ドリリウム

釣り、DIY、バイク、車、家具作り、アクアリウム、コーヒー。熱意を持って趣味を続けていると勝手に集まる知識や経験、役立つことやおもしろいことを記事にしています。

MENU

グランド・ツアーがつまらない問題

 

Top Gearのあの3人が、Amazon Primeで送るThe Grand Tour(グランド・ツアー)がつまらない。というのは言い過ぎですが、好意的に見ないことには白ける部分が多いのも事実です。

 

Top Gearの演出やジョーク、ユーモアは優れたもので、視聴者からするとこの3人がすごいのか、演出を担当する制作陣がすごいのかはわかりませんでした。(少なくとも映像関係はTop Gearがダントツに良かった)

あいつなら次こういうだろう、みたいに振っておいてそのまま言わせてみたり、わざとらしい露骨な演出や、ユーモアにかけた表現、予想を上回らないトーク。ぐだぐだ気味な企画など。Top Gear(の制作陣?)が優秀だったかが、透けて見えてしまいます。加えて、翻訳(字幕)の質が低いせいでそれらの欠点が更に強化されてしまっています。翻訳がまともになるだけで、あと2.5倍くらい楽しめると思います。 

この問題の原因は?

映像の演出はTop Gearには劣りますが、そこまで気にするほどではありません。しかし、編集はいまひとつ、というかTop Gearより明確に劣っています。音楽のチョイスも劣っていますね。しかし、何よりの問題は演出や台詞、そしてそもそもの企画など、誰が書いているのか知りませんが、台本と監督がTop Gearに比べて著しく劣っているのだと思います。字幕の質も低く、字幕を通してみると、なおさら味気ないものになりますから、可能なら英語で楽しみたいところです。

 

The Grand Tourが始まった当初、僕は「良い感じ」と評しました。やはり当初から絶賛はできていません。当初、僕は期待をもって「良い感じ」と評したのです。「ちょっと陳腐」という言い方をしているけど、これがまさしく演出のわざとらしさであり、視聴者を白けさせる展開のことを指しています。ただ、当初はまだ駆け出し。これからだんだんと成熟してくることを期待していました。

diy-kagu.hatenablog.com

 

しかし、シーズン1を通して、成熟が見られることはありませんでした。ナミブ砂漠スペシャルなんかは、正直なところかなりがっかりな仕上がりでした。Top Gear終盤のつまらない時期と比べても、なおつまらない出来です。 

とはいえ、たぶん1シーズン分を、丸ごと企画して撮影しているはずだから、改善がみられるとしたら、次のシーズンからだろうとも考えられます。

 

シーズン2でも改善が見られず、ここまでつまらないとなると、Top Gearほどの長寿人気番組にはなりえないだろうと思います。そうなると、僕は見続けるには見続けるだろうけど、以前ほどの熱意はなくなりそうです。是非シーズン2で、大幅に楽しい作品になっていることを期待したいと思います。