ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

Fireタブレットのバッテリー異常消費(未使用でも20時間程度で100%→0%に)

我が家のFireタブレットは、購入した2018年7月(3か月前)からバッテリーの異常消費が見られました。明らかに不具合くさいと思っていたのですが、基本的に家で充電しっぱなしなので見てみぬふりをしながら使っていました。

 

異常消費ではない通常の消費であれば、設定や機能の制限などで消費を抑えることができます。

症状

症状を端的に表しているのが以下のような状態です。

  1. 100%まで満充電する
  2. 充電ケーブルを外す
  3. タブレットを一切使用せず(画面を点灯しない、機内モードON)放置
  4. 20時間程度でバッテリーが0%になって電源が落ちている

充電しながら使う分には全く問題ないのですが、バッテリー容量が死ぬほど小さいイメージです。その割に充電にはそこそこ時間がかかるのが性質が悪いです。

対策

対策としては、Amazonカスタマーサービスに問い合わせたところ以下の3点を試すよう言われました。

その1 システムアップデート

まずは端末のアップデートを行います。私の場合には実施済みでしたが、以下の手順で行います。

その2 工場出荷時の設定にリセット

次に端末のリセットを試します。私の場合には実施済みでしたが、以下の手順で行います。

設定」アプリ>端末オプション工場出荷時の設定にリセットリセット

その3 強制再起動(電源ボタンを40秒長押し)

この操作は知らなかったのですが、電源ボタンを40秒間長押しすることで、端末を矯正再起動することができます。画面上は矯正再起動したことがわかるような表示はないのですが、しっかりと40秒以上押し込みましょう。

結果

結果としては、以上のような対策もむなしく不良品と言う判断が下りました。

カスタマーサービスの対応は素晴らしく、すぐに交換品を手配してくださり翌日には交換品が届きました。

今回は保証期間内と言うことで速やかに対応が進みましたが、もし保証期間を過ぎてしまっている場合にはそうスムーズにはいかないかもしれません。タブレットは室内で使う人が多いでしょうから、バッテリーの不具合を放置している人も多いのではないでしょうか?もし異常がある場合には、まずカスタマーサービスに問い合わせてみると良いと思います。

 

参考までに問い合わせ方法は以下の通りです。

メール、チャット、電話の3通りの問い合わせ方法がありますが、Fireタブレット関連はメールの問い合わせが不可となっています。

1. Amazon.co.jpにアクセス

2. 画面を下までスクロールして「ヘルプ」を開く

f:id:katamichinijikan:20181019092925p:plain

3. 「問題が解決しない場合は」>「カスタマーサービスに連絡」を選択

f:id:katamichinijikan:20181019092927p:plain

4. 「AmazonデバイスとKindle無料アプリ」を選択すると自身の保有する端末が表示されるため、問題のある端末を選択

f:id:katamichinijikan:20181019092929p:plain

5. 症状を選択・入力して「チャット」もしくは「電話」ボタンをクリック

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。