ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【SUZUKI ST250 E type】フロントフォークブーツ取り付け(手順あり)

f:id:katamichinijikan:20180828225933p:plain

SUZUKI ST250 E typeにフロントフォークブーツを取り付けました。使用したのはキジマの汎用品で、2500円ほどです。フロントフォークの脱着なしで、切れ込みを入れて作業しました。

今回の取り付けの目的は、錆防止です。

フロントフォークブーツに気密性があるわけではないので錆止めの効果はなく、それどころか錆の除去などメンテナンスが出来なくなります。しかし、私の場合は塩をモロに浴びて真っ白になるような環境です。そこでフロントフォークブーツで塩の直撃を防ぐことを期待しています。また、ブーツ内をグリスべったりにしておくことで、ある程度メンテナンスフリーにできないかと見込んでいます。

使用した部品と必要な道具

1.フロントフォークブーツ

フロントフォークブーツはキジマの汎用品「206-014」で、SRやグラストラッカー、FTRに適合します。グラストラッカーに適合するということで、ボルティやST250、もちろんST250 E typeもピッタリサイズです。メーカーページによると寸法は長さ182、小さい口が35-37Φ、大きい口が60Φだそうです。

 

2.瞬間接着剤

フロントフォークを脱着せずにブーツを取り付けるのであれば必要です。上から遅乾性で粘性が高い接着剤やシール材を薄く塗っても構いませんが、とりあえず取り付けの時には瞬間接着剤が必要です。

3.シリコングリス

フロントフォークブーツを取り付けると、錆が発生しても容易にメンテナンスが出来ません。そこで出来るだけ良質でブーツシールにも悪い影響を与えないグリスを厚塗りしました。今回は手持ちのシリコングリスがあったので使用しました。

作業手順

まずはフロントフォークを綺麗にしていきます。塩まみれの錆錆でしたのでカッターでこするように錆を除去しました。

f:id:katamichinijikan:20180828231943p:plain

次にフロントフォークシールを外します。フロントフォークブーツの取り付けには不要な作業ですが、しばらくフロントフォーク周りを触れなくなるので、メンテナンスしておきます。

マイナスドライバーを差し込んでこじると外れます。

f:id:katamichinijikan:20180828231945p:plain

こんな感じでシールを外します。

f:id:katamichinijikan:20180828231948p:plain

シールの保護のため、シール自体とインナーチューブにシリコングリスを塗り込んでいきます。更に、バイクを何度か動かしてフロントフォークを動かしてシリコングリスを馴染ませます。馴染ませるとインナーチューブが沈み込む範囲のグリスが少し薄くなるので、更にシリコングリスを厚塗りべた塗りします。

f:id:katamichinijikan:20180828231950p:plain

これでフロントフォークのメンテナンスは終了です。

フォークブーツを取り付けていきます。どこでも構いませんが、元から溶着したような跡(縦の筋)があるので、筋に沿ってハサミでカットしていきます。 

f:id:katamichinijikan:20180828231952p:plain

カットしてできた切れ込みを使って、フォークブーツを嵌め込みます。 

f:id:katamichinijikan:20180828231956p:plain

嵌め込んだら、切断面を瞬間接着剤を使って接着していきます。なかなか地道な作業ですが、意外としっかりと接着できます。そもそもフロントフォークブーツは完全密閉されるわけではないので、接着が多少甘いとしてもフロントフォークブーツの効果自体はほとんど変わりないでしょう。

f:id:katamichinijikan:20180828232001p:plain

更に上下を付属の結束バンドで固定すれば完成です。

f:id:katamichinijikan:20180828232004p:plain

なかなか良い感じです。

f:id:katamichinijikan:20180828231835j:plain