ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

賃貸マンションでも日曜大工がしたい

僕はこんなブログをやって日曜大工、DIYを楽しんでいますが、賃貸マンションに住んでいます。階数が低く、鉄骨造です。こんな部屋でDIYをするからには、かなり気を使って作業しています。むしろ、「やるなよ」というお叱りの声が聞こえてきそうですが、やるからには気を使っています。基準としては掃除機掛け。これよりは絶対に静かに作業するのが自分のルールです。

 

同じような境遇(?)の方と情報を共有したく、僕が気にしているポイントをあげてみます。

 

電動工具は使わない

まず、使う電動工具はドリルドライバーのみです。

音が出ない電動工具を探してみましたが、これ以外は見つかっていません。インパクトは間違っても使えません。僕が使うMakitaのドリルドライバーの音量は、掃除機と変わりません。一部のやかましい掃除機と比べれば、静かなくらい。

 

それでも、もちろん掃除機同様、朝夜は避けます。もちろん家族が団欒を過ごすであろう時間も。

 

最近の建物ですから、掃除機程度の音はまず遮られます。事実、僕は周囲の部屋の掃除機の音を聞いたことがありません。それでも念には念を入れています。

 

 

振動を気にして作業工程を決める

僕の使う作業道具の中で、一番音が大きいのが上述のドリルドライバーです。

これを使うとき、回転数を抑え、トリガーを完全に引き絞ることはしません。どうしてもフルパワーで使いたい時は、接している部屋(1部屋しかないのが救い)の住人が出かけている時を狙います(^^;

隣の部屋で聞いてみてもらったことがありますが、音はほぼ遮られますから、たぶん深夜にフルパワーで使ったところで、音は完全に遮られるだろうと見込んでいますが、それでも念には念を入れています。 

 

そして、音の一種と言えば音の一種ですが、より気にしているのが振動です。

振動と言えばやすり掛けやカンナ掛け、トンカチなどによる打撃、そしてのこぎりです。

 

そういった振動は、音以上に隣接する部屋へ伝わりやすいはずですから、極めて慎重になっています。やすり掛け、カンナ掛けは優しくかつスムーズを心がければ、振動は避けられます。しかし、トンカチとのこぎりは別。

 

どちらも作業時には、木材を床に置かなければなりません。

その上で、ぎこぎこ切ったりカンカン叩いては、どんな家でも音が通ります。

 

 

まず、こうした作業は極力避けます。

作り方を考える時に、1から10まで手順を考え、なんとしてもこれらを避けられるよう努力します。

 

カットや穴あけは、当然お金を払って木材屋さんにお願いします。

 

どうしても必要な場合には、やはり上述の通り周辺の部屋に人がいない時を狙い

なおかつ、対象物を出来るだけ壁や床から離して行います。2部屋向こうに響くことはないかもしれませんが、念には念、です。

 

マットを敷いて作業部屋を作る

当然ですが、作業部屋を作ります。

作業場所には、厚手のジョイントマットを敷き詰め、特に作業をする場所には、その下に更にマットを敷いています。

 

音や振動が出る恐れがある場合には、更にいらない毛布を何重かにして敷きます。

 

今思えば、買ってすぐ捨てた、ニトリのダブルサイズのマットレスを取っておけば良かった。あれを敷けば、振動は完全に吸収されたことでしょう(^^;

 

これは、部屋の汚損防止にもつながります。長年住んだり、お金を払って済ませるつもりなら良いかもしれませんが、やはり無駄な汚損は避けたいですし、音や振動の観点も考えれば敷くに越したことはありません。

 

掃除を怠らない

木を切ったり、削った際にです粉や屑は、必ず作業後に掃除します。

粉や屑が多く出る作業では、作業中に何度も掃除します。

 

このため、専用の掃除機を作業場に置いています。

 

狭い室内での作業ですので、粉は舞い、屋外や部屋の外へ広がります。

 

苦情が出るほど外に粉が舞うことなど、手作業ではありえないですが

基本的に閉め切って作業します。

 

家中に舞い広がったり、塗装中に付着したり、

加工中に潜り込んで線や角度を狂わせる可能性もあります。

 

 

 

 

ひとまず、今気にしているのはこんなところ。

とにかく音と振動です。

 

徹底的に気にかけているつもりですが、更により良くできた際にはまた共有したいです。