ドリリウム

趣味の情報や思いついたことを発信しています。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E typeなど。

【Twitter APIs 申請レポート】追加情報要求~承認編 - 時間がかかるだけで全然厳しくない模様

f:id:katamichinijikan:20180905113704p:plain

【Twitter APIs 申請レポート】申請~追加情報要求編 - 1日に数回自動ツイートをしたいだけなのに - ドリリウム の続き。

 

前回の振り返り

前回の記事(【Twitter APIs 申請レポート】申請~追加情報要求編 - 1日に数回自動ツイートをしたいだけなのに - ドリリウム)の振り返り

 

Webサイトを作ったからTwitterを使ってPRしたい!別に大したことはしない。ただ単純に1日数回、CRONでプログラムを動かして自動的につぶやきたいだけ。そんな思いから厳しくなったと話題のTwitter APIsを申請してみました。申請から20日経過してようやく返信があり、情報が足りないから追加で情報くれと要求されます。それに回答したのが9月5日。果たしてその後どうなったのか?

速攻承認された(9月6日)

はい。速攻承認されました。

申請をしたのが8月16日、追加情報を要求されたのが9月5日。更に判断に数日、あるいは10日以上かかってもおかしくないと思っていました。普段は見ないメールアドレスだったため、気づくのが遅れてしまったのですが、なんと追加情報を返信した翌日には承認されていました。

Your Twitter developer account application has been approved!
Thanks for applying for access. We’ve completed our review of your application, and are excited to share that your request has been approved.

Sign in to your developer account to get started.

Thanks for building on Twitter!

承認されれば後は昔と同じ

早速使い始めてみましょう。

承認後も面倒くさいのかなぁとうんざりしながら開いたところ、承認されれば昔と全く変わりません。手順は割愛しますが、「Create an app」からアプリを制作します。必要事項が若干増えている感じがします。

f:id:katamichinijikan:20180906215939p:plain

あとはAPI Keyやらなんやらを作成すればすぐに使い始めることができました。

Twitter BOT程度なら全然厳しくない

なんだか拍子抜けな結果でした。

追加情報を要求された時点で、前評判もあって長期戦になると予想し、途中経過を投稿しました。しかし、追加情報を送ってすぐに承認され、使い始めることができました。

入力項目や、追加情報で要求された内容を勘案するに「つぶやく」機能を使う分には申請に時間はかかるものの厳しくはないのではないでしょうか。

追加情報でも確認されたように、他人のユーザーデータやつぶやいた内容を利用する場合には少し難易度が上がりそうです。また、その利用目的がTwitter社の理念や基準に反する場合には却下されるでしょう。

英語と言う問題はありますが、最近はGoogle翻訳などの精度も上がっています。きわめて単純な短い文章をぶつ切りにして翻訳にかければ、とりあえず相手に通じる程度の英語にはなるでしょう。英語で諦めるくらいならダメ元で申請してみても意外と通る気がします。