ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

やかんの取手が熱い!オシャレに対策してみました。

f:id:katamichinijikan:20180819181027p:plain

我が家では、1日2Lのコーヒー、1Lのお茶、2Lの水を消費します。

コーヒーはもちろんお湯を沸かす必要がありますし、お茶と水も一度沸かしたお湯を冷やして作っています。そのため、ティファールを早々に卒業(?)して、大きなやかんを使っています。

f:id:katamichinijikan:20180819181253j:plain

デカくてシンプルなやかんですが、お湯が沸くころには取手が熱くて触れないほどになっているのが難点です。ずっとふきん等を使っていたのですが、ようやく対策を施しました。

 

▼今回買ってきたのがこちら。

f:id:katamichinijikan:20180819181259j:plain

太さ3mmの綿ロープです。

これを取手に良い感じに巻き付けてやろうというわけです。以前、自作の釣り竿のワンポイントに麻紐を巻きつけたことから着想を得ました。前々からやりたいと思っていたのですが、麻紐はごわごわしていて手触りも悪いということで、ちょうど良いロープをようやく見つけたわけです。

 

まずは取手の脇にロープを結びます。

f:id:katamichinijikan:20180819181304j:plain

結び目は見えない下側に回して、余ったロープごとロープを巻き付けていきます。

f:id:katamichinijikan:20180819181308j:plain

なお、今回私は濡らさずに作業しています。濡らさなくてもこの程度の用途なら全く問題ありません。

 

ここまで来て、黒いプラスチックの取手はともかく、銀の鉄部分は熱くなることに気が付いて、取手の途中から巻きなおすことにしました。

▼こんな感じで取手の途中から巻きつけました。

f:id:katamichinijikan:20180819181312j:plain

▼最後の1巻きに余りをくぐらせて締めこんで、

f:id:katamichinijikan:20180819181316j:plain

▼コブを作って完成です。

f:id:katamichinijikan:20180819181321j:plain

接着剤を使っても良いのですが、汚れたら交換もしくは洗えるように取り外しやすく処理しました。

こんな巻き方でも、4L近い水の入ったやかんを持って、傾けたりしてもずれる様子はなくとても良い感じです。もちろん取手も素手のままつかめるようになりました。

 

材料は、やはり綿が一番手に優しいように感じます。

私は3mmを使いましたが、4mmや5mmなど太めにするとよりインパクトがあっておしゃれかもしれません。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら