ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【レビュー】Alfawise S420 - 高品質低価格の コンパクトポータブル電源

f:id:katamichinijikan:20190413140847p:plain

地震対策やアウトドア用として注目を集めるポータブル電源ですが、まだまだ市場規模は小さいため低価格が進んでいません。

そんななかで、確かな品質と性能を有しながら低価格を実現した「Alfawise S420」を紹介します。

Alfawise S420のスペック

24.1cm
奥行 12.8cm
高さ 12.5cm
重量 2.3kg
バッテリー容量 60,000mAh
AC出力 200Wまで・2口
DC出力 120Wまで・4口
USB出力 5V2.1A(2口)
USB Type-C(1口)
Quick Charge 3.0(1口)
価格 36,023円15,819円

 

使い勝手を考え抜いた60,000mAhという容量

スペックのなかでポイントとなるのが24cm×12cmというコンパクトなボディと、2.3kgという軽さです。

ポータブル電源は容量に比例して大きく・重くなりますが、60,000mAhという「ちょうどいい」バッテリー容量のお陰で日常的に持ち歩くにも不自由ない寸法と重量にまとまっています。

 

ポータブル電源は、災害時の非常用電源としてだけでなく、アウトドアや屋外でのアクティビティにおいて幅広く活用できる汎用性を持っています。

しかし、大きく重いバッテリーはとてもではないですが普段から持ち歩く気にはなれません。「Alfawise S420」は、軽量コンパクトでありながら、収納式のガッチリとした安心感ある持ち手のお陰で運搬性がとても良いです。

 

また、実は災害用と割り切った場合でもコンパクトさは重要なポイントになります。

なぜならポータブル電源にひろく採用されるリチウムイオンバッテリーは「自己放電」します。自己放電とは、その名の通り使わなくても充電量が減ってしまう現象です。

つまり、災害用にポータブル電源を買ったとしても、定期的に取り出して充電しておく必要があるわけです。

 

こうした一般家庭における現実的な利用シーンを考えていくと、この60,000mAhという容量は「ちょうどいい」容量と言えるのではないでしょうか。

精密機器対応&200WのAC出力

ポータブル電源が、モバイルバッテリーと最も異なる点と言えばAC出力に尽きるでしょう。

Alfawise S420」にはAC出力が2口ついており、200Wまでの機器に対応しています。

f:id:katamichinijikan:20190413144224p:plain

また、出力は整流されており、電源ノイズが発生しません。

ノートパソコンやその他精密機器であっても安心して接続することができます。海外製品ではプラグが海外仕様のままということが珍しくありませんが、「Alfawise S420」ではキチンと日本仕様のプラグに対応しています。

 

200Wという上限がどの程度のものかというと、一般的な消費電力を以下に示します。

  • 扇風機・サーキュレーター:20W
  • 空気清浄機:50W
  • 電気毛布:50W
  • 小型冷蔵庫:60W
  • テレビ:70W
  • 掃除機:300W
  • 炊飯器:400W
  • IHクッキングヒーター:1000W
  • 電子レンジ:200~1200W
  • 電子ケトル:1200W

実際には、多くの家電や電子機器は電源を入れた瞬間に最も大きな電力を要しますが、起動後安定すれば上記の数値よりかなり少ない電力で駆動します。

起動のタイミングをずらすことで、表示電力以上の機器も使用できる可能性が高いです。

豊富なUSBポート

60,000mAhやそれ以下のコンパクトポータブル電源は、一般的に低価格を重視するため出力ポートが充実していないことが多いです。

Alfawise S420」は通常の5V 2.1AのUSBポートが2口に加えて、QC3.0と呼ばれるスマートフォン向けの急速充電に対応したポートが1つ、USB Type-Cポートが1つ備わっています。

f:id:katamichinijikan:20190413140849p:plain

QC3.0は、Quick Chargeの略でその名の通り急速充電が可能です。

基本的にAndroidスマートフォンであればQC3.0に対応しています。通常の数倍の速度で充電することができる便利なポートです。

USB Type-Cは、USBの新たな規格です。

現在新しく発売される電子機器は、徐々にUSB Type-Cへの対応が進んでおり、従来のUSBケーブルが使用できない機器も徐々に増えています。

 

今後、長くポータブル電源を使うことを考えるとUSB Type-Cポートは必須と言って良いでしょう。

DC12Vのシガーソケット出力に対応!車用機器が使える

Alfawise S420」には4口のDC出力が備わっています。

最近の機器や身近な機器ではなかなか使うことがないのですが、まさにこのDC12Vが必要になるのが車用の機器です。

車で使うことが出来る機器と言えば、いわゆる「シガーソケット」あるいは「アクセサリーソケット」と呼ばれる車には必ず備わっているポートから電源を取ります。

▼こんな分岐を使っている方も多いのでは?

例えばドライブレコーダーや、空気清浄機、スマートフォンの充電やナビ、コンプレッサーなど。現在多種多様な機器が車で使えるようになっています。

 

Alfawise S420」には、DC出力をシガーソケットに変換できるアダプタが付属しますから、こうした車用の機器を「Alfawise S420」から電源を供給して使用することができます。

その他の機能

100時間以上点灯可能なLEDライト

「Alfawise S420」には災害やアウトドアで便利なLEDライトが備わっています。

f:id:katamichinijikan:20190413140852p:plain

LEDライトは消費電力が少ないため、丸4日分以上にあたる100時間以上の点灯が可能です。

シンプルな表示&操作パネル

本体上部にはディスプレイが備わり、その周辺に4つのボタンが備わります。

f:id:katamichinijikan:20190413140854p:plain

3種類の充電方法

Alfawise S420」は3種類の方法で充電することができます。

1つ目は、ご家庭の電気プラグを使った充電。

2つ目は、車のシガーソケットを使った充電。

3つ目は、ソーラーパネルによる充電です。

最近では通販サイトなどを通じてソーラーパネルが手軽に手に入るようになりました。

そのなかでもDC出力ができるものや、車用にシガーソケット出力ができる製品であれば「Alfawise S420」の充電に使用することができます。

 

 

Alfawiseってなに?

Alfawise S420」の魅力を伝えてきましたが、Alfawiseってどこのメーカーでしょう?

その答えは、通販サイトのGearbestです。

日本ではまだまだマイナーですが、中国製品を世界各国に向けて販売する通販サイトで、日本に物流拠点も持っています。

そのため送料は基本的に無料で、海外発送ではないため到着に時間もかかりません。

最近ようやく日本語に正式対応し、日本サイトでセールも開催中です。

 

同じような例ではAmazonベーシックが有名でしょう。

Amazonベーシックは、通販サイトのAmazonのオリジナルブランドです。Amazonが選りすぐった製品を、自身のブランドをつけて販売しているわけです。

Alfawiseも同様で、Gearbestが選りすぐった製品を自社ブランドで販売しているというわけです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

現実的な運用に最適なサイズと、かわいらしいデザインがポイントの「Alfawise S420」は、普段使いから災害時の非常用電源と幅広く使うことができるポータブル電源です。

価格も元の36,023円という価格は割高ですが、現在の15,819円という価格であれば、競合する製品よりぐっと安いです。

更に、競合する製品にはない充実した電源ポートや付属品、コンパクトさや見た目まで考えれば一般家庭用の1台目のポータブル電源としては最適な1台ではないでしょうか。

 

今なら「N686PVR7CI」のクーポンコードを使うことで更に割引を受けることができます。

「Alfawise S420」の商品ページを開く

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら