ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【秋・冬が旬】カサゴのいろいろな食べ方・レシピまとめ【釣り人向け】

カサゴといえば秋・冬が旬の季節。

カサゴはガシラ、アラカブなどとも呼ばれ、堤防やテトラ、磯などの根がある場所には大抵いる魚です。ルアーを使った釣りから、ブラクリ仕掛けやテトラの隙間に仕掛けを落とす穴釣りなど様々な釣り方があります。体に比べて大きな口で、どんな餌にも食いついてくるフィッシュイーターです。手軽に釣れて味が良いだけでなく引きも強く元気が良いので釣りの対象魚としては人気があります。

そんなカサゴを食べる際の注意点と食べ方を、定番のものから一風変わったものまで紹介していきます。

カサゴを食べる際の注意点

フィロメトラ

スズキ、イサキ、カサゴ、マゴチなどに寄生する寄生虫で、内臓に寄生しています。人への害はなく、そのまま食べても問題ありません。

カサゴのさばき方

カサゴは小柄ですが体に厚みがあってさばきやすい魚です。ただしヒレが刺さると痛いので、ヒレだけは最初にハサミなどで切り落とすと処理が楽チンです。

カサゴの定番の食べ方・レシピ

刺身

種類を問わず多くの魚に合う食べ方で、カサゴにも良く合います。魚の鮮度や処理が重要で、特に釣り上げてから時間が経過していない、もしくは丁寧に処理して保管していた魚は、まず刺身にしてみると良いでしょう。魚そのものの味を存分に味わうことができます。しょうゆ、塩、ポン酢、あるいは色々な薬味を組み合わせて好みの食べ方を探すのも面白いです。寄生虫(主にアニサキス)のチェックも肝要です。アニサキスは魚の種類を問わず寄生しますから、青物やイカなどに限らずチェックすることをオススメします。

煮付け

甘辛い味のじわっと染み込んだ煮つけもカサゴによく合います。面倒くさいとか難しいと思われがちですが、要領さえつかめばとっても簡単なのでオススメです。肉と違って魚の場合には、煮込み時間もそれほど必要ありません。煮込み時間によって味以上に魚の触感が変わります。煮込みすぎるとパサパサになりますから、好みの硬さになるように火加減を調整して煮詰めるのがコツです。また、味が薄い場合にはしょうゆではなく砂糖を足すと良いでしょう。

塩焼き

手間いらずで魚そのものの味をシンプルに味わえる塩焼きもよく合います。切り身にしてからでも構いませんが、内臓だけ取り除いて塩をたっぷり振って焼き上げればそれだけで十分美味しく頂くことができます。

唐揚げ(素揚げ)

小さなカサゴのみならず、大きなカサゴを唐揚げにしてもとっても美味しいです。お店のように背中から切れ込みを入れても良いですし、横から煮つけの時のように切れ込みを入れても良いです。

カサゴの意外な食べ方・一風変わったレシピ

骨せんべい・ヒレせんべい

よくアジを骨せんべいにしますが、カサゴの骨せんべいも侮れません。また、カサゴの特徴的な大きなヒレもカラリと揚げることで美味しく頂くことができます。

カルパッチョ

刺身でも美味しいカサゴはカルパッチョにしても美味しく頂くことができます。刺身上にさえすれば、あとはドレッシングをかけるだけなのでとっても簡単です。刺身を作り過ぎた場合や、臭みが気になる場合にはカルパッチョにしても良いでしょう。私の場合はドレッシングがうまく自作できないので、いつも市販のカルパッチョドレッシングを使っています。

酒蒸し

味の良いカサゴには酒蒸しもピッタリです。基本的には内臓をとってそのまま調理できるのも嬉しいです。大きな鍋やフライパンがなくても頭と尾を落とすとなんとか収まることが多いでしょう。臭みを飛ばしつつほんのり塩味をまとわせてくれる酒蒸しは、ご飯のお供にもお酒のお供にもピッタリです。上品な味わいで、酒蒸しが好きと言う人も多いでしょう。


▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら