ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【350円】中身は〇〇と一緒!?究極の格安メタルジグはこれだ!

ショアジギングや根魚、サーフヒラメなどのフラットフィッシュに重宝するメタルジグ。

しかし、根掛かりでロストすることも多く、高価な一流メーカー品を使い続けることは経済的ではありません。そうは言っても飛距離やアクションに優れた一流メーカー品を使いたい。

そんな方のために「究極の格安メタルジグ」を紹介します。

庶民の味方「格安メタルジグ」

最近ではAmazonなどの通販サイトで、1個あたり100~400円ほどの「格安メタルジグ」が販売されています。大抵の場合はセット販売されています。

 

例えば私も使っているオルルド釣具さんのメタルジグです。

オルルド釣具 メタルジグ F

 

多種多様・玉砕混合の格安メタルジグ業界では、

  • フックが弱い
  • スプリットリングが弱い
  • 塗装が弱い
  • 飛ばない・クルクル回る
  • 泳ぎ・アクションが悪い

などの問題があります。

 

基本的にどの販売元も、中国製のメタルジグを安く仕入れて販売しているだけです。

そんな中でも先ほど紹介した「オルルド釣具 メタルジグ F」は、キャスト時の姿勢も安定しており、泳ぎも良くフックなかなか丈夫な太軸のものを採用しています。完ぺきではないものの価格を考えると素晴らしい選択肢だと思います。

 

しかし安物は安物。

特段優れた点はありません。

 

こうしたジグを使っていて釣果が上がらないと、ついついジグに問題があるのではないかと疑い始めてしまいます。モチベーションも上がりません。

もちろん一流メーカーのジグを使えば解決しますが、ここではあえて 格安かつ一流メーカー並みの性能を有したジグ を紹介します。

究極の格安メタルジグ

長いこと「格安かつ一流メーカー並みの性能を有したジグ」を探し続けてきましたが、最近ようやく見つけました。

こちらのメタルジグです。

 

Levistone(レビストーン)という販売店が販売する「ジグストーン」というメタルジグです。

Amazonでしか販売されていません。

 

5色セットで1750円。1本あたり350円です。

※価格は2019年1月23日時点

格安メタルジグとしてはやや高めですが、一流メーカー製のメタルジグに比べるとグッと安いです。

 

フックはフロントにアシストフックが1本だけですから、もしトリプルフックや追加のアシストフックが欲しければ買い足す必要があります。

特に、根や岩礁帯でボトムを狙った釣りをする場合にはフロントにアシストフックが1本あるセットアップで十分でしょう。

「ジグストーン」が一流メーカー製ジグに劣らない理由

さて、この格安メタルジグが一流メーカーのメタルジグに劣らない理由を紹介します。

 

Levistone メタルジグのレビューを見るとヒントが見られます。

例のアレに瓜二つ。
多分、同じ金型を使ってるか、アレから鋳型を採取したと思われる。(笑)
本家と厳密に比較すると1ミリ程短く、その為、100均のケースにピッタリ入る。(本家はギリ入らない)

釣果は本家と変わらず。
塗装は裏面のマグマの塗りが本家より綺麗。
そして塗装の耐久性もコッチの方が強い。

Levistone メタルジグの商品レビューより引用

SCSそっくりでこの価格。非常にお買い得だと思います。お買い得感満載の価格なのに、アシストフックまでオマケして頂きありがとうございます。今後も継続して購入したいです。

Levistone メタルジグの商品レビューより引用

あれを知ってる人はまず買うでしょうね(笑)
私もメインジグであれを使ってますからこの値段はありがたい!
でもおすすめはしません
欲しいときに売り切れてたら嫌だから(笑)
ちなみにアシストフックは自分で作った方がリーダー拾いにくいですね

Levistone メタルジグの商品レビューより引用

どうやらどこかの一流メーカー品の忠実な模倣品のようです。

 

メタルジグは、金型さえあれば形を簡単に真似ることができます。

既製品から金型を作ることは簡単で、「メタルジグ 自作」などと検索すれば模倣品を素人がコピーする知識を簡単に得ることができます。ただし、コストや手間を考えると自作する意味はあまりありません。

 

ちなみに一流メーカー品というのはどこのことかは言いませんが・・・。

 

Slow Blatt Cast SLIM | PALMS | 株式会社パームス

 

PALMSは、ショアからのスロージギングの提唱者でもあります。

スローブラットキャストシリーズはスローショアジギング用のメタルジグです。

そのなかでもスローブラットキャストスリムは、スロー系メタルジグとしては細身で、ごく一般的なメタルジグと同じような使い方ができる汎用性が高いメタルジグです。

普通に買えば1本あたり約1000円する高価なメタルジグです。

Levistone ストーンジグPALMS スローブラットキャストスリムの比較

参考までに、ちょうど手持ちがあるLevistone ストーンジグPALMS スローブラットキャストスリムを比較してみましょう。

 

こちらが「究極の格安メタルジグ」である(と私が思っている)、「Levistone ストーンジグ」です。5色セットで販売され、個別に包装されています。

f:id:katamichinijikan:20190127145236j:plain

アシストフックがこのように別に付属します。潔いです。

f:id:katamichinijikan:20190127145241j:plain

 

まずは「Levistone ストーンジグ」から写真でじっくり見ていきましょう。

f:id:katamichinijikan:20190127145558j:plain

こちらは裏面です。偶然にも「PALMS スローブラットキャストスリム」に似たフォルムです。

f:id:katamichinijikan:20190127145605j:plain

真横から見るとこのような形状です。

スロージギング用ジグとしては細身ですが、それでもスロージギング用らしい片面がフラットで片面が弧を描いている平べったい形状です。やや後方に質量が集中しており、飛距離や飛行姿勢に寄与するはずです。

f:id:katamichinijikan:20190127145612j:plain

 

さて、一方で一流メーカー品「PALMS スローブラットキャストスリム」です。

f:id:katamichinijikan:20190127145617j:plain

見れば見るほど偶然にも似ています。

f:id:katamichinijikan:20190127145620j:plain

裏面の特徴的なフォルムも偶然そっくり。

f:id:katamichinijikan:20190127145628j:plain

真横から見ても偶然そっくり。

f:id:katamichinijikan:20190127145631j:plain

続いて「Levistone ストーンジグ」と「PALMS スローブラットキャストスリム」を並べてみてみましょう。

f:id:katamichinijikan:20190127145638j:plain

真横から見たフォルムは・・・・似ていますね。

f:id:katamichinijikan:20190127145640j:plain

裏面にして向かい合わせにしています。

f:id:katamichinijikan:20190127145643j:plain

裏面の独特なフォルムもなんだか似ていますね。

寸法も・・・。

f:id:katamichinijikan:20190127145646j:plain

表面のアイ周辺の彫りも・・・。

f:id:katamichinijikan:20190127145648j:plain

表面の後端の彫りも・・・。

f:id:katamichinijikan:20190127145650j:plain

おおよその重心位置も・・・。

f:id:katamichinijikan:20190127145658j:plain

 

しかし、2点だけ違いがあります。

f:id:katamichinijikan:20190127153402j:plain

一つ目はメタルジグの体高です。

同じ色ではないので目の錯覚で形状まで違って見えますが、実際に計測すると体高が最も高い部分で0.5mmの差があります。それ以外では手持ちの道具では差は見つかりませんでした。

二つ目の違いはアイの形です。

PALMS スローブラットキャストスリム」の方が綺麗な円形のアイです。

内部でどのような取り回しと形状になっているか不明ですが、見えている範囲では僅かに形が違います。

 

模倣品と呼んでいいのか、何とも言えません。

そもそも、格安メタルジグはどの製品であってもなんらかの既製品メタルジグを模倣しています(多分)。

特にスタンダードな形状のメタルジグは大抵ジグパラあたりにそっくりです。今回の「Levistone ストーンジグ」に関してはやや特殊な形状をしているため露骨に感じます。

 

ただし、メタルジグは見える部分がすべてではありません。

Levistone ストーンジグ」が「PALMS スローブラットキャストスリム」を超えることはあり得ませんし、同等ともいえないでしょう。

 スローブラットキャストスリム  ストーンジグ

の図式は絶対です。

 


・・・・・。

比較はともかく良いジグです

さて、「Levistone ストーンジグ」と「PALMS スローブラットキャストスリム」の比較は一端置いておいて、「Levistone ストーンジグ」を簡単に評価したいと思います。

もし本当に模倣品だとすると、とっくにメーカーが対応しているはずです。

 

流石に形状、重量、寸法が近いだけあって、飛距離は出るし飛行姿勢も素晴らしいです。スロージギング用のジグは、やや飛行姿勢に難があるものも多いですが、このジグは綺麗に良く飛びます。

 

また、アクションやフォール姿勢も申し分ありません。

残念ながら水中映像を綺麗に取ることができる環境はありませんが、釣り人目線でアクションやフォールの動きを見る限りは一流メーカー製と遜色ない動きをしています。

 

塗装に関しては、ネットで言われるほど悪いものではないと思います。

まず新品時点では綺麗です。

塗装の強弱については、一流メーカー製品でも岩やテトラポッドにぶつかったり、こすれたりすると剥げます。サーフで砂地を着底させながら使うとやっぱり剥げます。

これは安いジグでも高いジグでもそれほど差を感じたことはありません。

ということで、個人的には塗装が劣るとは感じません。

サーフ中心の釣り人であれば同じように感じるのではないでしょうか。

 

フックについては、ちょっと怪しいアシストフックが1本ということで、買い足しが必要になる場合があるでしょう。

ちなみに「PALMS スローブラットキャストスリム」にはDECOYのアシストフックが前2本・後1本装着されています。バランスを考えると、真似て同じフックを使うと良いでしょう。

 

最後に、総評としては飛距離・飛行姿勢・アクション・価格とすべてがそろった素晴らしいメタルジグだと思います。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら