ドリリウム

ひょんなことからドリルを手に入れ、家具を作ろうと思い立ちました。ついでにアクアリウムにはまりました。木工、DIY、アクアリウム、車、釣り、コーヒーもたまーに。雑記。

MENU

チェリーのコーヒーメジャースプーン その1 - 木は煮て彫ろう

ブラックチェリーの木っ端詰め合わせを購入しましたら、思いの外大きい木っ端もありましたので、コーヒーメジャースプーン(コーヒー豆用の計量スプーン)を作ってみることにします。木のスプーンを使い続けると、段々と木にコーヒーの色が染み付いていくのです(^o^)

 

約10グラム程度の豆が入るコーヒーメジャースプーンだと、真円で半球よりやや深めの形状では、口径は45mm ほどになると思います。しかし、今回は木っ端がそこまで大きくないため、約5グラムを計量できるスプーンを作ってみたいと思います。

 

 

まずは、木っ端に30mmのドリルで浅めに穴あけします。

f:id:katamichinijikan:20170210212844j:image

 

これを基準にして、彫刻刀でスプーンの「つぼ」の部分を彫っていきます。一番厄介になりそうですので、先に済ませます。柄からやろうものなら、つぼを彫る際にへし折ってしまいます。

 

コツコツ掘りますが、やはり難しい。真っ直ぐな刃の彫刻刀しかなく、地道な作業です。木目方向はまだ掘れるのですが。

 

 

そこで、木を煮ることに。

f:id:katamichinijikan:20170210213201j:image

 

曲げ木をするときに、木を煮たりレンジでちんするということは知っていたので、煮れば柔らかくなるのだろうと安易に考えました(^^;;

 

結果は

f:id:katamichinijikan:20170210213306j:image

大成功!

 

かなり簡単に掘れるようになりました。ある程度掘り進めて、試しに山盛りにコーヒー豆をいれてみると、5.5グラムほど。良い感じです。元々豆を測るわけですから、おおよそわかればよいわけです。これで十分です。

 

 

続いて、鋸で慎重に木っ端を切っていきます。切りすぎはいけないので、できるだけ大きめ荒めに切り出します。

f:id:katamichinijikan:20170210213502j:image

 

 

と、ここで今日は終了。

少しずつカッターで切りすすめたいです(^o^)