ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

【SQL】さくらレンタルサーバのDBをMySQL Workbenchを使ってローカルに丸ごとコピーする【phpMyAdmin】

さくらのレンタルサーバを使って趣味でWebアプリを開発しています。

ローカルにはXAMP環境を整え、特にDBに関してはMySQL Workbenchを使って参照したり操作したりしています。

 

さて、久々に趣味で作ったWebアプリを改修しようとしたところ、ローカルとサーバー上のDBの差異がとても大きくなっていました。

そこでローカルのDBは一端削除して、サーバーからDBを丸ごと持ってくることにしました。

 

今回はその手順を紹介します。

①SQLファイルをエクスポート

まず始めにさくらのレンタルサーバーのDB管理ツールであるphpMyAdminにログインします。

 

サーバーコントロールパネルから「データベースの設定」を選択

f:id:katamichinijikan:20200212122725p:plain

「管理ツールログイン」をクリックし、ユーザ名とパスワードを入力してログインします。

f:id:katamichinijikan:20200212122735p:plain

エクスポートしたいDBを選択します。

f:id:katamichinijikan:20200212122749p:plain

上部メニューから「エクスポート」を選択

f:id:katamichinijikan:20200212122800p:plain

フォーマットに「SQL」を選択して「実行」をクリックします。

f:id:katamichinijikan:20200212122825p:plain

これでSQLファイルがダウンロードできますが、この時SJISあたりを選んでおくと文字化けが回避できます。

②SQLファイルのインポート

続いてダウンロードしたSQLファイルをインポートします。

MySQL Workbenchを開き、ローカルのDBサーバーへ接続します。

 

上部メニューからServer > Data Importを選択します。

f:id:katamichinijikan:20200212123407p:plain

 

Import from Self-Contained Fileを選択し、ダウンロードしたSQLファイルを選択します。

f:id:katamichinijikan:20200212123436p:plain

もしインポート先が既に存在する場合にはDefault Target Schemaから選択し、全く新たに取り込む場合にはNew(水色矢印)をクリックして新しいスキーマを作成します。

f:id:katamichinijikan:20200212123448p:plain

Start Importボタンをクリックすればインポートが始まります。

f:id:katamichinijikan:20200212123457p:plain

無事、ローカルにDBを丸っとコピーしてくることができました。

f:id:katamichinijikan:20200212123502p:plain

 

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら