ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒー

MENU

アイスコーヒーチャレンジ:ミカド珈琲 MAJO リキッドコーヒー無糖

今年の夏から、いつもお世話になっているコーヒー屋さんのパック入りのアイスコーヒーを買うようになりました。1L入りで1本600円ほどですから、コンビニでアイスコーヒーを買うより安いです。また、味も断然おいしいです。

しかし、アイスコーヒーといえどもコーヒーはコーヒーですから鮮度が重要です。そのためもあってか、1度に作る量は少なく、夏の一時しか飲むことができません。それまで出来合いのパックやペットボトル入りのアイスコーヒーは便利だが超マズイという認識でしたので頑張って自分で作ったり、我慢したりしてきましたが、おいしいパックのアイスコーヒーに出会ってしまったために代わりを探すようになりました。

 

夏のシーズンはいつものお店のアイスコーヒーを買いますが、オフシーズンに代替できうるであろう商品を探し始めたわけです。前述の通りこれまでアイスコーヒーを探すことなんてありませんでしたので、今回初めてまともに検索をしたわけですが、数多くの商品があって驚いています。本来は、代替品探しが目的でしたが、色々なアイスコーヒーを飲んでみたいと思うようになりました。

 

コーヒー中毒ですので1日1L、我慢をして500mlほど消費します。

 

今回、まずはこちらを注文してみました。

ミカド珈琲 MAJOリキッドコーヒー無糖(C-30)1000ml(6本入り)

 

正確にはしばらく前に注文して、6L分を飲み切りましたのでレビューしてみることにします。

 

まずは価格ですが、1Lのパックが500円で6本入りとなっています。

価格からすると比較的お手頃ですが、ネット通販で年間を通じて手に入る程度の質であることを考えるとぼちぼち良い価格になると思います。ミカドコーヒーさんというと名前くらいは聞いたことがあります。まずはアイスコーヒー第一歩ということで選択してみました。

 

味はというと、非常によくできた仕上がりです。

もちろんいつものお店のものとは比べられませんが、それでもかなり良い線をいっています。一口飲むと若干えぐみと濃さを感じますが、氷が解けてくることでバランスが取れます。これはあえて薄まることを前提に調整された濃さだと思います。もし一口飲んで、「うっ」となった方は水で少し薄めると良いと思います。1度淹れたコーヒーを薄めるのはコーヒーの淹れ方・飲み方としては正しいです。

製造時期にもよるでしょうが、雑味もえぐみも許容範囲内で、きちんとしたコーヒーの香りと味を楽しむことができます。逆にそれ以外に特徴といえるものもないわけですが、パックやボトル売りされているアイスコーヒーといえば↓こういった微かにコーヒーらしき要素がある液体だと思っていた僕からすると驚きです。

 

 

いつものお店で手に入るパックのアイスコーヒーは利益度外視の少数生産で、劣化する前に売り切る前提で劣化への耐性より味を重視していますから、こうしたネットで年間を通じて手に入るコーヒーとは比べることはできません。

そこで、今回このMAJOを基準として、いろんなアイスコーヒーを飲み比べてみたいと思います。

 

素人が、複数のコーヒーを並べて飲み比べるのではなく、交互に飲むわけでもなく、一定期間ごとに違うコーヒーを飲むわけですから適切な比較は難しいです。その時点の感想を言うに留まりますが、せっかくなので記録に残したいと思います。