ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

木製のケーブルボックスで火事になったらどうしよう

2019年12月13日

▼現在、木を使ったケーブルボックスを自作しています。

【知識ゼロから始める家具作り#8】水槽台編2 - 作業開始!からの問題発生 - ドリリウム

正確には水槽台を製作しています。

水槽台の下段をケーブルボックスとして利用しようと計画しているわけです。

 

しかし、ケーブルボックスと言うことは大量の配線を詰め込むわけです。

熱を持ち、発熱し、周りは木が燃え出すようなことはないだろうか?

そんな不安を感じています。 

 

もちろん配線がごちゃごちゃのままホコリをかぶるよりはマシでしょう。

そして、木が燃えだすような状況になれば、木製だろうが樹脂製だろうが酷い事態になるでしょう。

今回製作しているケーブルボックスの素材はシナ合板とラワン合板、そして赤松の集成材です。

 

難燃合板なども存在するようですが、もう手遅れ。

何か塗料で難燃性を高めることができないか?

あるいは対策の必要性など。

 

調べています。

 

調べた結果。

diy-kagu.hatenablog.com

ケーブルボックス火災対策 - ドリルを買ったから家具を作りたい

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら