ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒー

MENU

スリムフィルターLのメンテと・・・どうしようかな

フィルターの能力不足でコトブキSV450Xを注文したわけですが、とりあえずスリムフィルターLを掃除しました。やはりへどろのような、こびりついた茶色い汚れがたくさんありました。たった2週間くらいなのに。

水はきらきらしていて生体も水草も状態はいいんですが・・・。

 

 

40cm水槽にGEX メガパワー2045とGEX スリムフィルターLを取り付けています。本来、メーカーの公称値を信じれば片方だけでも問題ないはずなのですが、2つ着けてもなおこの微妙な状態。ちょっと初心者の僕には理由がわかりません。

餌余りはあるにせよ、かなり気を付けているし・・・。

 

 

とりあえずこれは新しく到着するオーバースペックなコトブキSV450Xに解消してもらうとして、スリムフィルターLです。外掛けフィルターとしては群を抜く見た目の良さですから、活用したいなぁなんて思いつつメンテナンスしてみました。

まずはたっぷり掃除した後、ろ材を詰めるわけですが。

f:id:katamichinijikan:20170705104952j:plain

 

GEX スリムフィルターLは、細長くスリムでスタイリッシュな外掛けフィルターです。濾過槽容量は1.1Lあったはずです。流量は5L/分だったかな。純正では、GEX定番のろ材を4枚差し込むわけですが、僕はリングろ材やボールろ材を詰め込んでいました。

 

f:id:katamichinijikan:20170705104954j:plain

 

改めて眺めていると、純正ろ材を使わないと水が全く濾過槽全体を通りません。

純正ろ材を差し込んだ程度のすかすか具合でないと、おそらくろ材の表面を撫でて流れ出てしまいます。

 

f:id:katamichinijikan:20170705104956j:plain

 

そもそも吸水部は、吸水後に水を自由落下させているだけで、強制的に濾過槽の底面まで水を送ってはくれません。改造するのであれば、まずはここを改造すべきでしょう。仕切りを作るのも良いですし、吸水した水の濾過槽側の吐き出し口を延長する方が簡単かもしれません。

 

f:id:katamichinijikan:20170705104958j:plain

 

延長した上で、シャワーパイプなどで濾過槽最下部から上部に水を吐き出してやれば、ろ材を雑に詰めただけでもなかなか良い具合に機能してくれるはずです。もちろん仕切りを作っても良いですが。

 

 

 

 

今回は、流れを誘導する意味で一番下にでかいリングろ材、続いて一回り小さいリングろ材、最後にごつごつ歪な形のボールろ材を入れて、後は余ったスペースに余りを入れました。

こうするだけでも、大分水が下から上へ流れるように変わると思います。