ドリリウム

釣り、DIY、バイク、車、家具作り、アクアリウム、コーヒー。熱意を持って趣味を続けていると勝手に集まる知識や経験、役立つことやおもしろいことを記事にしています。

MENU

日本車がダサい理由はオシャレの取り入れ方が下手だから

※全くの素人が感覚で書いています。

 

最近、日本車のデザインが良くなってきています。

しかし、どうにも首を傾げたくなる部分も残っているのは事実で、僕のようなデザイン素人が何も語る資格はないものの、「感想」ということでいくつか述べたいと思います。

僕が思う、日本車がダサい理由はオシャレの取り入れ方が下手だからだと思うのです。

 

こちらの動画からレクサスNXの流れるウィンカーの様子をご覧いただけます。

youtu.be

超ダサいです。

実物を見ると目を疑います。

 

これはオシャレの取り入れ方に失敗した顕著な例だと思います。

世に新しいデザインやその手法が現れると、日本車メーカーは遅かれ早かれそれを真似します。これは悪いことではなく、そのお陰で日本の自動車産業は盛り上がったし、常に欧州が先んじるわけではなく、日本車メーカーの生み出したものが欧州車メーカーに取り入れられることもあります。しかし、ことデザインに関しては少ない印象があります。 

 

例えば、流れるウィンカーは国内で製品化されて登場したのはAudi A8が初めてです。(多分)これがAudi A8のシーケンシャルウィンカーです。

 

デザイン単体の良し悪しは感性の問題ですが、僕としてはこれが格好良いとか、おしゃれだとか、そういうポジティブな印象は持ちません。先ほど紹介したレクサスNXのように取り入れ方に失敗していない分、ネガティブな印象もありません。

オシャレ要素をダサくする

ファッションの世界でも、理解しがたい最先端のオシャレがありますが、車の世界もきっと同じなんでしょう。

f:id:katamichinijikan:20180106171452j:image

これは極端ですが、オシャレというのは大変難しく、オシャレなものから一部を真似ても、決してオシャレになることはないのです。僕も若いころに服装に散々悩んでいた頃があったものです。

解決策は、「すべてコピーする」か、「うまく取り入れる」かの2択であり、それ以外はすべてダサくなります。街を歩けばファッション誌に載っていそうな服を着た、ファッション誌には乗らないような容姿の人がうじゃうじゃいます。

これが、まさに日本車がダサいと言われてしまう一番の理由じゃないかなぁと最近デザインに凝りだした日本車を見て思うのです。どうでしょう?

また、日本車の場合にはお金のかかるデザインを安くコピーする例も見られます。冒頭で紹介した流れるウィンカーですが、粒粒が目立ってまるで安いアフターマーケット品のようです。

 

せっかくの新しいデザイン要素を意欲的に取り込んでも、センスがないと壊滅的にダサくなるわけです。日本の自動車メーカーはいずれも大企業と呼べる規模であり、投資も十全です。おそらく、ちゃんとしたデザインのプロが車づくりに関与しているはずなのです。だから、彼らのセンスがないわけではなく、意思決定プロセスのなかでデザイン以外が優先され、その結果デザイン単体や全体の釣り合いが取れなくなっていくんだと思います。

コンセプトの時点でダサいという声も聞こえてきそうですが、コンセプトの時点で上述したクソダサ意思決定が下されているんだと思います。

日産|デザイン|インフィニティデザイン|デザインギャラリー/コンセプトカー|年代別

 

 

 

最近は日本のメーカーも段々とデザインの大切さに気が付き始めているようです。

2018年現在では、まだまだデザインで買うような車は出てきていませんが、そう遠からずデザインで選ばれるような車も出てくるのではないかと期待しています。