ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

大物釣りに最適な「塩イワシ」を「業務用スーパー・バルト海いわし」(冷凍イワシ)で作る方法

f:id:katamichinijikan:20210606214604p:plain

大物釣りに最適な「塩イワシ」。

身持ちが良いことから、遠投する投げ釣りにも適しており大物釣り全般に効果的です。

その遠投性からイワシミサイルなどと呼ばれます。

生き餌には敵わないものの、生き餌を除けばトップクラスの集魚力と遠投性、扱いやすさを備えた万能釣り餌だと思います。

ヒラメやマゴチ、根魚などのフィッシュイーター全般やクロダイ、マダイも対象魚になり得ます。

 

この「塩イワシ」、最近では釣具店で見かけることもありますが、まだまだ流通量は少ない印象です。

また、釣り餌としての認知度もそれほど高くありません。

 

そのため多くの釣り人は「塩イワシ」を自作しています。

しかし、近年の不漁の影響か、需要の変化によるものかわかりませんが程よいサイズのイワシの入手が困難になってきています。

 

そこで、今回は業務用スーパーで安定して入手可能な「バルト海いわし」を使って「塩イワシ」を自作してみたいと思います。

ちなみに500g198円と激安。

バルト海イワシはキビナゴの仲間

まず始めに、このイワシを見た釣り人は「なんていう種類のイワシだろう?」と疑問に感じるはずです。

f:id:katamichinijikan:20210507145920j:plain

その答えはパッケージに記載があるのですが「ヨーロピアンスプラット」という種類の魚です。別名を「ヨーロッパキビナゴ」と言います。

詳しくはWikipediaを参照してみてください。

ヨーロピアンスプラット - Wikipedia

 

ヨーロピアンスプラットはニシン科スプラット属、一方でマイワシはニシン科マイワシ属、カタクチイワシはニシン科カタクチイワシ属です。

ニシン目ニシン科までは合っていますが、キビナゴに近い魚のようです。

ただし、イワシと訳されたりイワシとして流通することもありますし、そもそも見た目からして日本でよく見かけるキビナゴとはずいぶん違います。

 

重要なのはこのヨーロッパキビナゴが塩イワシに適しているかどうか?です。

(塩ヨーロッパキビナゴと呼ぶべき?)

 

キビナゴは釣り餌や食用として広く流通しており、イワシに比べて入手性が良い魚です。

しかし、あえて塩イワシを選ぶ釣り人からすると、キビナゴは身が柔らかいため身持ちが悪く、更に臭いもイワシの方が強いです。

 

結論から言ってしまえば、この業務用スーパーのバルト海イワシ(ヨーロピアンスプラットあるいはヨーロッパキビナゴ)は塩イワシに適しています。

 

臭いはキビナゴより強く、サイズも10cm台前半で程よく、身もしっかりしています。

塩イワシへの加工工程は後で紹介しますが、適切に処理することで身をしっかりと塩締めできます。

生のマイワシを塩締めした場合に比べてやや柔らかいかもしれませんが、半分くらいの力でキャストするちょい投げ釣り(せいぜい50mくらい)には十分使うことができます。(生のマイワシから作った塩イワシもフルキャストしたら流石に身切れします)

【重要】バルト海イワシの解凍工程

業務用スーパーのバルト海イワシは冷凍品です。

塩イワシに加工するために、まず始めに解凍する必要があります。

しかし、魚(特に小魚)を解凍したことがある方ならご存じの通り、冷凍の魚を何も考えずに解凍すると身から水が出てぐずぐずになってしまいます。

この身がぐずぐずになる理由はこちらのサイトが非常にわかりやすく解説されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

マルコ水産が語るまぐろの小咄・こんなに違う!かつお・まぐろの美味しい解凍方法

 

さて、冷凍されたバルト海イワシを解凍するにはぬるま湯程度の塩水(3%)を使います。

あまりシビアになる必要はありません。

私は給湯器から出る40度のお湯に、塩を入れて混ぜてから「バルト海いわし」を投入しています。

塩の量は1Lあたり大さじ2杯(大体でOK)です。

 

このぬるま湯の塩水が出来たら、「バルト海いわし」を投入します。

写真は1.5Lの水に大さじ3杯の塩を入れて「バルト海いわし」を1袋(500g)投入した様子です。

f:id:katamichinijikan:20210507150012j:plain

軽く手でかき混ぜてやると、1分もすればプニプニとした感触になってほぼ解凍が完了します。

ザルに移して水を切ったら、そのまま塩漬けにしていきます。

もちろんキッチンペーパーなどで水分を拭き取った方が良いと思うのですが、面倒くさい上あまり違いが出ないためこの工程は省略しています。

塩ヨーロッパキビナゴ、塩ヨーロピアンスプラット、塩バルト海いわし

ヨーロッパキビナゴあるいはヨーロピアンスプラットあるいはバルト海いわしを塩漬けしていきましょう。

 

大きめのタッパーにキッチンペーパーを敷き、塩をたっぷり入れてイワシ(ヨーロッパキビナゴ)を塩にまぶして並べていきます。

想像以上に水分が出るので、キッチンペーパーは5枚重ねを半分に折りたたんでいます。

f:id:katamichinijikan:20210507150321j:plain

更に塩をかけて、2層目、3層目と積み上げていきます。

 

このまま冷蔵庫で2~3日も置けば塩イワシの完成です。

塩漬けにしたまま放置しすぎると硬くなって干からびたようになるので、2~3日で取り出してジップロックや小さめの容器に小分けにすると良いです。

この時、軽く塩は払いますが綺麗に塩を取り除かなくてOKです。

その後の保存は冷蔵でも構いませんが、しばらく使う予定がない分は冷凍すると良いです。

さいごに

業務用スーパーの「バルト海いわし」を利用した釣り餌用の「塩イワシ」の作り方を紹介しました。

 

非常に安価で大量のイワシが安定して手に入るため大物釣りや投げ釣りをする方には是非おすすめしたい方法です。

特に私の住む高知県では、なぜか程よいサイズのイワシが近年手に入りづらくなっており、このバルト海いわしを発見できたのは不幸中の幸いでした。

良型のウルメイワシ(大きすぎ)やキビナゴ(小さい、柔らかい、臭いがない)はよく見かけるのですが、10cm台前半のイワシはさっぱり見かけていません。

 

同じようにスーパーでイワシが手に入らずに困っている方やエサ代を節約したい方に是非おすすめしたい方法です。

ブログを書いている人

カタミチ

Twitter

ご意見・お問い合わせ等:syufukc@gmail.com

プライバシーポリシーおよび広告掲載等に関する表示事項