ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【ココナラ】超簡単!プロに依頼してブログやSNSアイコンを作ってもらいました!

f:id:katamichinijikan:20190127112453p:plain

このブログ「ドリリウム」ではこんなアイコンを使用しています。

Twitterでもアイコンにこれを使っています。

 

Excelで作っただけの安易な代物で、いつかもう少しキャッチーなアイコンにしたいなぁと考えていました。アイコンの重要性は知っていながらも、面倒くさそうなイメージからなかなか実行に移せずにいました。

お手軽にイラストを依頼できるサービス

先日、ようやく意を決して検索してみました。

 「アイコン 依頼」

 「イラスト 依頼」

などと検索すると、色々なサービスが見つかります。

 

一通りのサイトを見て、一番活気があって使い勝手が良さそうに感じた「ココナラ 」を使って見ることにしました。 

ココナラ体験レポート

ココナラ 」を開くとイラストだけではなく色々なサービスが提供されていることがわかります。

f:id:katamichinijikan:20190127113026p:plain

ココナラ 」はイラストやデザインはもとより、音楽や翻訳、プログラム。果てや占いまで依頼できるサービスなのです。

1. 好きなイラストレイターさんを選んで依頼しよう

今回はイラスト(ブログとSNSアイコン)を作りたいので、メニューの似顔絵・イラスト・漫画からアイコン作成を選択します。

f:id:katamichinijikan:20190127113027p:plain

アイコン作成カテゴリー 」を開くとたくさんのサンプルアイコンが表示されます。

f:id:katamichinijikan:20190127113030p:plain

登録件数は私が依頼した2019年1月27日時点で6325件と膨大です。

似顔絵からかわいらしいアニメタッチのアイコン、動物や擬人化、メカチックなものからゆるい雰囲気の絵まで多種多様です。

 

そんななかで私が気になったのが以下の2つ。

あなたの好きな1文字、ごちゃっと描きます

f:id:katamichinijikan:20190127113031p:plain

文字を好きなアイテムを使ってごちゃっとしたイラストにしてくれるサービスです。

500円で依頼できるのは大きいです。

ただ、今回はプロフィールなどに使うアイコンと言う特性上ちょっと向いていないかと思い選択しませんでした。

 

2つ目がこちら。

 水彩風の動物アイコン描きます

f:id:katamichinijikan:20190127113034p:plain

柔らかい水彩画風のタッチで動物+アイテムのイラストを製作してくれます。

2000円と先ほどよりは高価ですが、それでもプロにイラストを依頼して2000円というのはとっても安いです。

 

ということで、今回は「 水彩風の動物アイコン描きます 」を依頼することにしました。

依頼する際には、オプションを選択することができます。

f:id:katamichinijikan:20190127113037p:plain

アイディア自体が固まっているわけではないので「下書き直し放題」と「背景とアイテム3点以上なんでも付け放題」サービスを選択しました。

これでも3500円です。

 

依頼するには会員登録が必要ですが、Yahoo!やFacebookアカウントが使用できるほか、メールアドレスからも登録することができます。

「サービス」を購入する特性上、本名や住所、電話番号といった情報の登録が不要です。

 

依頼方法はとっても簡単で、通販サイトを利用する感覚でカードや携帯決済、コンビニ決済で支払うことができます。

f:id:katamichinijikan:20190127113039p:plain

2. イラストレイターさんに要望を伝えよう

依頼が完了すると、イラストレイターさんとのやりとりができる画面「トークルーム」が開きます。

f:id:katamichinijikan:20190127113042p:plain

この「トークルーム」で、イラストレイターさんとやりとりしながら絵を完成させていくわけです。

「トークルーム」上には、イラストレイターさんが事前に指定した「こんなことを指定してね」という確認事項が掲載されていますので、最初はそれに従って絵のモチーフなどを伝えていきます。

 

私の場合には、アイディアが固まっていないにも関わらずかなり長々とした依頼をしてしまいました。

3. 下書きを確認して完成へ!

イラストレイターさんと相談したうえで、下書きを描いてもらいます。

サービスによって下書き回数が決まっていたり、無制限で何度でも下書きを書き直してもらえたりします。

今回選択した「 水彩風の動物アイコン描きます 」は、下書きの修正が2回までで、オプションで「下書き直し放題」オプションがありましたので、「下書き直し放題」オプションを選択しました。

 

その後下書きと修正、相談を繰り返しながら下書きを完成させ、清書してもらいました。

f:id:katamichinijikan:20190207145039j:plain

まとめ

ココナラ 」を使ってプロフィール用画像を描いて頂きました。

結果的にとても満足行く仕上がりで、お手軽にプロのイラストを依頼できることがわかりました。別のブログやサイトのロゴ制作も依頼したいと考えました。

これまでプロに依頼すると良いとはわかっていましたが、「費用が高いのでは?」「素人が依頼しても良い?」等々あれこれと考えてしまって億劫で挑戦できずにいました。

今後は積極的に活用していこうと思っています。

実際に追加で別のイラストレーターさんにロゴの製作を依頼しているところです。