ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【鉢植えレモン】やり方あってる?多すぎる蕾と花を摘花!

f:id:katamichinijikan:20190414123334p:plain

4月も後半に入り、気温がぐんぐんと上がってきています。

それに伴い、我が家の鉢植えレモンの蕾もボコボコと増え、花が咲き、早いものは花びらが散り始めています。

 

そこで本日は、摘蕾と摘花に挑戦したいと思います。

摘蕾・摘花とは?

摘蕾とは、蕾(つぼみ)を摘み取ること。

摘花とは、花を摘み取ることです。

 

植物は、①蕾を付け、②花を咲かせ、③実を成らせるためにたくさんの栄養を使います。

そのため実をたくさんつけすぎると、栄養が分散されて薄まってしまい、美味しくない実が出来るとされています。

つまり、多すぎる実は摘み取る必要があります。

これを摘果と言います。

 

しかし、多くの実がなるより前に蕾や花の段階で摘み取った方が、栄養を消費せずに済むわけです。

そこで、実をつける前に花や蕾を摘み取る摘蕾や摘果が必要になります。

実践

早速実践してみます。

実の数は、葉20~30枚に対して1つが適当とされています。

葉の数を数える気力はないので、程よい数に減らしていこうと思います。

 

そうはいっても、どういう基準で蕾を落としていけばいいかわかりません。

とりあえず素人考えで、以下の基準で摘蕾・摘花をすることにしました。

  • 1カ所にまとまった蕾・花は1つを残して摘み取る
  • 1本の枝に対して実が多すぎないようにする(枝が支えきれそうなくらいの量)
  • 早く育った花を残し、若い花や蕾を摘み取る

例えばこのような密集地帯。

この写真に写る範囲だけで、100以上の蕾や花があると思います。

f:id:katamichinijikan:20190420135250j:plain

これを摘み取って、こんな風になりました。

f:id:katamichinijikan:20190420135252j:plain

こんなやり方で合っているのか、不安ばかりです。

f:id:katamichinijikan:20190420135259j:plain

▼摘み取った蕾たち

f:id:katamichinijikan:20190420135302j:plain

こんな調子ですべて摘蕾・摘花を済ませて、見た目が大分地味になりました。

f:id:katamichinijikan:20190420135314j:plain

果たして摘み取りすぎていないのか、これで良かったのか?

次は実が育ってきたころに報告します。

f:id:katamichinijikan:20190420135317j:plain