ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

【木工・DIY】普通の机をリメイクして作業机にパワーアップ!

f:id:katamichinijikan:20190724102903j:plain

1畳しかない超狭い作業場のスペースを最大限に有効活用するため改修を進めています。

1畳しかない超狭い作業場は自作したDIY用防音室です→【分解・運搬OK】賃貸向けDIY用自作防音室を作ろう!【ダイジェスト版】

 

その一環として、作業机の改修を行いました。

この作業机は元々PCデスクや勉強机として売られていたもので、タモの無垢材を使ったデスクです。

しかし、作業机としてはあまりに貧弱です。

 

スペースの有効活用という点においては各部の「出っ張り」をなくし、寸法を少し縮め、全体的に補強していきたいと思います。

奥行の短縮

f:id:katamichinijikan:20190724103354p:plain

1つ目の作業は奥行きの短縮です。

脚に比べて前後に飛び出た天板をカットします。

相変わらず音を立てたくないので手鋸です。ジグソーも試しましたが、あまり時間に差はないですね。

 

こうした出っ張りがない方が安定するだろうという見込みと、単純に作業場が狭すぎて机を少し小さくしたいという意図があります。

また、耳付きの天板なので作業机としては不便です。

f:id:katamichinijikan:20190724103522p:plain

カットするとこんな感じ。

「無垢の机」って言ったら1枚板を想像すると思いますが、どう見ても積層しています。

ただ、よーく見るとすべての層が確かにタモっぽいです。

状態の悪いタモや柔らかいタモを内側に入れて、綺麗なタモを表面に貼っているみたいです。

 

ちょっと騙された気分ですが、実用性を考えるとこれの方がいいのかも。

研磨すると大分綺麗になりました。

f:id:katamichinijikan:20190724103801p:plain

 

同様に反対側もカットします。

f:id:katamichinijikan:20190724103829p:plain

重労働。

脚の移動

f:id:katamichinijikan:20190724103954p:plain

次に机の脚を移動します。

 

普通の勉強机やPCデスクって、上の写真のように足が完璧に端っこにありません。

天板が横に突き出しています。

 

そこで、脚を天板ギリギリまで横にずらそうと思います。

 

これは、脚と脚の間の空間を広げる狙いがあります。

脚と脚の間(天板の下)は収納にすることで、スペースを有効活用しつつ、机の重量を増やして作業机としての安定性を増そうという狙いがあります。

脚の補強

f:id:katamichinijikan:20190724104208p:plain

続いて、作業机としては貧弱すぎる脚の補強です。

まずは四角く組まれた既存の脚に、筋交いを入れます。

使用するのは天板を切り詰めた廃材です。

 

適当に角度をつけてカットして、×に組んでみます。

f:id:katamichinijikan:20190724104232p:plain

机全体の補強

次に左右の脚をつなぐ板を追加していきます。

 

左右の脚の間の長さを計って、1x4材をカットしてもらいました。

 

接合にはダボを使います。チャレンジです。

f:id:katamichinijikan:20190724104405p:plain

ダボには10mmの丸棒をカットした物を使います。

f:id:katamichinijikan:20190724104528p:plain

荷締めベルトを使ってなんとか締めこみます。

f:id:katamichinijikan:20190724104634p:plain

意外と精度は悪くなかったみたいで、4本の補強の1x4材を追加できました。

f:id:katamichinijikan:20190724104647p:plain

動画で詳しく

動画投稿もしています。

何年続けても上達しないDIYですが、洗練されたDIY動画が溢れる中で、不器用な初心者が挑戦する系DIY動画があってもいい気がします。

 

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら