ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【Subnautica日誌#5】ジェリーシュルームの群生地は磁鉄鉱の宝庫だった!見つからない500mへの道。

f:id:katamichinijikan:20190531161922j:plain

広大な海を冒険し、未知の惑星の秘密を解き明かす「Subnautica」をプレイしていきます。

公式サイト:Subnautica - 深海へ飛び込め

▼トレーラー

 

あらすじ

前回は、深海に拠点を作りプラウンスーツを活用して探索を試みました。

最終的に、プラウンスーツは癖が強すぎて使うことが出来ず、シーモスに深度モジュールMK2を装着しシーモスで探索して回りました。

前回:【Subnautica日誌#4】プラウンスーツを活かせ!深海探索のための拠点作り

 

今回は磁鉄鉱やゲルサックを狙いつつも、気になる方面へ探索へ出てみました。

プラウンスーツの活用について

あまりにも癖が強いプラウンスーツですが、移動能力を強化する道具が2つあります。

もしかするともっとあるかもしれませんが、現時点でPDAにデータがあるのが2つです。

1つはジャンプ力強化、もう一つは「プラウンスーツグラップリングアーム」という名前からはいまいちイメージがつかない道具です。

f:id:katamichinijikan:20190605121347p:plain

「プラウンスーツグラップリングアーム」の設計データは前回集まり、材料も簡単なので作ってみました。

f:id:katamichinijikan:20190605121934p:plain

これが存外使い勝手が良く、移動効率はグッと向上しました。

腕からロープのようなものを発射し、対象に接触すると、自身を引き寄せます。

f:id:katamichinijikan:20190605122213p:plain

しかし、それほど強力なものではないため、「プラウンスーツグラップリングアーム」を持ってしてもプラウンスーツの移動性能は低いと言わざるを得ません。

 

ジャンプ強化が出来るまでプラウンスーツはお預けです。

未知の世界を探索(デガシ号の居住地)

探索すると言っても、アテがあります。

過去に救難信号を受けていくつかの避難ポッドを発見していますが、実は1カ所だけあんまり探っていないところがあります。

 

それが、水深250mにある「デガシ号の居住地」です。

かなり初期で発見していたものの、当時は操作に不慣れな上、酸素ボンベも小さく、更には蛇のような敵(クラブスネーク)に襲われるため恐れを出して逃げ出していたのです。

 

すっかり忘れていたのですが、装備も整い操作や深海の雰囲気にも慣れた今なら問題なく探索できそうです。

f:id:katamichinijikan:20190605123138p:plain

早速現地に向かいます。

クラブスネークに備えてリパルションキャノンも用意。

 

クラブスネークの攻撃を受けずに、居住地(跡地)に到着します。

やっぱり取り逃しがあります。

f:id:katamichinijikan:20190605123327p:plain

フラグメントも取り逃しばかりです。

f:id:katamichinijikan:20190605123334p:plain

更にこのピンクキノコ(ジェリーシュルーム)地帯には奥があるみたいです。

f:id:katamichinijikan:20190605123343p:plain

更にさらに、周囲にあるPDAを拾い集めると次の居住地の地点情報が追加されました。

f:id:katamichinijikan:20190605123500p:plain

水深500m!

未知の世界を探索2(デガシ号の居住地500m)

シーモスには深度モジュールMK2が備わり、水深500mまで潜ることが出来ます。

早速500mまでの道のりを探します。

 

すると、デガシ号の居住地(250m)付近には、ほかにも資源がポツポツと落ちています。

f:id:katamichinijikan:20190605123553p:plain

更には、この地域には磁鉄鉱が大量に落ちています。

これまで磁鉄鉱不足で、ステイシスライフルすら作れていなかったので、これは嬉しいです。

f:id:katamichinijikan:20190605123557p:plain

そうして新たなデガシ号の居住地(500m)への道を探しますが・・・・・。

 

 

 

見つかりません。

 

気長に探す必要がありそうですから、前回同様このジェリーシュルームの群生地に拠点を作ることにします。

f:id:katamichinijikan:20190605123603p:plain

設備としては前回の拠点設営で必要だとわかった以下のラインナップです。

今後も拠点を作るときは同じラインナップになりそうです。

  • 多目的ルーム
  • ムーンプール
  • バイオリアクター
  • ファブリケーター
  • バッテリー充電器
  • たくさんのロッカー

 

500mへの道を探すために、磁鉄鉱がこんなに集まりました。もうしばらく拾う必要はなさそう。

f:id:katamichinijikan:20190605123618p:plain

 

 

で、拠点を作った後もしばらく探索したのですが、500mへの道がどうしても見つかりません。

もしかするとジェリーシュルームの群生地をいったん抜けて、別の入り口から潜る必要があるのかもしれません。

未知の世界を探索3(避難ポッド東・オーロラ号裏)で新たなリヴァイアサンと出会う!

一端デガシ号は諦めて、別の地域を探索してみます。

 

特にアテはないので、今まであまり探索したことがなかった東側を探索することにします。

避難ポッドから真東には、オーロラ号があります。

そのオーロラ号の裏、更に先を探索するというわけです。

 

オーロラ号周辺にはリーパーリヴァイアサンがいますが、こいつらをいなすのは慣れたものです。慣れれば怖くありません。

 

今回の探索のために、シーモスのアップグレードモジュールの構成を変えました。

ストレージを減らし、船体強化モジュールを2つ取り付けました。

f:id:katamichinijikan:20190605124519p:plain

また、磁鉄鉱が集まったお陰でステイシスライフルが出来たので持っていきます。

 

オーロラ号周辺は生命感のない薄茶色い濁った海ですが、真東に進み続けると海が澄んできます。

澄んだところで海底を目指して進むと、耳障りな叫び声・・・。

案の定、新たなリヴァイアサンです。

f:id:katamichinijikan:20190605124627p:plain

こちらもリーパーリヴァイアサン同様、向かってきたところで横方向に移動すれば簡単に攻撃をかわすことができます。

しかし、リーパーリヴァイアサンよりしつこく何度も攻撃してくるうえ、どんどん集まってきます。何匹も何匹もうじゃうじゃと。

 

動き自体は鈍く、リーパーリヴァイアサンより避けやすいので、シーモスを降りてスキャンしてみることにします。

ステイシスライフルの出番です。

 

で、攻撃を受けることもなく無事スキャンできたのですが、シーモスは破壊されていました。

このリヴァイアサンは、ゴーストリヴァイアサンというそうです。

f:id:katamichinijikan:20190605124847p:plain

しつこい上、数も多いのですが、攻撃のインターバルがやや長く、攻撃が鈍いので避けるのは簡単です。

離脱する時も、斜め移動(WとD同時押しやWとA同時押し)をしていれば後ろからの追撃も避けられます。

 

シーモスが壊れたため海底まで探索することはできませんでしたが、とにかく数が多いためこの地域の探索はかなり難しそうです。

また装備や設備が整った後に探索に来たいと思います。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら