ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

0xE0191012 接続された地域はゲームサービス接続制限地域となります。

f:id:katamichinijikan:20210802142631p:plain

XIGNCODE3とは、オンラインゲームなどに組み込まれているサービスで、チートや自動操作系のツール使用を検知することが出来ます。

 

そんなチートや自動操作とは無縁な一般プレイヤーである僕がLOST ARKというゲームをプレイしているとこのエラーに遭遇しました。

エラーの文章を読むと、まるで国外から接続しているようですが、普通に日本国内から接続しており、これまでこのようなエラーは発生しませんでした。

 

なお、エラーが発生するとゲームは強制終了されてしまいます。

原因は仮想化サービス?

原因は今のところ判然としませんが、このエラーが発生する前にしたことを思い返すとDockerは仮想環境を構築できるツールで、アプリケーション開発界隈などでは非常にポピュラーなツールです。

これをつい先日導入したのです。(正確にはDocker Desktop for Windows)

OSはWindows 10 HomeなのでWSL2も同時に導入しています。

 

最初はDocker Desktopを終了させてからゲームを起動しなおしたところエラーもなくプレイしていたのですが、その後もたまーに同エラーが発生することがありました。

Docker Desktopを終了させていても動作するものと言えばHyper-V系のサービス群が思い当たります。

Docker DesktopをPC起動時に自動起動しないようにしたとしても、Hyper-V系のサービスは起動しています。

 

実際にこれらをすべて終了させてから試したことはありませんが、どうにも一度エラーが発生すると、それ以降はしばらくエラーが再発しないため様子を見ています。

もちろん、運営には問い合わせ済みです。

 

何か進展があれば更新します。

追記

運営会社より回答があり、仮想化関連のツールがインストールされている場合に本エラーが発生するとのことでした。

運営会社ひいてはXIGNCODEの改修により改善されていく見込みはなく、XIGNCODEを導入しているゲームをしたければ、当該PCに仮想化に関連するツールをインストールしてはいけないということです。

 

ゲーム用PCと開発用PCは分けろということですね。

返す言葉もありませんが、共存不可ということがわかってすっきりしました。

ブログを書いている人

カタミチ

Twitter

ご意見・お問い合わせ等:syufukc@gmail.com

プライバシーポリシーおよび広告掲載等に関する表示事項