ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

【安くて壊れない】個人事業主にモノクロレーザープリンターを勧める3つの理由

個人事業主や小規模事業にはプリンターは欠かせません。

通販で買ったものの領収書印刷や、電話、電気、家賃などその他多くの利用料金も紙の明細書がなくなりネットで確認する時代になってきています。

 

そんな時にまず検討される候補が「インクジェットプリンター」です。

一般的にインクジェットプリンターは安価で印刷枚数の少ない家庭向け、

レーザープリンターは高価で印刷枚数の多い事業所向けなどと言われます。

 

しかし近年では一部の用途を除いて家庭でもレーザープリンターが適しているケースが増えています。

スキャンやコピーが必要な場合でも同様ですので是非3つのポイントをチェックしてから買い替えを検討してみてください。

理由1 プリンター本体価格が安い

まず始めにプリンター本体価格の値段です。

 

インクジェットプリンターの方が本体が安い

インクジェットはインク代で回収しているから本体は安い

 

こんな風に言われることが多いですが、一部のモデルではレーザープリンターの方が価格が下がってきています。

例えばAmazonで売れ筋の以下の2商品を見てみてください。

インクジェット レーザー
キャノン TS5330 ブラザー HL-L2330D
9,770円(※) 8,062円(※)
商品ページを開く 商品ページを開く

※価格は2020年1月3日時点

 

インクジェットプリンターは付加価値を付けることで販売台数を増やすことに躍起で、カラー印刷やスキャン、コピー機能、WiFi接続機能などが当たり前についてきます。

上記のインクジェットプリンター「TS5330」もスキャンやコピー、カラー印刷が当たり前のように使えます。

 

あれば便利な機能ですが、本当に必要ですか?

 

スキャンやコピーの頻度を考えてみてください。

本体価格の差や次に説明するランニングコストの差を考えれば、たまにするだけのスキャンやコピーはコンビニで済ませれば良いと思えるはずです。

理由2 ランニングコスト(維持費)が安い

レーザープリンターは大きな事業所で利用されることからもわかる通り、ランニングコストがとにかく安いです。

これは次に説明する故障頻度だけでなく、印刷代自体が安いです。

 

先ほど紹介したブラザーのレーザープリンター「HL-L2330D」の場合、純正トナーが7,206円(2020年1月3日時点)で、メーカー公称値通りであれば3,000枚印刷可能ですから1枚あたり僅か2.4円!

更にレーザープリンターはインクジェットプリンターに比べて構造的に丈夫で、社外メーカーの互換品を使っても問題が出ることが少ないです。

 

社外品であれば安いものは2,000円台、売れ筋商品でも3,000円台ですから1枚あたりのコストは1円程度まで抑えることができます。

純正品の例 互換品の例
商品ページを開く 商品ページを開く

一方でインクジェットプリンターは業務用モデル以外はモノクロ印刷のコストを明記していません。

なぜならレーザープリンターには及ばないため無理に競合されないようにするためです。更に、インクジェットプリンターではモノクロ印刷であってもカラーインクを使用するケースも増えており明確な印刷コストが出しづらいという理由もあります。

 

過去にはメーカーが公表していた時代もあり、家庭用のインクジェットプリンターの場合1枚あたり10円を超えていたこともありました。

理由3 インクジェットプリンターよりも壊れにくい

インクジェットプリンターは「インクを使う」という構造的な課題を抱えています。

インクを紙に吹き付けているわけですから、当然プリンター内には汚れが溜まります。

汚れをクリーニングしながら使うわけですが、クリーニングにも限界がありいずれは印刷にスジが出来たりかすれたり、滲んだりしてして故障してしまうわけです。

 

一方で粉末をレーザーの熱で定着させるレーザープリンターにはこのような構造的な欠点と呼べるものはなく、長く使い続けることができます。

 

この点は多くの企業で業務用のプリンターとしてレーザープリンターが採用されていることを考えていただければご理解いただけると思います。

 

まとめ

私自身、何台もインクジェットプリンターを使っては1~2年ほどで故障し、修理するより買い替えた方が安いという理由で買い替えてきました。

しかし、レーザープリンターにすればこうした問題もなくなるばかりか、プリンター本体価格もランニングコストも安くなるのです。

 

 

スキャンをするのは年に数回 → コンビニで十分じゃない?

高価格インクジェットじゃないと写真プリントの質も低い → コンビニで十分じゃない?

コピーはほぼしない → コンビニで十分じゃない?

 

ということで私はレーザープリンターに乗り換えました。

 

詳しくはレーザープリンターを購入した時の記事をご覧いただくとして、大きさも変わらず印刷音も静かで印刷も明瞭。

大変気に入りました。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら