ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【DIY】60cmガラス水槽用の木製のフタ(小鳥飼育用)

f:id:katamichinijikan:20190601101737j:plain

小鳥を飼育するために、ガラス水槽用のフタを木で製作します。

 

ガラス水槽にぴったりと合うサイズで、フタを開け閉めできるようにします。

フタにはいろいろと引っ掛けられるようにヒートンや棒を渡したり、照明を設置します。

材料

側面

側面の板には12mm厚の赤松の集成材を選択しました。

安価で丈夫、水にもまあまあ強いです。

赤松集成材 【12×50×1825mm】 ( DIY 木材 レッドパイン )

フタ

フタには18mm厚の赤松の集成材を選択しました。

側面の板と同じ素材ですから相性はバッチリです。厚さも18mmもあるとかなりしっかりとした印象になりますし、色々と埋め込むことを考えるとこれくらいの厚さがあると嬉しいです。

 

 赤松集成材 【18×350×950mm】 ( DIY 木材 レッドパイン )

 

骨組み

表からは見えなくなりますが、水槽に固定するための骨組みにはホワイトウッドの小割材を選択しました。

赤松とは違う種類ですが、松の仲間です。

 ホワイトウッド 小割材 【約19×19×1820mm】

 

その他(あってもなくても良いもの)

フタの裏に渡す棒として硬い南洋材の丸棒(6mm径)を選択しました。

 南洋材丸棒 【直径6mm×910mm】 (DIY 木材 )

棒を渡すためだったり、備品をぶら下げたりするためにヒートンやフックを購入しました。

木にねじ込んで、好きな場所にフックやアイを作ることができます。

今回は、換気用のファンをフタに埋め込むことにしました。

40mmの超小型ファンです 

 

木材はすべて、カット無料で木材のバリエーションも豊富なオカモク楽天市場店さんで購入しています。

作り方

枠組みを作る

まずは水槽のサイズと同じ大きさの枠組みを、ホワイトウッドの小割材を使って作ります。

ボンドで接着し、タッカーで固定し、コーナークランプで直角を出しています。

f:id:katamichinijikan:20190601111945j:plain

こんな風に水槽と同じ大きさの枠組みを作ります。

これが水槽の上にポンと乗っかります。

f:id:katamichinijikan:20190601111953j:plain

側面の板の取り付け

枠だけではずれて落ちてしまいます。

また、見た目もよろしくありません。

そこで側面に板を張り付けていきます。

枠に50mm幅の赤松の集成材を固定していきます。

f:id:katamichinijikan:20190601112138j:plain

ぐるりと一周固定します。

ボンドはしっかりと拭き取ります。

フタの加工

続いてフタを取り付ける前に、フタに小細工をしていきます。

f:id:katamichinijikan:20190601112311j:plain

 

まずは大小の穴を開けて・・・

f:id:katamichinijikan:20190601112320j:plain

サーモスタットの温度センサーおよび温度計の温度センサーをフタに埋め込みます。

f:id:katamichinijikan:20190601112329j:plain

丁度良い大きさの穴を開けて、ブスリ。

f:id:katamichinijikan:20190601112337j:plain

フタの裏から見ると、こんな感じでセンサーが飛び出しています。

f:id:katamichinijikan:20190601112345j:plain

 

続いて近くに穴を開けて・・・

f:id:katamichinijikan:20190601112354j:plain

ノミで彫り込んでファンを埋め込みます。

f:id:katamichinijikan:20190601112409j:plain

裏から見るとこんな感じ。

外に向けて排気するファンです。家で言うところの第3種換気です。

f:id:katamichinijikan:20190601112303j:plain

 

次に、換気ファンの対角に換気用の穴をあけておきます。

f:id:katamichinijikan:20190601112701j:plain

 

更に、開け閉めしやすいように取手を取り付けます。

f:id:katamichinijikan:20190601112711j:plain

フタの取り付け

最後に、フタを取り付けます。

f:id:katamichinijikan:20190601112804j:plain

見える場所ではないですが、雰囲気にあわせてブラウンの丁番を使います。

f:id:katamichinijikan:20190601112808j:plain

また、締めたふたを固定するためのマグネットキャッチを取り付けます。

フタの重みがあるのでなくてもいいのですが、手持ちに余りがあったのでつけてみました。

f:id:katamichinijikan:20190601112812j:plain

オプションの取り付け

最後に付属品を追加していきます。

まずはフタの裏側(内側)に均等にヒートンを並べてねじ込みます。

f:id:katamichinijikan:20190601112828j:plain

ここに丸棒を通せば、色々なものをぶら下げられる棒を渡すことができました。

f:id:katamichinijikan:20190601112830j:plain

 

同じくヒートンをねじ込んで、ヒーターをぶら下げます。

f:id:katamichinijikan:20190601112836j:plain

ヒーターは鳥かご(ケージ)では、下の方に付けるべきですが、密閉されたガラス水槽であれば上につけても十分に水槽内を加温できます。

 

続いて、必要かどうかわかりませんが、照明を取り付けます。

f:id:katamichinijikan:20190601112841j:plain

一般的なクリップタイプの照明のクリップを取り外し、フタにネジ止めします。

f:id:katamichinijikan:20190601112843j:plain

上下左右に首振りできる照明の完成です。

一般的な電球やLEDでは水槽内の温度が上がりすぎるため、W数の極めて小さなLED電球を使用します。

私が選んだのは1.1Wのこちらの電球で、水槽内を照らしつつもほぼ発熱がありません。

f:id:katamichinijikan:20190601112855j:plain

フタ側に浅い穴を掘ってやれば、こんな感じ。

f:id:katamichinijikan:20190601112857j:plain

フタを閉める時は、内側のフックに立てかけます。

f:id:katamichinijikan:20190601112859j:plain

完成!

ということで、完成しました。

角を削って全体的に研磨していますが、無塗装です。

f:id:katamichinijikan:20190601101823j:plain

枠とガラス水槽が接する面にはスポンジを貼り付けています。

f:id:katamichinijikan:20190601101737j:plain

外側に配線をまとめるフックや、サーモスタットをかけるフックを事由に追加できるのも木のフタの嬉しいポイントです。

f:id:katamichinijikan:20190601101718j:plain

 

ガラス水槽による小鳥の飼育についてはこちら。

diy-kagu.hatenablog.com

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら