ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

SQL Server 2016をWindows 7にインストールする

2019年5月12日加筆修正

SQL Serverのデータベースバックアップを、古いバージョンのSQL Serverに復元することは 

例えば、SQL Server 2016のDBをバックアップして、SQL Server 2014に復元することはできません。

 

本番環境では古いバージョンに復元することはほぼありえないと思います。

しかし、開発環境では開発環境にインストールされているSQL Serverが古くて復元できない!という事態になることが時々あります。

 

素直に新しいバージョンのSQL Serverをインストールすれば解決しますが、Windows 7にSQL Server 2016をインストールすることはできません。

Microsoftが公式にWindows 7をサポートしていないと声明を出しています。

実際にインストールを試みても、失敗します。

Standardでも、Developerでも、Expressでもダメです。

 

もちろん、順当にいけばWindows 10へアップグレードすべきですが、そうもいかない場合もあります。そんなこんなであれこれ試していたところ、唯一の抜け道?僕が知らなかっただけの正攻法?がありました。

 

それは、SQL Server 2016 Express Local DBをインストールする方法です。

詳しい手順はこちらにあります。

SQL Server 2016 Express LocalDBインストール - Qiita

 

まったくもって難しいことはありません。

SQL Server 2016 Expressのインストールウィザードで「Local DB」を選択するだけ。

細かな設定はありません。

SQL Server Management Studioから接続するときは、Windows認証を選んで「(localdb)\MSSQLLocalDB」へ接続すればOKです。

 

きわめて軽量ですし、開発環境にわざわざ「全部入り」をインストール必要はなかったんだなぁと勉強になりました。

 

SQL Server 2016の教科書 開発編

SQL Server 2016の教科書 開発編

 
SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応

SQL Server 2016データベース構築・管理ガイド Enterprise対応

 

 

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。