タックルバッグ ワンショルダーLT(C) ブラック

ウェーダー

ヒップウェーダーで、ウェーダーとしてはかなりコンパクトです。バイクのサイドバッグに収まっています。普通のウェーダーだとサイドバッグに収めるのはかなり難しいと思います。

超手軽なウェーダー!サーフでの釣りで手軽に使えるヒップウェーダーを買いました。 - ドリリウム

プロックス ウェーダー ヒップフェルトウェダー(フェザーグレー)24?24.5cm PX5614S S

ライフジャケット

ベルトタイプのライフジャケットです。サーフでの釣りでは出番は少ないのですが、念のため持ち歩いています。

Eyson インフレータブルライフジャケット 自動/手動膨張式 救命胴衣 ベルトタイプ 釣り 9色から選択可 CE認証済 (グレー迷彩, 自動式)

クーラーバッグ

バイクの釣りや身軽な釣りで一番厄介なのがクーラーボックスやバケツ類だと思います。クーラーボックスをリアシートやリアキャリアに縛り付けて運搬することも可能ですが、不安定で滑りやすく、危険と判断してクーラーボックスを使用していません。

リアキャリアに滑り止めを施したうえで、しっかりと固定すれば問題ないとは思うのですが、大抵のクーラーボックスは高さがありますし、念のために避けました。

そこで代替として使用しているのがクーラーバッグです。

ソフト素材なので普段は折り畳み平らにできます。リアシートにツーリングネットで固定すれば全く脱落の心配はなく、中身が入ったところでソフト素材である点を活かして、バッグ自体を押しつぶしつつ縛り付ければ脱落の心配はやはりありません。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 保冷バッグ デリス ソフトクーラーバッグ30L UE-501 容量30L 折りたたみ可 シルバー

小物類

ルアーケース、帽子、グローブ、ヘッドライトなど

 

ロッドとリールはバイクに取り付けたロッドホルダーに搭載しています。

実は上記の装備だと、サイドバッグ1個が丸々余りますが、そこには車載工具やレインウェアが常時搭載されています。面倒くさいのでそのままなのです。

魚が釣れたけどまだ釣りたい

僕は釣りに関しては全くと言っていいほど下手くそで、滅多に釣果が上がることはありません。しかし、先日運よく浜辺で青物の回遊にぶちあたり、1匹釣った後の魚の処理に苦労したために解決策を探すようになりました。

diy-kagu.hatenablog.com

この日は運がよく、真昼間だったのに生命感が強く、後半はサワラらしき魚がたくさん飛び跳ねている姿を確認しました。目と鼻の先で飛び跳ねていたので間違いありません。

まずは小さな小さなカマスがジグに食いついてきましたがそれはすぐにリリースしました。そしてその後まもなくカンパチの子供が釣れ、上記の通り魚が飛び跳ねだしました。カンパチの子供は30cmもない程度でリリースしようと思ったのですが、運が悪くエラが傷ついており、持ち帰ることにしました。

しかし、普段から釣れることもなく、身軽な釣りをしている関係から魚をキープしておく手段がありません。慌ててバイクまで走り、冒頭で紹介したクーラーバッグを持ってきて、本当は水を溜める機能などないのに海水を入れてカンパチの子供をキープしました。大した距離ではないといえ、サーフを走るのはしんどく、クーラーバッグも頼りないです。

1匹連れたら即撤収であればクーラーバッグでも良いのですが、その理屈で行くとビニール袋で十分な気がします。何よりビニール袋ならまだしもクーラーバッグを持ち歩くのは、サーフを歩きながらジグを投げる釣りでは邪魔すぎます。

色々悩んで、「ストリンガー」を買いました

 高さのないクーラーボックスを探してこんなものを検討したり、

フリップボックス ビッグ 折りたたみ クーラーボックス 大型39L

背負えるクーラーバッグを検討したり、

プロックス 磯バッグ 防水濡れ物バッグ PX686K ブラック

リアキャリアと滑り止めでクーラーボックスを検討したり、砂を掘って魚を埋める方法を検討したりしましたが、最終的にストリンガーを選択しました。

 

ストリンガーにも種類がありますが、とにかく軽量コンパクトで、冒頭で紹介したショルダーバッグに簡単に収まる程度のものにしました。

これを使えば魚が釣れてもさっとかけて、海を泳がせておくことができます。

大きな移動ができなくなる難点はありますが、一度釣れた場合、あまりそこから動くこともないと考えてストリンガーを選択しました。

とにかく安く、送料込みで900円という代物です。

安い分余計な要素がなく、コンパクトそうな点が魅力です。また、ストリンガーの運用が難しかった場合にはすぐにあきらめがつく価格です。

 

まずはこれで不満が出るにしろ満足するにせよ、次の釣果を確実にあげたいところです。

アブガルシアのメタルジグが超安いので買っちゃいました。

本日、心もとなくなってきていたショアジギング用のメタルジグを補充しようと探していると、アブガルシアショアスキッドジグを発見しました。

 ▼公式サイト

SaltyStage Shore Skid Jig (ショアスキッドジグ)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

 

メタルジグは100均でも十分、なんていわれることがあります。僕も安さに目がくらんで、Amazonで格安で売られているオルルド釣具のメタルジグを使用しています。 

アクションも塗装の仕上げも問題なく、あえて悪いところを言えばフックが弱い点です。アシストフックとトリプルフックまでついて1本300円を切りますから十分だと思います。

 

ここ、高知では釣具屋さんも少なく、その品ぞろえも少ないです。ネットに頼るしかないわけで、今回も格安品を買おうかとAmazonを見て回っていると、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」にアブガルシアの文字が見つかりました。

アブガルシアというとバス釣りのイメージしかなかったのですが、ショアジギング用のジグのようです。しかも、あわせ買い対象商品ですが300円台!

特にメタルジグは、プライム対応していない送料無料でない商品が多いです。そんな中、プライム対応している、Amazon.co.jpが販売、発送する商品はありがたいです。元々メタルジグは定価が高いわけではないのですが、送料などを含めると高くなってしまうケースが多いのです。

冒頭に紹介した商品と、色違いを計3点購入しました。少し変わった形状で面白そうです。

 

また、折角なので前々から気になっていたビッグバッカーも注文しました。

▼唯一プライム対応していて、送料無料のこちらのカラーです。

重さはアブガルシアのショアスキッドジグと差別化するために60gを選択しました。40gでは海が凪いでいないと底を取りづらいですから、60gもいくつか持っておきたいです。

 

更に、今回はこちらも買ってしまいました。

メジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード 130mm 42g #29 ピンクイワシ

メジャークラフト ルアー ジグパラ ブレード 130mm 42g #29 ピンクイワシ

 

ショアジギングでは主にメタルジグと、いくつかのミノーやペンシルを使っていました。シーバス用のバイブレーションも持っていたのですが、軽いため飛距離が伸び悩んでいました。底も取りづらいです。

ずっと重めのバイブレーションを買おうと思っており、ようやく購入しました。

メタルジグでは釣れる気がしない時に、こちらを使っていけたらいいかなと思います。

 

2018/5/25 長浜突堤 13:30-15:00 ショアジギング(カンパチ、カマス)

f:id:katamichinijikan:20180525162932j:plain

本日は久々に長浜突堤へ行ってきました。桂浜寄りの、ここらへんの突堤では唯一?の三角形のテトラポッドがあるあたりです。最近は仁淀川河口付近に何度か足を運んでいましたが、さっぱり釣れず、ブログにもあげていませんでした。

今日は天気もよく、海も割と穏やかなので、釣り場を探検して最終的にいつもの長浜突堤へ戻ってきました。宇佐大橋を渡った先、すぐ右折したところがポイントとして良さそうでしたので、近々挑戦したいです。

 

さて、早速竿を出しますが、なんだか海がとても良い感じです。

うまく言葉にできませんが、釣れそうな感じ、生き物がいそうな感じです。時間が時間なので魚が飛び跳ねたりする様子は見られませんが、期待が持てます。

まずはいつもの60gのガンガンジグを投げます。60gのジグは3本買ったのですが、遂にガンガンジグ1本しか手元にありません。へたくそです。

レンジを変えながら数投しては少し横に移動して行くと、一瞬当たりらしきものを感じますが、合わせてもダメ。勘違いかと思いつつ、底を探っているとどうやらこの辺には海藻が生えている地帯があるみたいです。てっきり一面砂だと思っていましたが、意外と変化に富んでいるのかもしれません。

その後、いくつかの海藻とごみ袋を釣りあげます。

魚じゃないとわかっていても重さがかかると楽しいです。

 

そうしてしばらく投げていると、全くあたりはわからなかったのですが・・・・。

f:id:katamichinijikan:20180525163202j:plain

たぶんカマスでしょうか?

てっきりスレ掛かりだと思ったのですが、よく見るとしっかりアシストフックがフッキングしています。このジグはAmazonで格安で売っているオルルド釣り具のメタルジグです。30gだったかな。

 

これがいるならジグサビキでもしようかなと思って引き続き数投すると、今度はガツンとアタリが!引き寄せてくるうちに引きが弱まって、まさか海藻だったかと思っていると・・・。

f:id:katamichinijikan:20180525163210j:plain

たぶん、カンパチの子供でしょうか?

大体20cmちょいくらいです。リリースしようと思ったのですが、口にアシストフックがかかり、トリプルフックがエラに刺さって裂いてしまっていました。これは無理だろうと手早く処理して

f:id:katamichinijikan:20180525163214j:plain

お腹にはこれが。10cmはあります。60gのジグなら平気で食いついてきそうですね。f:id:katamichinijikan:20180525163222j:plain

 

そうしていると、目の前の海面で魚が跳ね始めます。

逃げ惑うベイトは見当たりませんが、魚が追われて?魚を追って?飛び跳ねているみたいです。最初は間抜けな飛び方をするのでボラかと思ったのですが、本当に10mくらい目の前の何度も飛び跳ねるので目視することができました。間違いなく青物で、サワラ(サワラサイズはないかも)でした。ここで投げ続けるのが真の釣り人ですが・・・僕はその時点で喉はカラカラで暑さにやられていたので撤退しました。

いつも釣れないから、どうせ今日も1時間くらいで引き上げるだろうと、お昼ごはんも食べていないし、水分補給もしていない。更には飲み物なんて持ってきていませんでした。帰りの支度をしている間も何度もサワラが跳ねていました、もしかすると投げていれば釣れたかもしれませんが・・・残念。

サワラも含めて、ちょうど回ってきていたのかもしれません。

 

帰ってきてから確認すると、今日は15時半が満潮だったようです。やっぱり満潮とか、木にした方が良いのかなぁ。

シンプル潮位表 - 高知

 

次からは飲み物くらいは持参したいですね。

子供のカンパチは、開いて揚げて南蛮漬けにしようと思います。1匹じゃ寂しいので帰りにスーパーでウルメイワシを2尾買って帰りました。高知に来てから、スーパーの魚のバリエーションの違いに驚いています。今回買ったウルメイワシは、丸々と太って30cm近くあるんじゃないかというサイズです。品数では都会に負けますが、日々違った魚が並ぶので、スーパーの鮮魚コーナーを見ているだけでも楽しいです。