ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

年明け早々、仕事が嫌になって無職になった男の話

本日1月15日。

今週あるいは先週から仕事始めでそろそろ仕事が嫌になってきている人が増え始める時期ではないでしょうか?

1月が過ぎ2月も末になれば体も仕事に慣れてきて、仕事明けのなんとも嫌な感覚もなくなるものです。

 

仕事明け間もない今が一番辛い時期。

 

この記事ではそんなみなさんを応援するわけではなく、実際に仕事明け早々に仕事が嫌になって辞めてしまった私の話をしようと思います。

先に言っておきますが、何か事情がない限り仕事明け早々の嫌な感じを理由に仕事を辞めることはオススメできません。だってしばらくすれば慣れるんだもの。

30歳の仕事明けにて

さて、私の事情は少しだけ特殊です。

30歳を前に地方へ移住を果たしたことを機に、移住先で仕事を見つけました。

うまくそれまでの経験を活かせる仕事でしたが、どうにもくすぶるような不満が心の奥底にあり続けました。

原因はいまだにはっきりとしませんが、おそらく原因のひとつは前の職場と比較してしまっていたことだと思います。

 

前の職場は奇跡的に入社できた外資系の企業で、非常に自由かつ先進的かつ日本企業らしい古臭い文化が少ない企業でした。

例えば飲み会なんてほとんどないし、あっても好きに断れました。

休みたければその日に休めるし、いつ出社していつ帰宅しても良い職場でした。

 

こんな職場と比べてしまうと、大抵の日本の中小企業の職場環境は見劣りするでしょう。

ただ、それ自体に直接的な不満を抱いていたわけではありません。

日本企業っぽいところもそんなに嫌ではありませんでした。うまく受け入れて、逆に楽しんでさえいたと思います。

 

だからなおさら嫌になった理由がいまいちわかりません。

ただ、突然閾値を超えたかのように嫌な感情が噴出して嫌で嫌でたまらなくなりました。

 

もう1月半ばにはこの状態に陥っていたと思います。

昨年の仕事明けのことでした。

 

それまで10年近く仕事を続けていて、初めての出来事でした。

あっさり辞めることに成功

先述の通り移住してから新しい職場に就き、そう時間が経っていないうちに退職を願い出ました。

当然それほど引き継ぐようなこともなければ困ることもなくスムースに退職することができました。

 

実はその後、心療内科にかかる羽目になりました。

新しい職場が原因か、それ以前から引きずり続けていたのか不明ですが、いわゆる「うつ病」の状態になっていたらしいです。

職場環境では優れていた外資系の職場では、成果がすべての職場ですし仕事内容も特殊でストレスは激しかったです。

ただ、特別ストレスを強く感じているとか、体に不調があるという自覚はありませんでした。

 

今思えば結構不調に不調を重ねていた(緊急搬送も経験)のですが、なぜか異常だという自覚がなかったです。

 

仕事を無計画に辞めて、時間が出来て初めて病院に行こうという気になったのです。

本記事の主題とは反れますが、私が仕事を辞めた直接の原因は不眠とうつ、そして重い頭痛だったわけです。

 

ちなみにこの退職は本当に無計画でした。

次の職場が決まっているわけでもなく、転職活動自体していませんでした。

辞めてどうするか、全く考えていなかったんです。

無計画に仕事を辞めて約1年

そして今、2020年1月。

仕事を無計画に辞めてから約1年が経とうとしています。

 

今私が何をしているかと言えば、無職のままです。

わかりやすく言うと妻のヒモです。専業主夫です。

 

その間、何をしていたかと言えば病院に通いまくりました。

それまで抱えていたすべての異常をとにかく病院にかかりまくって診てもらい、治療を受けています。

約1年経って未だに継続的に通っているのが「心療内科」、「脳外科」、「整形外科」の3つです。

30歳過ぎにしてあまり健康的とは言えない状態です。

 

心療内科はうつ、不眠のために。

脳外科は頭痛のために。

整形外科は首のリハビリのために通っています。

 

その他にも歯医者やら耳鼻科やら皮膚科やらも通いまくって治療や検査を終えています。

うつとか言っていますが、そう診断されていて抗うつ薬も飲んでいるだけで、正直自覚もないし妻にもとてもそうは思えないと言われています。

眠れないとか考え事が止まらないとか頭痛とか色々体の不調はありましたが、「うつ」の自覚だけはさっぱりないのです。不思議。

 

 

この間、仕事らしい仕事と言えば、このブログやもうひとつ運営しているブログの更新。

ブログの延長線で投稿しているYoutubeの動画。

 

それからプログラムを組むことができたので色々と「こんなのがあったらいいな」というサービスやアプリケーションを作ってみたりしました。

 

作っては消してを繰り返して、今なお残っているものは

 ・画像の一括縮小やウォーターマークを追加できるWaterMarker

 ・アフィリエイトリンクなどブログの記事作成を助けるBLOGTOOLS.

 ・釣りのお供に便利なシンプル潮位表

以上の3つです。

 

お恥ずかしい限りなのですが、これらはほとんど自分用に数時間で作ったものたちです。

「みんな使ってくれそうだ」と思ってすごく時間をかけて作ったサービスたちはすべて碌に使われることもなく運営・提供を辞めてしまっています。(使う人いなさすぎて)

 

 

以上の仕事とも言えないものの収入と言えばせいぜいパートのおばちゃんくらいのものだと思います。バッチリ妻の扶養に入っていることからもそれがわかります。

しかも、まともに収入源として機能しているのはブログだけという有り様です。

これからどうするか

こんなダメヒモ人間の私がこれからどうするかと言えば、正直言って考えていません。

妻に捨てられたらどうしようとか、ブログ以外の仕事も始めなきゃとか、あれこれ考えてはいますが、夫婦共通の認識として体の異常だけは先にすべて治し終えたいと考えています。

 

体の異常が治って初めて、次のステップへ進めると考えています。

甘えている部分が多分にあることは理解していますが、妻の優しさといくらかの貯金があったことでなんとか現状が保たれています。

(おそらく独り身でこれだけ不調を抱えていれば何らかの行政サービスも受けられたのではないかと思います。私の場合働く妻がいたので関係ないでしょうけど・・・)

 

今では段々と前向きになって仕事してもいいかなぁなんて考えることさえ間々あります。

とにかく今は一端体を完全回復させて、早く次のステップに進めるように全力を尽くしたいと思います。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら