ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

走りの楽しさは期待するな!?今買い時のF30型3シリーズ(320i)の問題点とは?

f:id:katamichinijikan:20220216180929j:plain

中古価格もこなれてきたF30型3シリーズが買い時です。

手頃な価格で入手できる3シリーズを今狙っているという方も少なくないでしょう。

また、初めての輸入車として挑戦してみよう!と考えている方も居られるかもしれません。

 

自動車メディアでは良い評価ばかりに焦点が当てられ、なかなかネガティブな意見を発信しているメディアは少ないです。

そこで、多くのBMWを乗り継ぎ、現在はF30型3シリーズ(320i)に落ち着いた私が あえてデメリットに着目して 注意点や問題点を紹介したいと思います。

 

手頃な価格で入手できるとはいえ、大きな買い物であることに変わりはありません。

良い点ばかりではなく、ここで紹介する悪い点も加味することで、より良い買い物ができると良いなと考えています。

0.BMW・3シリーズとは?

そもそも、BMWや3シリーズがどのような立ち位置にあるのかを紹介します。

ここ50年ほどのBMWは「駆け抜ける喜び」を追求し、高い実用性と気持ち良い走行フィーリングを売りにしています。

つまり実用性」「走行性能」の両立です。

ここで言う「走行性能」とは、「速く走れる」という意味ではなく「楽しく走れる」という意味です。例えば、加速タイムや峠やサーキットでタイムを出したい!なんていう人にはほとんどのBMWは不向きです。

 

そんななかで3シリーズは コンパクトセダン の位置付けです。

(最近では大型化が進ん でコンパクトと呼ばれることが少なくなりましたが、その位置づけを理解する上では欠かせない要素です。)

3シリーズが「コンパクト」ということは、より大きな「普通」サイズが存在するということです。この普通サイズこそ、BMWの中核モデルである5シリーズです。

つまり、5シリーズは「実用性」と「走行性能」のバランスをちょうど良く取っているモデルといえます。

一方で3シリーズは「実用性」よりも「走行性能」に寄っているモデルといえるでしょう。

特に最近の5シリーズはこの両立が絶妙なバランスで高レベルにまとまっており、実用車として完成形に限りなく近いと言えます。一方で5m近い全長があるため、多くの人にとっては大きすぎるかもしれません。

 

こうした3シリーズの位置づけからわかることがあります。

BMWのラインナップのなかでは安価で、なおかつ実用性より走行性能を重視するため、以下のような要素に妥協が見られます。

  • 高級感
  • 快適性
  • 静粛性
  • ゆとりあるスペース
  • 荷物の積載性

これはF30型だけではなく、代々の3シリーズの伝統のようなものです。

特にインテリアの高級感や乗り心地の快適性という面では、はっきり言って「軽自動車やコンパクトカーよりマシだけど・・・」というレベルです。

最近ではインテリアの高級感は改善が見られるものの、レザーやウッドをふんだんに使ったラグジュアリーラインを除けば「安っぽさ」は隠せません。

車内のスペースも大人4人が乗ることはできるものの、現実的には大人2人で乗るのが適当です。

1.エンジン(パワートレイン)の出来が悪い

さて、早速3シリーズ(F30)のデメリットを紹介していきましょう。

第一の問題点はエンジンの出来の悪さです。

 

エンジンは、BMWが大切にする「駆け抜ける喜び」と切っても切り離せない関係にあります。また、BMWのエンジンは今まで高い評価を受け続けてきました。

「エンジンがダメなのに楽しく走れるの?」と思われる方も多いでしょうが、はっきり言って楽しく走れません。

 

実を言えば、エンジン自体の出来は決して悪くありません。(良いとは言っていない)

正確にはパワートレインとその制御が悪いのです。

これは喜ばしいことではなく、むしろ非常に悪いポイントです。

 

エンジンは、サウンドや振動を筆頭にスムースな吹け上がりやパワー(馬力ではなく体感できる加速感やそのスムースさ)が重要な評価点です。

歴代の3シリーズ同様に、今回の3シリーズに搭載されるエンジンも数値だけ見れば特筆すべき点のない普通のエンジンです。

しかし、過去の自然吸気エンジンは非常に少ない振動、気持ちの良いサウンド、スムースな吹け上がり、自然な加速感など数値に現れないフィーリングにおいて極めて優れたエンジンでした。

BMWは6気筒エンジンがシルキーシックスなどと持て囃されがちですが、静粛性や吹け上がりの気持ちよさで言えば随分前から4気筒に軍配が上がる状況でした。(6気筒は意図的にサウンドを響かせている)

 

しかし、このF30型3シリーズに搭載されるB48型エンジンはサウンドは実用域では耳障り、吹け上がりはのんびり、パワーはあるものの加速感は不自然でスムースとは言えない散々な出来です。

スペックだけ見れば従来のエンジンに勝る優れたエンジンですが、BMWが大切にしていた肝心のフィーリングが大きく損なわれています。

 

このエンジンは最大トルクを1350rpmで発生させる典型的な昨今のダウンサイジングターボエンジンです。この特性は、逆に言えばアイドリングの600~700rpmから1350rpmにかけて急激にトルクが増すということを意味しています。

組み合わせられる8速ATのお陰でこの急激なトルク変動がある回転域を行ったり来たりします。

それでも変速タイミングやスロットルの制御など、いくらでも改善の余地はあるにも関わらず、制御は雑の一言です。一定の加速感を感じながらジワジワと加速したいのに、それが気持ちよくできません。

トルクカーブに段付きがあったり、極端にトルクの細い領域があるわけではないのですが、トルクカーブは実際の車の操作や挙動とは往々にして一致しません。

こうした感性に訴えかける部分を追求していたのが過去のBMWだったのですが、残念な限りです。

逆に言えば、ある程度回転数を維持すればスムーズな走りができるのですが、これは国産ファミリーカーですら実現できることなのでBMWの強みたり得ません。

 

例えば自然吸気エンジン時代の初代1シリーズの最廉価モデル116iは、それこそパワーはなく320iと同じ感覚でアクセルを踏み込んでもスピードが全く出ません。しかし、ペダルを操作する足にリアルタイムに伝わる重さは自然の一言で、踏めば踏んだだけ加速します。冒頭で「加速タイムや峠やサーキットでタイムを出したい!なんていう人にはほとんどのBMWは不向きです」と述べましたが、まさにその通りで、BMWの価値とは駆け抜ける喜びであって速さではないのです。

フラットなトルクカーブと多段ATが目指す先は、車好きに敬遠されるCVTと同じです。

 

逆に言えば、微細な車の挙動やペダル類の操作フィーリングに関して鈍感であれば気にならないポイントと言えます。

ただし、車の微細な動きや反応を気にしないのであれば、BMWに乗る価値はありません。メルセデス・ベンツの方が同じ金額で快適でいて満足感も高いです。

 

この問題はアクセルワークで解消することも出来ますが「ちょっとアクセルを踏み込んで、ちょっと戻して、またちょっと踏み込む」みたいな非常に不自然なアクセルワークが必要になります。

慣れ以前の問題として車の出来として問題アリです。

これが商用車やファミリーカーであれば良いでしょう。しかし、仮にも「駆け抜ける喜び」を標榜するメーカーが作ってはいけない車です。

これまでのBMWであれば絶対にこんな不出来な車の販売を許さなかったでしょう。

2.快適性に乏しい(静粛性や乗り心地)

第二の問題点は快適性が低いという点です。

3シリーズは5シリーズの弟分的な存在であり、快適性には妥協が見られます。

これが「コンパクトセダン」などと呼ばれていた時代であれば許されたのですが、今となっては3シリーズは立派なDセグメントのミドルセダンです。

また、BMWは多くの日本車やフォルクスワーゲン、フランスやイタリアの大衆車と違ってプレミアムブランド呼ばれ、比較的価格も高いです。

そのため快適性にも期待してしまいがちなのですが、これが全く良くありません。

 

どっしりとした地を這うような走りを、過去の3シリーズほどではないものの感じられます。

しかし、路面のデコボコもよく拾うし、ノイズ対策もそれほど優秀とは言えません。

この点においては確実に代々の3シリーズで改善されているのですが、一般的に快適と呼ばれる水準も年々向上していることから相対的に快適性は低いと言えます。

 

私の場合、これまで乗り継いできたBMWの各車には快適性を損なわない程度のほんのりスポーツ寄りのタイヤを履かせてきました。(主にミシュラン・パイロットスポーツ)

しかし、このモデルでは走るのが楽しくないことを理由に、正反対のコンフォートタイヤであるブリジストン・レグノを装着しました。

それでも快適性(静粛性や乗り心地)は低く、20年前の5シリーズに劣るほどです。

 

そもそもBMWは冒頭での説明のように「駆け抜ける喜び」を追求しており、7シリーズでも驚くほどの快適性はありません。

最初から「快適な移動手段」として車を作るメルセデス・ベンツなどを候補に入れると、同じ程度の車格でもより快適に過ごすことができます。

もし快適な移動手段を欲しているのであれば、メルセデス・ベンツを検討するか、5シリーズ以上のモデルを強くおススメします。

3.高級感に乏しい

f:id:katamichinijikan:20220216181726j:plain

特にエクステリアの改善が目覚ましいこのF30型3シリーズですが、インテリアの高級感やオシャレさ、格好良さなどは褒められたものではありません。

BMWのエクステリアデザインは昔から「保守的」でありながらどこか「野性味」溢れるデザインが一貫していました。

良く言えば「渋い」「男らしい」といった表現ができるでしょう。

悪く言えば「古臭い」「オシャレではない」「先進的でない」などと言えるでしょう。

ただ、長く乗っても見た目が古臭くならずにジワジワと良さを感じられる良いデザインでした。

 

それが最近では小手先の目新しさを積極的に取り入れ始め、一つ前のモデルであるE90型ではデザインを酷評されました。

このF30型になって保守的なデザインが戻ってきましたが、次のG20型は小手先の目新しさを重視しており、他の現行モデルとあわせて「まるでトヨタだ」などと酷評されるデザインになっています。

 

そんなデザインの変遷を経ている3シリーズですが、インテリアは非常に一貫性があります。

操作パネル類や間接照明、メーターなどは40年近く前のE30型の時代から違和感なく乗り換えられるほどに一貫しています。

このメーターとオレンジが灯った操作スイッチ類に包まれると、BMWだなぁと実感が湧きます。

残念ながらBMWのインテリアは高級感やオシャレさに乏しいことも代々一貫しており、このF30型でも褒められる要素は多くありません。

 

ラグジュアリーラインという、いわゆる高級感重視のグレードを選択することでようやく及第点レベルのインテリアが手に入ります。

日本ではなぜか人気のMスポーツに関しては、スタンダードモデルより幾分マシになっていますが、やはり車に乗り込んだ時の満足感を得られるほどではありません。

 

Mスポーツ(かつてのMテクニックと呼ばれていました)は、日本車にもよくあるスポーティグレードです。

足回りやシートに少々の変更がある程度で、ほとんど「M」モデルに肖っただけのMバッチをベタベタ貼り付けた見掛け倒しの車です。

昔はそもそもの装備が少なかったこともあって、Mスポーツはもう少し差別化が図られていましたが、今ではゴテゴテして品がなく威圧感が増しただけで中古価格は高いという何とも言えないモデルです。

「Mスポーツ格好良い!」と思われているのであれば、一度冷静になって考え直した方が良いかもしれません。

(本物のMモデルでもないのに、Mバッチをたくさん付けているというのがなんとも・・・若いころに車にステッカーを貼っていた時代を想起させます。)

4.走っていて楽しくない

第一の問題点に挙げたように、滑らかに加速しようとするとギクシャクとしたアクセルワークが必要です。

これは人馬一体とか、駆け抜ける喜びとか、気持ち良さとは真逆の特性です。

もちろん素速く加速しようとすればこの違和感は紛れますが、車の微細な挙動が気になる車好きにとっては物足りません。そもそも、人を乗せている時にそんな雑な運転はしたくないものです。

街中でゆっくり走らせていても楽しかった往年のBMWを知る身としては物足りません。

 

エンジンやパワートレインは置いておいて、フィーリングの肝ともいえるステアリングはどうでしょうか?

これも残念ながら、エコの犠牲になっています。

パワーステアリングの電動化はCO2の排出量削減に明確な効果を表しますから、メーカーとしても採用せざるを得なかったのでしょう。あのポルシェ・911でさえ、電動パワーステアリングの導入で散々な酷評をされていたものです。

BMWは努力の跡は見受けられるものの、お世辞にも完全な油圧パワーステアリング時代のステアリングフィールに肩を並べられるレベルにありません。

ハッキリ言って明らかに劣化しています。

 

また、昔は多少の「遊び」も許容してくれていた横滑り防止装置も順当に進化してしまい、介入がかなり早いです。

介入されたこともはっきりと感じられるほど明確で、介入された途端不自然なほどグイグイ車が内側に入っていきます。

それでも車速が比較的保たれるのはすごいなぁとは思うものの、楽しいかと言われればそんなことはありません。

 

大雑把に足回りに関しても快適性はやや進化が見られるものの「楽しさ」という観点では同程度かやや劣ります。

 

総じて、駆け抜ける喜びは明確に大きく低下しています。

それでも実用一辺倒な車を作るメーカーと比べれば「比較的マシ」ということはできますが、自信をもって「楽しい」とはいえません。

これに関しては試乗してみて、納得いくレベルにあるかどうかを感じることをおすすめします。

1つ目の問題点で取り上げた不自然な加速感も含めて要チェックです。

こうした微細な車の反応や挙動は、気にならない人にとっては本当に気になりません。しかし、こだわる人にとっては許容できないものです。

もし往年のBMWであったり、楽しかったころのハッチバック全盛期の車をイメージして乗ってしまうとガッカリすること請け合いです。

総評:なぜそれでもF30型3シリーズを選ぶのか?

f:id:katamichinijikan:20220216182748j:plain

ここまで大きく分けて4つの問題点を挙げました。

意識して酷評したつもりですが、まだまだ細かい点を挙げればキリがないのでここまでにしたいと思います。

 

それでは私はなぜこんな不満ばかりなF30型3シリーズ(320i)に乗っているのでしょうか?

 ・ より排気量の大きいグレードはどうなのか?

 ・ 5シリーズやXシリーズではダメなのか?

 ・ なぜメルセデス・ベンツを選ばなかったのか?

 

その答えは「無難さ」という一言に尽きます。

 

パワーは必要十分であり、車体もコンパクトで日本の狭い街中でも不便がない。

それでいて小さすぎず安全性も最低限確保できる。

大人2人なら十分な広さで、荷物も十分に積める。

エンジンも走りも悪いが、他社と比較すれば「比較的マシ」な部類。

最後の保守的なデザインのBMWかもしれない。

 

私は車が好きで、BMWだけでも5台以上所有してきました。

クーペやカブリオレ、SUVやセダンにハッチバックと色々趣向を変えて試してきた経験もあります。

しかし、地方移住を機に車趣味も落ち着き、尖った要素よりも使い勝手の良さや快適さを求めるようになりました。古い車も好きですが、新しいなかでそこそこ満足できるものを探した結果、この3シリーズに行き着いたわけです。

今の5シリーズは車体が大きすぎ、気兼ねなく街中から山奥まで移動するには苦慮します。SUVは未だに走行性能において明確に不満が残ります。このF30型や現行モデルの6気筒モデルの出来は「比較的マシ」ではあるものの、更に高いお金を出してまで手に入れる価値がありません。

過去の6気筒エンジンは新旧幅広く所有しましたが、確かに選ぶだけの理由がありました。一方で4気筒エンジンも素晴らしい出来で、それぞれに個性があって選ぶだけの理由がありました。今のBMWのエンジンにはそれがありません。

(BMWの経営陣には一度M20エンジンに乗って、過去のBMWのエンジンの素晴らしさの原点を体感してほしいものです。)

 

今のBMW・3シリーズは過去の栄光の残りカスです。

言い換えれば、尖っていたBMWが大衆に迎合し、普通の車を作り始めました。

まだまだBMWの走りの良さの残滓はあるものの、それも薄らいでいます。

逆に言えば無難で普通な車ですから、私のように車趣味を卒業して、「そこそこ楽しめるけど普通に実用的」な車が欲しい人にとってピッタリの車と言えるのです。

diy-kagu.hatenablog.com

ブログを書いている人

カタミチ

ご意見・お問い合わせ等:syufukc@gmail.com

プライバシーポリシーおよび広告掲載等に関する表示事項