ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

ノートPC筐体を捨てて自作ケースで完全デスクトップ化する#3【DELL Inspiron 15 Gaming 7567】

f:id:katamichinijikan:20190614144904p:plain

ファンから異音の出始めたDELL Inspiron 15 Gaming 7567を修理する代わりに、ノートPCの筐体を捨てて、ケースを自作して完全にデスクトップPC化します。

 

ロマンがあるものの無駄は多く、得られるものが少ないアイディアです。

 

▼なかなか踏ん切りがつかずに「案」や「検討」と題して色々と事前調査を重ねていました。

ノートPC筐体を捨てて自作ケースで完全デスクトップ化する案

ノートPC筐体を捨てて自作ケースで完全デスクトップ化する検討

 

今回は実行を決意し、実際に作業を進めていきます。

パソコンを壊す可能性も高いリスキーな計画です。

唯一のPC、メインPCで実行するなんて馬鹿としか思えません。これでお仕事してるのに。海外から部品を調達すれば(たぶん)2000円で直るのに。

あらすじ

ノートPCのファンが破損し、修理を見積もりするとなんと2万円。

部品だけ取り寄せても1万円以上と高額です。

 

ノートPCの小さくて貧相なファンのためにこんな高額な修理代は出せん!ということで思いついたのが「ノートPCデスクトップ化」です。

「ノートPCの中身を取り出して、適当な箱に詰めればいいじゃん」っていうアイディアです。

 

今回はファンが壊れているということで、既存のファンは撤去してデスクトップPCで使用するCPUクーラーやケースファンを使用して冷却します。

CPUクーラー(Cooler Master Hyper H412R)、ケースファン(Corsair ML140)をそれぞれ2台購入しました。

Corsair ML140は元々2個入り

 

前回は、ノートPCを完全にバラバラにして必要な部品を取り出し、CPUクーラーをなんとか取り付けました。

f:id:katamichinijikan:20190611130857j:plain

 

▼前回の記事

ノートPC筐体を捨てて自作ケースで完全デスクトップ化する#2【DELL Inspiron 15 Gaming 7567】 

ケースの製作

早速ケースを制作して、PCを仕上げていきます。

 

ケースは構想段階で掲載したように、こんなふうなシンプルな箱型です。

f:id:katamichinijikan:20190605125911p:plain

素材はインテリア性を考えつつも安くて丈夫なアカシアの集成材を使います。

 アカシア集成材【15×300×910mm】

購入先はいつも通りのオカモク楽天市場店さん。

 

箱型に組み上げる前に、いくつかの加工を施していきます。

丁番の取り付け

始めに、PCケースの開閉部に丁番を取り付けていきます。

f:id:katamichinijikan:20190627144419p:plain

使用するのはスガツネの面付丁番という製品です。

いわゆるスライド丁番と同じ動きをしますが、掘り込みが不要です。

キャッチ付きを選択しました。

 

これを慎重に位置合わせしながら取り付けていきます。

マザーボードを乗せると思いの外余裕がなく、位置合わせを何度かやり直しながらギリギリで取り付けることができました。

f:id:katamichinijikan:20190627144903p:plain

ケースファンの取り付け 

次のケースファンの取り付けです。

f:id:katamichinijikan:20190627144959p:plain

ケースファンを取り付ける板にあてがい、現物合わせて位置を確認していきます。

140mmのファンなので、140mmの穴をあけていきます。

 

大きな穴で、ホールソーも持ち合わせがないため四苦八苦して穴をあけ、最後にやすりで整えました。

f:id:katamichinijikan:20190627145209p:plain

 

ファンはM4のボルトで取り付け、表側に突き出たボルトをそのまま使ってフィルターや保護カバーを取り付けました。

f:id:katamichinijikan:20190627145237p:plain

ボルトは黒いキャップボルト、ナットは黒い袋ナットを使ったので、ボルトナットが目立たずにいい感じに仕上がりました。

スイッチと配線穴

次に吸気ファンがついた前側に、スイッチを取り付けます。

スイッチはこちらを購入しました。

 

16mmの穴を開ければ、後はスイッチ自体がボルト・ナットになっているので簡単に取り付けできます。

 

これは組み上げた後の写真ですが、こんなふうにスイッチは収まります。

f:id:katamichinijikan:20190627145704j:plain



次に排気ファン側に配線を通す穴を開けます。

当初は30mmの穴を開ければ十分だろうと見込んでいましたが、マザーボードと排気側の板の距離が近すぎてどうにもなりません。

仕方がないので長孔にしました。

先日買った2万円のバンドソーが大活躍です。

f:id:katamichinijikan:20190627145910p:plain

こんなふうに、USBやHDMIポートが壁ギリギリにあるので、長孔でないと物理的に通せませんでした。

f:id:katamichinijikan:20190627145752p:plain

組み上げ&完成

最後に全体を組み上げます。

ボンドで十分な構造ですが、乾燥を待つのも面倒くさい(PCを早く使いたい)ので、内装ビスを使って軽くビス止めもしてあります。

f:id:katamichinijikan:20190627150216p:plain

 

いくつかの問題もありましたが、無事に完成しました。

設置した様子がこちらです。

f:id:katamichinijikan:20190627150310j:plain

見ての通り、面取りも表面仕上げも何もしていません。

早くPCを使いたかったというのもありますが、何よりアイディアがありません。

留め加工などもしておらず、面取りをした方が仕上がりは綺麗ですが、面取りをしないほうが好みではあります。

表面はせっかくのアカシアの集成材なので、シンプルに磨いてオイルだけ塗るのが無難な気がします。

 

引きで見るとこんな感じ。

f:id:katamichinijikan:20190627150324j:plain

ケース内に普段使うケーブル類を接続するUSBハブを仕込んでいるので、配線はかなりスッキリしました。

電源ケーブルや各種ケーブルも、一つの出口から出ているのでより一層スッキリしたように感じます。

さいごに

無事に終わったノートPCのデスクトップ化ですが、途中いくつかの問題が発生して「やらなきゃよかった」と何度も思う羽目になりました。

基本的に中身をそのまま移植するだけで、難易度は高くありません。

どちらかというとPCケース作りが腕の見せどころと言うか、一番楽しめるポイントだと思います。

 

ひとつ注意点があるとすれば、大きくなることです。

例えば私が作ったPCケースのサイズは幅23cm奥行き45cmもあります。

これでもギリギリで、色々な妥協と工夫でなんとか収めることができました。

もうひと回り大きければ、苦労なく自由度も高い作りが出来たのになぁというのが素直な感想です。

 

もしノートPCをデスクトップ化しようという方がおられましたが、マザーボードより2回り以上大きいサイズでケース作りをすると良いと思います。

Youtubeにも投稿しています

このデスクトップ化はYoutubeにも投稿しています。

実はだいぶ前から声がかなり出づらくなってしまい、通院していました。

まだ治っていないのですが、声出しのリハビリのために動画をはじめました。

Youtubeの収益化の条件はかなり厳しいらしく、タレント性の欠片もないので、喉が治ったらやめると思います。

前編

www.youtube.com

後編

www.youtube.com

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら