ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

なんで2005年以降のBMWに魅力を感じないのか考えた

僕はBMWを3台乗り継ぎ、すっかりBMWの虜です。

しかし、どうしても2005年(正確には2001年の7シリーズから)以降のBMWに魅力を感じないのです。漠然と理由はわかっているのですが、今回車の買い替えにあたって色々と問題が生じて、ようやく一息付けそうなので改めて考えてみました。

理由1:デザインとメーカーの劣化

2001年の7シリーズのフルモデルチェンジから始まったクリス・バングルによる新しいBMWのデザインは賛否両論を生みました。正確にはクリス・バングルは1デザイナーだし、複数の候補からあれらを選択したのはBMWの取締役会ですから、彼個人を責めるのは間違っています。

この時期のBMWは経営的にも大変な時期で、役員が大幅に刷新されています。おそらく我々部外者が及びもよらぬ社内の、特に意思決定に関わる部分が揺らいでいた時期であります。正真正銘、BMWはこの時変わったのです。

 

そんな中で登場したのが7シリーズ(E65)です。

BMW 7 Series E65

お世辞にも上品とは呼べないフロント、重苦しく不自然なリア。何より普遍性に欠けた軽薄なデザイン。

 

例えば、日本では主力の3シリーズ(E90)

BMW e90

そして世界で主力の5シリーズ(E60)

BMW M5 E60

これらを格好悪いというのは簡単です。

例えばトヨタでも日産でも、メルセデスやアウディでも、新しい車は時に格好良く映るものです。特に車に興味のない層・興味の薄い層には、そうした格好良さで十分です。そこにこだわりはなく、家電を買う感覚と何ら変わりありません。デザインはおまけです。メーカーとしても「今風」に見えさえすればいいのです。そこに作り手のデザインの哲学や、一本通った筋はありません。

 

それまで、BMWのデザインとは攻撃的だが保守的と評されてきました。

これはどういうことかというと、一見地味で控えめに見えるものの、よくよく見るとどこか男らしい、野性味や凄みを感じる味わい深いデザインでした。昔から決して先進的で革新的なデザインの車は作りませんが、こうした安直に言えば渋さを醸し出すデザインをしていたわけです。

 

これがどういうことかと言うと、長く見ていても見飽きることがないのです。新しい車というのは、一見新しく格好良く見えても、3年もすれば見慣れ、モデルチェンジするころにはやや古臭く、新型に比べて見劣りする、ちんけで安っぽく格好悪い車に見えてしまいます。

しかし、それまでのBMWのデザインは決してそんなことはなく、確かに古臭くはなるかもしれませんが、決してちんけで格好悪くなることはありませんでした。

 

例えば、過去のBMWの集大成である5シリーズ(E39)です。

E39

こうしたデザインは2005年以降のBMWからはなくなりました。

理由2:ユーザー層の変化

理由1で示したように、車が従来と違う意図を持って作られると、購入層にも変化が現れます。段々と品質の向上やマーケティングが効いてきたことと、相乗効果によるものでしょう。それまでは好きで乗っている層が多く、綺麗な状態を維持して車の良さを味わうユーザーが多くいました。少し味付けを変えることはあっても、車と深く通じ合い、車との対話を楽しむユーザーです。

2005年以降のBMWは、デザインも目新しさを重視し、多くのユーザーにとって手軽に使ってもらえるようなユーティリティのために、最高級の走りとフィーリングをやや犠牲にし始めました。SUVやファミリーカーも出てきました。それまでのBMWから乗り換えを躊躇った層が多くいた原因です。既にE90やE60の価値は底値に近付き、業者オークションでは10万円台でも狙えるようになっていますが、それでもE46やE39を乗り続ける人が多いことからも伺い知ることができます。これは決して批判ではなく、正常進化であると考えています。

だからどうしても古臭いものが好きな人は古いモデルに乗り続けるしかないのです。

 

