ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

【バイク】最強防寒グローブ「イージス」手袋版イージスがあるって知ってた?【ワークマン】

厳しい冬の寒さと戦うバイク乗りが選ぶ最強防寒着といえば「ワークマン・イージス」です。

安くて防寒性・防水性に優れる素晴らしい商品です。

言うことなしの完ぺきなライダーズウェアですが、なんと手袋にも「イージス」が登場していることをご存じでしたか?

 

私もつい先日発見し、すぐに飛びついてしまいました。(ワークマンのネットショップには見当たらない) 

f:id:katamichinijikan:20191214135004j:plain

サイズはLLまで幅広く展開されています。

私は手が大きい方なので、迷うことなく最大サイズのLLを選択しましたがやや小さめでした。

手が大きい方や重ね着を検討されている方は注意が必要です。

 

なお、私がこれまで使ってきた手袋は奥に見えているごく一般的な防寒手袋です。

 

未だにAmazonで販売されており、バイクに適しており防寒性や操作性の高さ、低価格を売りにしている商品です。

 

しかし、防寒グローブの例に漏れずこの手袋は操作性が最悪でした。

ウィンカー操作がしづらいだけならまだしも、ブレーキやクラッチ操作すらしづらくなります。

3D裁縫と言われていますがどうしても生地が突っ張る部分が出てくるため操作に抵抗が生まれるわけです。

 

そのうえ、分厚く操作しづらい割には寒さに弱いなど良いところがない製品でした。

薄手のグローブを2枚重ねする方がよっぽどマシでした。

やっぱりイージス

そこでこのイージスグローブです。

f:id:katamichinijikan:20191214135014j:plain

最強の断熱材「スリーエム・シンサレート」を挟み込んだ防寒手袋で、温かさは着けた瞬間からわかります。

更に驚くべくは、この手の分厚い防寒手袋としては抜群に操作性が良いです。

 

もちろん防寒性のない一般的なグローブに比べれば操作性は劣るものの、防寒グローブとしては驚異的な出来と言っても過言ではないでしょう。

しかも価格も安い!(高級品ならもっと良いものもあるのかも)

 

ただし、過信してはいけない点があります。

冬場にバイクに乗る人なら「手袋なんて無力なんだ」と感じたことがあるはずです。

いくら分厚い手袋をつけようと、手が冷えてくることは避けられないです。

 

このイージスグローブも素晴らしい防寒性を有していますが、やはり長時間走行すれば段々と手が冷えてきてしまいます。

手袋で対抗できない寒さに打ち勝つ3点セット

手袋ではどうしても太刀打ちできない寒さのなかでもやっぱりバイクに乗りたい!

そんな時に有効なのは以下の3点です。

いずれか一つを導入するだけで劇的に手の冷えを抑えることができます。

電熱グローブ(インナー用)

一つ目はインナー用電熱グローブです。

USB電源で温かくなる手袋ですが、例えばイージスグローブのような防寒手袋の下に装着するように薄手にできています。

 結局のところ、寒さに最も有効なのは重ね着です。

これは冬のツーリング服を試行錯誤したことがある方ならきっとわかるはずです。

どんなに優れた防寒着よりも重ね着の方が有効なのです。

 

単体で使用する電熱グローブよりも、こうしたインナー用とイージスなどを組み合わせることで非常に高い防寒性を得ることが可能です。

 ハンドルカバー

二つ目はハンドルカバーです。

見た目はわるいものの、操作性に悪影響を与えずに寒さの原因の走行風を遮る最強の防寒対策と言えます。

 本当に冬場の長距離ツーリングなどに行く場合には必須と言っても良い装備です。

見た目は気にしないからとにかく寒さ対策をしたいという人はこれが最強の選択です。

グリップヒーター

三つ目は寒さ対策の定番でもあるグリップヒーターです。

分厚い防寒グローブと併用して意味があるのか?と思われそうですが、グリップは常に握りこんで使うものですから意外と効果はあります。

ただし、寒さ対策としては一つ目に紹介した電熱グローブ+防寒グローブには及びません。

どちらかというと比較的温暖な地域で冬場の寒さをしのぎたい方にオススメです。

本格的な防寒や冬の長距離ツーリングにはちょっと弱い対策と言えます。

 

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら