ドリリウム

釣り、DIY、バイク、車、家具作り、アクアリウム、コーヒー。熱意を持って趣味を続けていると勝手に集まる知識や経験、役立つことやおもしろいことを記事にしています。

MENU

実践的な英会話力が欲しければ無料体験に行きまくれ【ビジネス英会話】

f:id:katamichinijikan:20180802220306p:plain

私は専門学校を経てなぜか外資系企業に入社し、英語が全くできないままに外国人上司のもとに配属され、そこから四苦八苦しながら英語を覚え、英語で仕事ができるまでになりました。最終的にその会社には10年ほど在籍していました。

 

その経験から、英語ができない人間が実践的な英会話能力を最短で身に着けるための方法を紹介します。

はじめに

この話は別の記事でも紹介している内容です。

しかし、どうにもインターネット上の情報を見るに、あまりこの方法を勧めている記事が少ないため、改めてフォーカスしてみたいと思いました。

なお、私は冒頭にある通り、2年制の情報系の専門学校を経て、奇妙な経緯で外資系企業に入社しました。世界で10万人以上、日本に1万人弱の従業員がいる、それなりの規模の企業です。

入社当時の英語力は、そこらへんの高校生程度(専門学校で2年ブランクがあるので更に低い)でした。実際に入社直後のTOEICの結果は315点で、勘で答えてももう少しいけそうな点数でした。

最短で実践的な英語を身に着けたいなら無料体験に行け

タイトルにある通りです。

最初から結論を言うと、今や星の数ほどある英会話クラスの無料体験に行きまくることが最短の方法です。(私の経験から出した結論としては!)

継続的なレッスンの効果は薄い

私は全く英語ができない状態で外国人上司のもとに投げ込まれましたが、一方で会社の規模が大きいために会社負担で英会話レッスンに通うことができました。振り返って計算してみると、全体で7~8年、500時間以上英会話レッスンに通いました。英会話レッスンにも種類がありますが、私の場合にはビジネス英会話に特化したレッスンでした。

この経験から得られたことは、継続して通う英会話レッスンの効果が薄いということです。こんなイメージ。

f:id:katamichinijikan:20180802210840p:plain

もちろん、正しい知識を得るには継続的なレッスンが必要です。しかし、私のように可及的速やかに意思疎通できる能力を身に着ける必要がある場合、それは余計なものでしかありません。英会話クラスも各社様々な工夫を凝らしているわけですが、この事実は覆しようがありません。私の経験から言うと30時間のレッスンに通うより1時間の実践の方が効果が高いです。

上のグラフを改めて見ると、最初は効果的であるものの、急激に効果が落ち込むことがわかります。この詳しい理由は後述しますが、レッスンに通う初日、あるいは2日目程度までの経験は実践に限りなく近く、効果が高いというわけです。

実践こそすべて

前項で説明した通り、実践の効果はとても高いです。

実際に仕事では、初めて会う人や利害関係にある人と様々なシチュエーションで会話をするのです。

実際の会話では、テキストやレッスンのようにはいきません。色々なトピックがあります。一つの議題から別の議題へ派生することもあります。想定外の事態が起こります。相手によっては会話の仕方や進行の仕方も変わります。人によって発音も変わるし、よく使う言い回しも変わります。なにより、緊張感が違います。

英会話レッスンで新しい言い回しや単語を学んでもなかなか身につきません。しかし、実際の英会話のなかで、何か重要な単語や表現がわからなかった場合、その体験が強く頭に残るのです。レッスンと比べると恐ろしく速いスピードで英語が上達します。

つまり、実戦経験を積むことこそが、最短で英会話力を向上させる方法なのです。

疑似的な実践環境を作る

現実問題として、ビジネス英会話が必要な人は、実戦の中で勉強するという甘えは許されないこともあるでしょう。そこで、出来るだけ実践に近い状況を用意することで、最短で英会話力を向上させようというわけです。

留学や英語圏の国への滞在、外国人との仕事、そうした経験が本来は望まれます。

しかし、そうした実践に限りなく近い英会話クラスの活用方法として無料体験を受けまくるという手段があります。

オンライン英会話もアリ

疑似的な実践環境を作るためには、実際に教室に通うタイプの英会話クラスが有効ですが、オンライン英会話も有効です。

新しいシステム、新しい講師、新しいレッスンスタイル、そうした要素が新たな緊張感を生み、実践に近い効果を得られます。特にオンライン英会話は無料体験の受講も気軽で容易です。ぜひ活用して数を稼ぎたいものです。

継続的なレッスンも重要

一方で、継続的にレッスンに通うことで正しい文法や言い回し、シチュエーションに合わせたロールプレイによるトレーニングが受けられます。

つまり、理想的なのは気に入ったクラスに継続的に通いながら、無料体験を受けまくること、ということになるでしょう。

便利な時代 - 無料体験がたくさん受けられる 

今や星の数ほど英会話クラスが存在します。

無料体験ができる英会話クラスはざっと調べただけでもこれだけあります。

レアジョブ

定番の英会話クラスで、企業で導入しているケースも多いレアジョブです。こちらは無料体験を実施しています。

オンライン英会話NO.1が手掛ける通学型コース【レアジョブ本気塾】  

 

スパルタ英会話 

短期集中を売りにしているスパルタ英会話です。少し敬遠してしまいそうな名前ですが、無料体験を実施しています。

生徒一人一人に合わせたカスタマイズマンツーマンレッスン【スパルタ英会話】  

 

LOBi Education

うまく言えないことを簡単に言い換える。この記事でも説明した内容に近いことを重要視されているLOBi Educationです。こちらも無料体験が受けられます。

【6つのポイントで「英語が話せない」は解決できる!】  

 

QQ English

オンラインに特化し、安価な価格設定が嬉しいQQ Englishです。無料体験を2回も受けられます。

 1レッスン137円~、QQ Englishオンライン英会話

 

 

その他にも以下のような無料体験を受け付けている英会話クラスが見つかります。

是非こうしたチャンスを活かして、英会話能力向上に役立ててください。

慣れは強いです。

普段はパッと思い浮かぶ表現でも、ネイティブスピーカーを目の前にすると緊張して出てこなかったりします。緊張しないためには、とにかく慣れが必要です。この慣れも英会話能力のひとつと言えるでしょう。

さいごに

私が全く英語ができない時代から、仕事を英語でこなせるようになるまでの10年間で得られた知見をまとめてみました。

とにかく馬鹿みたいに簡単な単語と文法で意思を伝えること。そして無料体験などを活用して実践の場を仮にでも作り上げることが上達への近道です。実戦経験は、だらだらと継続的に通うレッスンの何十倍もの価値があります。