そして何が起きたかというと、国産車で見られるカスタムという名の改悪を、BMWに施し始めたのです。例えばみんカラのようなサイトを車種別に見てみるとハッキリとわかります。車を維持する整備より、車をデコレーションする整備の情報が圧倒的多数を占めるのです。新しい分を加味しても。つまらないです。

人の整備記録を見るのも楽しみのひとつなので、これは本当につまらないです。

理由3:ロングライフとDIYの敷居

2005年以前から徐々に始まりましたが、BMWではロングライフエンジンオイルを採用しています。これは特別なオイルを採用しているわけではなく、エンジンのメカニカルな要素に頼っています。だからこそ基準となる距離から、乗り方に応じてエンジンオイルの交換サイクルが変わってくるわけです。

当然ながら渋滞の多い市街地を走るシビアコンディションと、高速道路や田舎の道ではオイルや車の各部品の劣化スピードは異なります。

このロングライフエンジンオイルには賛否両論ありますが、色々なエンジンの中身を見ている人なら断言できます。長く乗りたいならロングライフはあり得ない。また、フィーリングを重視する人にはロングライフはあり得ないのです。

規定値通りにオイル交換をして、10万kmを待たずエンジンOHが必要になった例をたくさん見ています。もちろん3年5万km程度乗って次に乗り換えるようなユーザーには関係ないでしょう。しかし、長く乗るにはロングライフは論外です。エンジンオイルの役割を考えれば、当然の結論になります。ちなみに、フィーリングは普通に落ちていくので、例えばBMWのエンジンが好きな人には、ロングライフはあり得ないことは考えるまでもありません。

BMWは愛車に長く乗ろうというユーザーを大切にし、30年以上前の車の部品であってもまだ作り続けてくれています。しかし、こうした層を切り捨て始める日も近いのではないでしょうか。

そして、DIYに優しいのもBMWの特徴でした。

未だに整備性は悪くなく、整備の情報や部品の情報、部品の調達は容易です。しかし、オイルレベルゲージがありません。日頃からオイルの状態や量を正確に知るためのツールが、大まかな量しか判定できないセンサーに置き換わりました。

些細なことのようですが、気持ちが冷めるに足る大きなポイントだと感じています。

過去のBMW好きが進む道

こうした過去のBMWを愛する層がどう進むのかというと、一つは新しいBMWを受け入れることです。決して悪い車ではありません。それまで以上に愛すことはできないにしても、未だに他のメーカーと比べれば走りの良さは際立っています。

最近はメルセデスの調子が良いようですから、おそらく試乗・所有したことがある人も多いでしょうが、同じドイツ車とはいえ全くの別物です。メルセデスは、日本でいえばトヨタのようなもので、超つまらないです。CクラスとマークXあたりのブラインドテストをしたら、良い勝負になると思います。見た目とブランドでしか選択肢になりえません。僕も新型が出たときに試乗に行きましたが、先代同様の期待外れでした。

 

そして次の選択肢が、趣味の車を持つことです。

例えばケーターハムやロータス、一部のポルシェやフェラーリであれば過去のBMWを好きな層も受け入れることができるでしょう。しかし、ポルシェを除けば実用性は低く、ポルシェの見た目は激しく好みが分かれます。

実用性と性能の伴った素晴らしいセダンやワゴンを欲しい人の受け皿は、一体どこにあるんでしょうか。

僕が選んだ道

僕が選んだ道は、過去のBMWと決別するために全く違う車を買うことでした。

ルノーのハッチバック然り、でかいごついアメ車のトラック然り。僕はどうしても何台も車を持つことに納得できません。1台に気持ちや手間を注ぎ込みたいのです。複数台に分散させたら、きっとすぐ気持ちが冷めてしまいます。だから、実用性のない趣味の車を持つことはできませんでした。

 

だから、妻にはルノーを買い、僕にはアメ車を買ったわけです。

 

後に、結局アメ車は好きになれず手放し、新しいBMWに手を出すも手放し、良い車を探しています。最後はE39に戻るかもしれません。