ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

リュック1つで行けるバイク用ロッドとして「アブガルシア クロスフィールド XRFS-935M-MB」を選びました

f:id:katamichinijikan:20180420164412j:plain

結論:数世代昔のトラスティックを選ぶ理由がない。

私のバイクにはロッドホルダーを取り付けており、どんなサイズのロッドでも運搬可能です。しかし、実際に使い始めてみると運用面の手間が少なからずあり、リュックに収まるロッドを買って、リュック1つでバイクで釣りに行きたいと考えるようになってきました。

【参考】バイクで釣りに行こう!バイクにロッドホルダー取り付け【SUZUKI ST250E】 - ドリリウム

 

先日、以下の記事で散々どのロッドを選ぶか悩みました。

diy-kagu.hatenablog.com

この記事の最終的な結論を要約すると以下のようなものでした。

振出は避けて4本継ぎや5本継ぎの多本継ぎモデルを選択し、そのなかで半年で壊れても苦しくない1~2万円あたりのモデルに狙いを定めました。

シマノ・トラスティックは定価1万円台後半、アブガルシア・クロスフィールドは定価1万円台前半です。値段と未知のメーカーという点でアブガルシア・クロスフィールドに決めかけていたのですが、定価1万円台前半と言う少し安すぎる点が不安でした。

また、レビュー自体少なくなんとも評価が難しかったのです。

トラスティック古!!新しい方が良いじゃん

しばらくレビューを探していて気が付きました。

アブガルシア・クロスフィールドは2018年登場

シマノ・トラスティック2010年登場

 

アブガルシア・クロスフィールドはメーカーの製品ページで2018年登場と言うことがわかるのですが、シマノ・トラスティックは情報がありません。しかし、Amazon.co.jpの商品掲載開始日を見ると2010年です。

釣りをされている方ならお分かりの通り、ロッドやリールは年々進化を重ねています。2010年のフラッグシップモデルに2018年のエントリーモデルが勝つかと言われれば、それは難しいです。

しかし、シマノ・トラスティックアブガルシア・クロスフィールドの差額は数千円です。どう考えても8年も新しい アブガルシア・クロスフィールド の方が性能が良いに決まっています。(勝手な予想)

アブガルシア クロスフィールド XRFS-935M-MB

アブガルシア クロスフィールド XRFS-935M-MBのスペックは以下の通りです。

  • 全長:281.9cm
  • 継数:5本
  • 仕舞寸法:60cm
  • 自重:175g
  • ルアー重量:7g-35g

やはり対抗馬のシマノ・トラスティック S810MLと比べると新しいことがよくわかります。新しさがわかりやすいポイントで言うと、自重が17g違います。シマノ・トラスティック S810MLはMLでルアー重量6-28gにも関わらずです。同じ硬さのロッドで比べると、20%以上も差があります。また、シマノ・トラスティックはアルコナイトガイドを搭載するのに対してアブガルシア・クロスフィールドは現代的なSiCガイドを搭載しています。

今、トラスティックを選択する意味はないとさえ感じてしまいます。

 

しばらく使ってレビューしていきたいと思います。

 

実釣前レビューはこちら

【レビュー】アブガルシア クロスフィールド XRFS-935M-MB - バイクで手軽にシーバス・ライトショアジギング・ロックフィッシュ! - ドリリウム

実釣後レビューはこちら

【レビュー】アブガルシア クロスフィールド XRFS-935M-MB - パックロッドを持ってバイクで釣りに行こう! - ドリリウム