ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【レモン栽培】夏(6月~8月)にやることまとめ【柑橘類の育て方】

f:id:katamichinijikan:20190427185953p:plain

美味しいレモンを収穫するために、夏(7月~9月)にやらなければいけない作業をまとめています。 

▼他の季節の作業内容のまとめはこちらのリンクからご覧ください。

 

このほかにも、一般家庭における自家栽培レモン(鉢植え/地植え)の育て方や栽培手法など、様々な知見をまとめています。

詳しくは【レモンの自家栽培方法】カテゴリーからご覧ください。

【レモンの自家栽培方法】の記事一覧

なお、レモン以外にもミカンやユズなど柑橘類全般に適用できる育て方のポイントです。

夏はレモンの成長期

夏になると春に咲いた花が受粉して花弁を落とし、果実の成長が始まります。

それと同時に受粉に失敗した花や果実が落ちるジューンドロップの時期を迎えます。

 

夏の間に摘果を済ませて果実の数を適正数に調整することで、果実より瑞々しく美味しくなります。

芽かき

夏になると、春に新しく伸びてきた枝葉から更に芽が芽吹きます。

この夏に出てくる芽は成長しても実をあまりつけません。

そのため、芽が出た時点で指で摘み取ってください。

翌年の春前の剪定で切り落としても良いのですが、芽の時点で摘み取った方が木の栄養を無駄に使わず、木を痛める心配もありません。

落花・落果

梅雨に入る前の6月ころになると、受粉に失敗した果実や栄養の行きわたらなかった花がポロポロと落ち始めます。

栄養や水やり、剪定などこれまでの管理に問題がない限りは必要十分以上の果実は残るはずですので、病気や水不足・肥料不足を疑って早まった対策を取らないようにしてください。

こまめな水やり

夏はレモンの成長が盛んで、気温の高さとあわせてすぐに土が乾燥してしまいます。

2日に1回を目安に水やりをしますが、雨も多い時期です。

土の表面が乾燥してから水やりをしてください。

また、梅雨が明けて気温も非常に暑くなる8月は毎日水やりをしてください。

夏の肥料やり

肥料の時期

春~秋はレモンが成長を続ける期間です。

この期間中肥料を切らさないために、5月・7月・9月の3回に分けて肥料を与えます。

夏の肥料は7月に与えます

肥料の必要性

レモンは春から秋にかけて成長を続け、花を咲かせ続けます。

この特性から、美味しいレモンをたくさん収穫するには春から秋にかけて肥料の効果を持続させ続けることが重要です。

レモンが活動を再開させる前の冬の終わり~春の前にまとまった肥料を与え、春~秋にかけては肥料を2~3回に分けて与えて肥料を効かせ続けることが重要です。

肥料のやり方

肥料は規定量の3分の1程度を与えます。

詳しくは以下の記事で解説しています。

diy-kagu.hatenablog.com

摘果

果実が多すぎる場合や生育の悪い果実がある場合には梅雨明け後に摘み取って間引きます。これにより残りの果実がより美味しく実ります。

基準となるのは葉の枚数で、葉の枚数20~30枚あたり果実を1つの比率に調整します。

また、害虫や傷などが入った果実があれば早めに摘み取ります。

 

摘果した真緑色のレモンも、レモン特有の香りや酸味があるため加工して使用することができます。

なお、摘果の際にはくれぐれも剪定ばさみなどきちんとした道具を使用してください。

レモンの実はしっかりとついているため、無理にもぎ取ろうとすると木を痛める可能性があります。

 

害虫対策

夏は1年のなかでも特に多く害虫がつく季節です。

また、梅雨の雨のせいで剪定が甘い込み入った枝葉の中では、病気を発症することもあります。

鉢植えの場合には、雨を直接浴びない軒下などに鉢を移してください。

病気は症状ごとに対策を施し、害虫も見つけ次第水で洗い流したり、手で除去するなどします。

私は春以降になると、定期的にこちらの殺虫剤を散布しています。

アブラムシに対しては1カ月程度持続する効果があり、病原菌を防除する効果もあります。その他にも、レモンにつきがちなカイガラムシ、ケムシ、ハムシ、アザミウマなどたくさんの虫や病気に効果が見込めます。

袋掛け

摘果を済ませて、今年収穫できる見込みの果実を選び終えたら果実袋で保護すると良いでしょう。

果実は傷が入るとそこからカビが生えてしまうほか、収穫前に虫がつくこともあります。

少し手間はかかりますが、袋をかけてやることでこうした病気や害虫を気にせず綺麗な実を収穫することができます。

さいごに

夏のレモン栽培のポイントを紹介しました。

 

▼レモンの育て方全般について、季節ごとに作業項目をまとめた記事はこちら。

 

▼その他の自家栽培レモンの育て方や栽培手法などは【レモンの自家栽培方法】カテゴリーからご覧ください。

【レモンの自家栽培方法】の記事一覧

なお、レモン以外にもミカンやユズなど柑橘類全般に適用できる育て方のポイントです。