ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

【Google AdSense】収益激増!「既存の広告ユニットを最適化」した場合の広告収益の変化を検証してみた。

Google AdSenseの「自動広告」設定ページを開くと「既存の広告ユニットを最適化しますか?」という設定項目が存在します。

 

これはデフォルトでオフになっているのですが、オンにした場合に広告収益がどのように変化するのか検証してみることにしました。

なお、この「既存の広告ユニットを最適化」する設定の概要はヘルプページによれば以下の通りです。

既存の広告ユニットと自動広告を一緒に最適化して、最も高い成果が得られる広告プレースメントに広告が掲載されるようにする場合は、このオプションをオンにします。

曖昧過ぎて何をどうしてくれるかイメージがつかないところですが、私の推測としては以下のような感じだと思います。

  • 手動で設定した広告と自動広告で挿入された広告の数が多すぎる場合には減らす
  • 手動で設定した広告と自動広告で挿入された広告の位置の最適化(近すぎる位置に表示しない、遠すぎる場合には追加するなど)
  • 手動で設定した広告が無効あるいは適切でないと判断された場合には自動的に最適なスタイルの広告を挿入する

なにはともあれ実際にこの設定を切り替えて、1週間ずつデータをとってみたので紹介します。

最適化オフの1週間(当ブログ)

まず始めに最適化設定をオフ(デフォルト)の状態にした場合の当ブログの1週間のデータです。

    PV ページ内 記事内 アンカー モバイル
全画面
イン
フィード
没入型
全画面
1日目 金曜日 2,235 5282 3235 1107 92 0 1
2日目 土曜日 2,693 6486 4313 1496 126 0 1
3日目 日曜日 2,861 6595 4549 1633 139 0 0
4日目 月曜日 2,511 6430 3823 1310 107 0 0
5日目 火曜日 2,292 5481 3400 1180 100 0 0
6日目 水曜日 2,406 5851 3486 1155 101 0 0
7日目 木曜日 2,232 5426 3317 1095 88 0 0

ここでは「ページ内」「記事内」「アンカー」などの広告タイプごとの表示回数を表記しています。

収益を公開するとよろしくないとブログ界隈でまことしやかにささやかれているので、収益は明かさずに比較(パーセンテージ)だけ表示したいと思います。

最適化オンの1週間(当ブログ)

 続いて「最適化」をオンにした状態の1週間のレポートです。

その他の設定は何も変えていません。

    PV ページ内 記事内 アンカー モバイル
全画面
イン
フィード
没入型
全画面
8日目 金曜日 2,077 5820 3174 1050 86 579 5
9日目 土曜日 2,535 7324 4251 1519 109 985 1
10日目 日曜日 2,894 8317 4604 1691 121 1138 1
11日目 月曜日 2,269 6604 3393 1163 86 801  
12日目 火曜日 2,371 6984 3563 1237 100 964 3
13日目 水曜日 2,333 6874 3456 1189 92 854 5
14日目 木曜日 2,069 6099 3155 1042 92 772 3

ここで明確にわかるのは「インフィード」「没入型全画面」広告が激増している点です。

特に「インフィード」は全く使われていなかったところが毎日500~1000回以上も表示されています。

PVに関しては誤差の範囲ですが、オンにした1週間の方が総数は少ないくらいです。

 

具体的にはオフの1週間はPVの合計が17,230。

一方でオンの1週間は16,548です。

 

これに対して広告すべての表示回数の合計は面白いことにオンの方が上回っています。

オフが77,405回に対してオンが89,306回です。

 

最適化をオンにすることで広告の表示回数がグッと増えていることがわかります。

ただ、自身で確認する限りは見にくくなったとか、広告が増えたような印象は受けていないのが不思議です。

僕の1億倍くらい賢いGoogleの自動最適化機能なのでうまいことやってくれているのでしょう。

 

最後に収益はというと広告の表示回数増に釣られてか増加しています。

金額は伏せますが、パーセンテージにして114%となっています。

広告の表示回数の増え方が115%であることを考えると表示回数が増えた分、収益も増えていることがわかります。

最適化オフの1週間(別ブログ)

次にこのブログとは別に運営するブログ(中古BMWに乗ろう!)のケースです。

    PV ページ内 記事内 アンカー モバイル
全画面
イン
フィード
没入型
全画面
1日目 金曜日 771 2132 951 320 33 0 2
2日目 土曜日 761 1999 992 344 37 0 0
3日目 日曜日 967 2234 1072 455 47 0 0
4日目 月曜日 759 2100 891 346 33 0 0
5日目 火曜日 805 1887 875 346 40 0 0
6日目 水曜日 817 2107 972 291 30 0 0
7日目 木曜日 685 1892 887 258 22 0 0

同じく広告タイプごとの表示回数を表記しています。

収益を公開するとよろしくないとブログ界隈でまことしやかにささやかれているので、収益は明かさずに比較(パーセンテージ)だけ表示します。

最適化オンの1週間(別ブログ)

 続いて「最適化」をオンにした状態の1週間のレポートです。

その他の設定は何も変えていません。

    PV ページ内 記事内 アンカー モバイル
全画面
イン
フィード
没入型
全画面
8日目 金曜日 539 1952 807 269 26 359  
9日目 土曜日 799 2307 920 362 39 536  
10日目 日曜日 972 2735 1077 461 67 613  
11日目 月曜日 884 2510 987 379 44 532  
12日目 火曜日 755 2258 900 380 45 558 1
13日目 水曜日 728 2167 886 329 40 483  
14日目 木曜日 610 1743 686 247 24 407  

こちらも当ブログと同じ傾向が見て取れます。

全体的に広告の表示回数が増加し、これまでなかったインフィード広告が激増しています。

 

こちらはPV自体が少ないのでデータとしてはブレが大きく比較には向かないのですが、オフに比べてオンのPVが減っているにも関わらず広告の表示回数と収益は増加しています。

 

特に収益の増加は顕著で、なんと217%です。2倍以上です。

広告の表示回数が116%であることを考えると劇的な変化と言えます。

 

面白い点は広告の表示回数が当ブログと別ブログ共に116%程度で同じであるという点です。

 

元々この2つのブログは私が作っているだけあって広告の表示パターンも似通ったものでした。

ここにGoogleの「既存の広告ユニットを最適化」を施したことで、記事数も内容も全く異なる2つのブログが同じように広告の表示回数を増しています。

まとめ

これまでなんとなくオフのままにしていた「既存の広告ユニットを最適化」機能ですが、オンにすることで広告の表示が最適かされるだけでなく収益も増加しました。

 

この機能ではデフォルトでオフになっているようですから、試しにオンにして検証してみる価値はあると思います。

 

Googleが自動的に行う最適化以上に素晴らしい広告配置が出来ている場合を除けば、収益アップが期待できそうです。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら