ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

レビュー:BMW X1 前期 25i xDrive N52B30

f:id:katamichinijikan:20171221212940j:plain

すべての要素は網羅しませんが、特に強く感じたいくつかのポイントだけ書きたいと思います。

新しいBMW

第一に、以下の記事で書いた通り、僕は新しいBMWに否定的な意見を持っていました。今では変わってきていますが、やっぱりマイルドな新しいやつより古いやつの方が楽しいなぁとは思います。

なんで2005年以降のBMWに魅力を感じないのか考えた - ドリリウム

エンジン(N52B30)は悪くない

f:id:katamichinijikan:20171222183956j:plain

まずはエンジンについて感想です。

M54に比較して否定的な意見を書かれることの多いN52エンジンですが、どちらも乗っている身としては、そうした意見も理解できるが、X1に関してはN52エンジンがマッチしていると思います。同じN52エンジンの中でも、低出力の燃費重視のチューニングとなっており、決してパワフルさはありません。踏み込めば十分な加速をしますが、本当の大排気量の余裕を感じられるほどではありません。

音や振動はなく、エンジンは黒子に徹しています。

以下の評価で述べるように、旧来のBMWらしさの対極にあるX1という車には、この主張のない優秀なエンジンがよく合っています。

デザインと質感

f:id:katamichinijikan:20171222184413j:plain

X1の外観を見て、高級感を感じる人はいないでしょう。

内装も同様で、この年代のBMWらしい内装ではありますが、質感は低いです。ボタンやダイアル一つとっても、操作の感触が軽く、ねっとりと適度な重さと高級感あるものではありません。価格を考えれば妥当とも取れます。

これはどうでも良いポイントです。

静粛性が低い、作りが悪い

10年前、20年前の3シリーズや5シリーズでも、車からは必要な音以外がしませんでした。それは風切り音であったり、タイヤが地面を転がる音であったり、エンジンの音であったりします。車が機能することで鳴る音です。

しかし、X1ではそれこそ30年前の3シリーズですらならなかった内装からのびびり音が聞こえます。特に段差を超えたりして車がゆすされたときです。ボディからの軋み音がないだけマシです。こうした余分な音は、街乗りであろうとクルージングであろうと、その質を大きく下げさせます。おそらくサンルーフのせいでしょう。

これは衝撃でしたがやっぱり重要度は低いです。

走りが良くない

例えば、緩いカーブを曲がっているときに、少しハンドルを切り足した時の動き。これが僕が実際に走りが良くないと感じた最初の瞬間です。緩いカーブを速めのスピードで走っているときに、くいっとハンドルを切り足したところ、車体がぐらりと小さく揺れて戻る動きを見せました。腰砕け。足元と車に一体感がない。単純なダンパーのへたりとかそういう問題ではなく、こうした不自然で貧弱な動きはダンパーの抜けたノーマルサスの5シリーズや3シリーズですらありえない動きです。決して限界性能の話ではなく、常識的な速度内の話です。どうにも背を高くした分、セッティングを詰め切れていないように感じます。マイナーチェンジで直っている可能性大。

ステアリングフィールが悪い

少なくとも旧来のBMWのステアリングフィールの良さは特筆するべきものがあります。しかし、E84のステアリングフィールは悪いです。これは、4輪駆動の問題もあるかもしれません。BMWは一般的に他のメーカーに比べてステアリングが重い傾向にあります。しかし、それは適度な重さであり、適度な反力やステアリングからの情報量の豊富さ、ステアリング操作に対する車の動きが素晴らしく調律されており、こうした要素がすべて交じり合って高い評価を得ていました。もちろん重さ一つとっても、速度や車の状態に応じて、重さは変化します。これはステアリングの情報量の豊富さにつながります。よく言われる「E90やE60以降のBMWでは、ステアリングフィールが~」という話とも別です。E90もE60も、F30もF10も乗っていますが軽くはなったものの調律が取れています。好みの範疇です。

しかし、E84 25iのステアリングは、一定に重いのです。もちろん状況に応じて重さは多少変化しますが、重さや反力からの情報量は極めて少ないと言えます。更に、反力は不自然なほどに弱く、意図的にステアリングを力を入れて戻す操作が必要になります。xDriveのせいかもしれませんが、詰めが甘いとしか思えません。油圧なのに。

ステアリングに遊びがあることも問題です。特に、遊びのある領域から先がいきなり重くなるため、とにかく気持ちの悪いフィーリングです。遊びのせいで直進性も低く感じられます。ハンドルを動かして、重い領域にガツっとぶつかってから、力を入れて修正舵が入るわけです。

総評:詰めが甘い

特に後ろ2点。

BMWでは感性に訴えかける部分が重視されていると思っていましたが、肝心のステアリングとシャシーにちょっと問題があるように思えます。なんかちょっと惜しい感じ。詰めが甘い感じがします。

プロのレビューなんかを見ていても似たような意見は見られます。4気筒モデルやFRモデルだと評価が変わったりするので、このグレード固有の問題の可能性があります。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら