ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

【曲げ木】木を綺麗に曲げるための3大手法を徹底解説

f:id:katamichinijikan:20220305172507p:plain

木を曲げることでインパクトある美しい作品を生み出すことができる「曲げ木」。

木を自由自在に曲げることで、通常では難しい美しい曲線を描きだすことができます。

曲げ木には大きく分けて4つの手法があり、そのうち3つの手法は個人のDIYに取り入れることができる方法です。

規模や設備が変わるものの、大量生産の工場であっても個人のDIYであっても原理は一緒です。

1.加熱による曲げ木

1つ目の方法は木を加熱する方法です。

大きな鍋でぐつぐつと木を煮たり、水を沸騰させた蒸気を半密閉容器に送り込んで加熱する方法が主流です。

共通しているのは「水」を使用している点ですが、木を曲げるためには水は不必要である点には注意が必要です。この手の手法では水に浸す(含侵)が強調されることが多いため勘違いしがちですが、曲げに必要なのは熱であって水ではありません。

熱を効率良く、ムラなく、なおかつ焦がさずに伝えるために水を使っているだけで、重要なのは熱を加えることなのです。

(と、言われることが多いのですが実際には水も重要な役割を果たします。)

 

 

オーブンレンジを使ったり、ストーブや衣服用のアイロンを使う方法など、その手法を細分化するとキリがないほどです。

とにかく加熱できれば良い、ということで非常にお手軽な方法です。

 

その一方で、木は加熱することで発火するおそれがあります。

また、ムラのある加熱では部分的に焦げが生じ、炭化して作品に適さなくなる場合もあります。

加熱には電気や火を使いますので、くれぐれも取り扱いは注意する必要があります。

 

そんななかでも個人のDIYで人気があるのが「鍋で煮る」「スチームクリーナーで蒸す」「衣服用アイロンを使う」の3つの方法です。

1-1.鍋で煮る

 

鍋で煮る方法は、木が発火したり焦げたりする心配がなく、比較的危険度の少ない方法です。

ガスコンロやIH調理器具が使用できるため、扱い慣れた道具で挑戦できる点もメリットのひとつと言えるでしょう。

しかし、鍋に入る木材の大きさはせいぜい30cm程度で、特注の細長い鍋などを用意しない限り、大きな作品には適しません。

特注の鍋を用意するほど頻繁に曲げ木をする場合には、後述する薬品による曲げ木の方が簡単ですし、小さい木や薄い木を少量曲げるだけなら続けて紹介する衣服用アイロンを使った方法の方が手軽です。

1-2.スチームクリーナーで蒸す

 

個人で比較的大きな木材を曲げたい場合によく採用される方法です。

曲げたい木が収まるサイズの木箱を自作して、そこにスチームクリーナーの吹き出し口を差し込みます。

これだけでは箱の中が加圧されて危険なので、小さな穴をあけて蒸気の排気を行います。また、水滴になった蒸気が箱内に溜まるので底面には水抜き穴も必要です。

スチームクリーナーはリサイクルショップなどに行けばケルヒャーなどの有名メーカーのものであっても1万円以下で購入することができます。

あまりコンパクト・安価なものでは十分に加熱できないことがあるので注意が必要です。

「1-1.鍋で煮る」と似たような手法で、加熱された木材の温度は水の沸点である約100℃に達します。しかし、実は木を曲げる場合には100℃という温度は低く、あまり分厚い木材には適さない方法です。

1-3.衣服用アイロンを使う

 

特に小さな木材や薄い木材に適しているのが衣服用アイロンを使用する方法です。

直接当てた場合には焦げが出ることがあるので、湿った布を木に巻き付けたうえからアイロンで熱します。

温度は「高」を選択します。

水を介した1-1や1-2の方法に比べて手軽に高温になりますが、アイロンを押し当てた部位しか熱することができないというデメリットがあります。

そのため広範囲を曲げることは難しく、アイロンを押し当てながら木を型に押し付けて少しずつ木を曲げることになります。

加熱時間について

加熱時間は一般的に1mmあたり3分程度と言われています。

これは十分に木材全体が(内側も含めて)加熱された状態で3分程度ということです。

5mmの厚さの木材であれば15分と考えることができます。

 

ただし、手作りの道具を使った加熱では十分に熱をいきわたらせることができず、大抵の場合より長い時間が必要になります。

これは実際に試行錯誤しながら丁度良い時間を見付けていく必要があります。

同じ大きさ・同じ種類の木材であっても部位や方向によってうまく曲がらないこともあるため、経験則がモノを言う部分です。

10mm以下の薄い木材であれば30分、10mm以上の木材であれば1時間加熱し、一旦取り出して曲げてみて様子を見ると良いでしょう。

2.薬品による曲げ木

2番目の手法は薬品を使った曲げ木です。

特にアンモニアを使った曲げ木は100年ほど前に発見されて以降広く採用されています。

アンモニア以外にもアルカリ性の薬品を使うことで木の繊維内の結合を緩めることができます。

薬局でも手に入りやすい「水酸化ナトリウム」(「苛性ソーダ」とも呼ばれる)や「水酸化カリウム」(「苛性カリ」とも呼ばれる)や「アンモニア」を使う方法が一般的です。

「水酸化ナトリウム」の場合には10%程度の濃度の溶液、「アンモニア」の場合には20%程度の溶液に木を浸します。

なお、「水酸化ナトリウム」や「水酸化カリウム」は水で薄める際に発熱する特性があります。突沸の恐れもあるため扱いには注意が必要です。

 

 

常圧で含侵させる都合から、あまり厚い木材には対応できません。

常圧・常温下であれば危険は低いですが、加圧したり加熱するには専門的な知識と設備が必要です。

いずれも非常に強いアルカリ性で、眼はもちろんのこと皮膚についても危険ですので取り扱いに注意が必要です。

 

薬品を溜める容器としてはホームセンターでも手に入りやすい塩ビパイプがおすすめです。

常温下であれば十分な耐アルカリ性を持っているので、溶けてしまう心配はありません。しかし、加熱されると弱いので高温になる部屋や直射日光下での使用には注意が必要です。

 

薬品を使うことで、加熱した場合に比べて木が非常に曲げやすくなり、複雑な形状も形作りやすくなります。

一方で廃液を都度処分する場合にはコストパフォーマンスが悪く、「1.加熱による曲げ木」の方がずっと安価に曲げ木ができます。

廃液をとっておいて再利用しても良いですが、強いアルカリ性を示す溶液の保管には細心の注意が必要です。

万が一漏れ出したり高温になった場合のことを考えると「どこにどのように保管するのか?」をしっかりと検討するひつようがあります。そのため、頻繁に曲げ木をする方以外には手軽さよりも面倒くささが勝る手法と言えます。

 

強アルカリ性ということで、強アルカリ性を謳い文句にした洗剤や、排水溝の詰まりとりとして話題になった「ピーピースルー」なども曲げ木に使うことができるかもしれません。

海外のフォーラムでも実際に強アルカリ性洗剤を使用した曲げ木を試みているケースが散見されます。

しかし、「水酸化ナトリウム」や「アンモニア」を使う方法以上にコストパフォーマンスが悪いのであまりおすすめできません。

ちなみに水酸化ナトリウム水溶液のphは14(実際には14以上)、アンモニア水溶液のphは12弱、ピーピースルーや強アルカリ性の洗剤類のphは10~13程度です。

ピーピースルー 強アルカリ性洗剤の例
和協産業 ピーピースルーF 2本セット(配管洗浄剤、強力パイプクリーナー)[600g×2本] 強アルカリ電解水 ブリーズクリア 最高濃度pH13.2以上 詰替 2L×2本セット 業務用 コックなし

含侵時間について

木材を薬品に漬け置く時間は、木材の大きさや種類によって異なります。

薄めの木材であれば一旦30分程度置いてから曲げてみて、足りない場合には更に30分追加して試行錯誤する必要があります。

加熱する方法と同様に、木の種類・大きさ・部位によって必要な含侵時間は微妙に異なるため実際に試してみるしかありません。

中和処理について

中和処理については諸説ありますが「人体へ危険がないようにする」という意味では十分に水で洗い流せば十分です。

例えば、以下のWebサイトでは3~5%の過酸化水素水で中和処理するという手順が記載されています。

Wood Bending by Chemical Softening

実際には強アルカリ性の洗剤と同程度のアルカリ性溶液を使用しているので、特別な中和処理は必要ありません。

十分に水で洗い流してください。

この時にも溶液が飛び跳ねて皮膚や眼に入らないように細心の注意を払いましょう。

 

以下のようなシチュエーションでは中和処理をした方が楽になります。

  • 形が複雑で入り組んでおり十分に水で洗い流せない
  • 大量に曲げ木を行っており1つ1つ洗っていてはキリがない

後者は主に大量生産の工場のようなケースで、酸性の水溶液を溜めたプールに入れて中和させます。

3.重ね合わせによる曲げ木

1~2mm程度に薄くスライスした木は、なんの加熱や薬品を使わずとも簡単に曲げることができます。

これを活かして、薄くスライスした木を自由な形に曲げ、これを何枚も重ね合わせてボンドで接着することで曲げ木を実現する方法が「重ね合わせによる曲げ木」です。

加熱も薬品も不要な手軽な方法ですが、好きな木材を薄くスライスしようとするとバンドソーやテーブルソーといった工具が必要になります。

多量の薄板を切り出そうとするとテーブルソーでは刃の厚さがあるため無駄が多く、現実的にはバンドソーが必要です。

更にバンドソーの切断面はそれほど綺麗ではありませんので、自動カンナなどで綺麗な平面を出してやる必要があります。

シンプルな方法ですが、肝心の「薄くスライスする」という点が意外とネックになります。

また、断面はベニア板のように複数の木材が積層した様子が一目でわかるので、必要に応じて別途処理が必要になります。

 

「突板」を使う方法もありますが、割高になるのが難点です。

「突板」とは、家具などの表面に貼るために薄くスライスされた木のシートです。本物の木を薄くスライスしていますから、重ね合わせによる曲げ木にも適しています。

以前は一般向けの小売ルートはほとんど存在しませんでしたが、現在はネットショップなどを探すとたくさんのお店が見付かります。

突板を販売するネットショップの一例です。

貼り付け簡単。天然木ツキ板(突き板)シートを1枚から通販。ツキ板シート専門店

なお、大手通販サイトに出品されている「突板」は、大抵の場合お手軽に施工できるように接着剤付きです。

これは曲げ木には適しませんので、接着剤が別途必要な純粋な突板を探す必要があります。

番外:水だけを使用した曲げ木

「1.加熱による曲げ木」のなかで水単体では木は曲がりやすくならないと述べました。

しかし、実際の経験則や実例から水分を多く含んだ木材の方が比較的破損なく曲げることができると言われています。

 

十分に乾燥が済んだ材木店に並ぶ木材よりも、伐採間もない木の方が曲がりやすいというわけです。

同様に水に浸した木は曲がりやすいですが、水に浸したところで水が木の内部まで浸透することはありません。(年単位で浸したり、真空含侵などの特殊な手法を除く)

そのため最大でも3mm厚程度の薄い木材を、より柔軟にするために水に浸すことは効果がないとは言えません。

 

しかし、いずれの方法で合っても加熱や薬品による曲げ木に比べれば効果は微々たるものです。

曲げ木に適した樹種

曲げ木には樹種によって適性があると言われています。

特に硬めの広葉樹であるナラ、カシ、タモ、ブナ、ニレなどが適していると言われています。

まとめ

国内ではあまり具体的な情報が発信されていない曲げ木を始めとした木工技術も、海外へ目を向ければ様々な試行錯誤の痕跡とプロが発信する情報を見付けることができます。

「曲げ木」は英訳すると「wood bending」で、このキーワードで検索することで色々な情報を発見することができます。

英語が苦手な方であればYouTubeなどで検索することで、言っていることがわからなくても手順やイメージを掴むことができます。

ブログを書いている人

カタミチ

ご意見・お問い合わせ等:syufukc@gmail.com

プライバシーポリシーおよび広告掲載等に関する表示事項