ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

組み立て式家具によく使われる工具サイズは?

先日、ベッドを寝室から空きの洋室へ移動しました。

 

 

寝室は北にあって、夏は涼しい(冷房は必要だけど)のですが、冬はとにかく寒い。

部屋の間を移動するだけで温度の違いが実感できるほどです。

 

そこで、ベッドを移動するわけですが、ダブルベッドですからスムーズには行きません。

 

まずはベッドを横倒しにして、下に毛布を敷きます。

こうすれば床を傷つけずに滑らせて移動することができます。

 

 

しかし、案の定カーブを曲がり切れず断念。

分解することにしました。

 

我が家のベッドはウッドスプリングですから

分解するにはスラットを1つずつ外さなくてはならず

とても面倒くさいです(汗)

 

 

仕方なく分解して運搬できたのですが

ネジの取り付け・取り外しがとにかく面倒くさい。

 

使うのはプラスドライバーと六角レンチです。

 

プラスドライバーは、ドリルドライバーでビットを持っていたので

極めてスムーズに片付きました。

しかし、六角レンチはL時のものしかなく、手できこきこと地道に…。

 

 

これがとにかく面倒くさい。

一度電動工具を味わってしまうとやっていられません。

 

 

 

実は空きの洋室には使っていない家具があり

これもいつか分解しようと思っていました。

 しかし、面倒で後回しに。

 

 

組み立て式家具の組み立て・分解のために工具を買うことを

ここでようやく決意しました。

 

 

 

プラスマイナスは既に家具作りのためにそろえてあります。

六角は、自動車整備用に6mmや7mmの3/8ソケットがあるのですが、 組み立て式家具は4mmや5mmが主流のようです。

 

 

自動車整備に使おうと、ドリルドライバーに取り付けられるKTC製の3/8ソケットアダプターは購入済みです。

そこで、早速4mmと5mmのソケットを注文。

Amazonで注文しましたが、おそろしく安い。送料をあわせてもホームセンターの安物よりずっと安い…。

これで模様替えや引っ越し、家具の扱いが楽になります(^^