ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

【DIY用自作防音室#5】分解・運搬OK!賃貸DIYに特化した防音室を作りたい(準備編)

f:id:katamichinijikan:20181207162946p:plain

 

2019年5月9日加筆修正

賃貸(アパート・マンション)における木工や家具つくりといったDIYのための防音室を作りたいと思います。

自作防音室に関する情報は数あれど、その多くは音楽用です。

今回はDIYなどの作業用に特化した防音室を製作したいと思います。

また、据え置き型の防音室製作は簡単ですが、今回は賃貸向けということで引っ越しも視野に入れます。

分解・組立が容易であること、そして運搬性、収納時の収まりの良さなども重要なポイントです。

 

ポイントは以下の3点です。

  • 階下への防振性・防音性に優れる
  • 軽量で運搬しやすい部品に分割可能
  • 分解した状態でコンパクトにまとめられる

あえて入れませんが、もちろん安く!目標は5万円以下です。

 

こちらの続き。

 

DIY用自作防音室の制作記は9記事に及ぶ長編です。1記事にまとめたダイジェスト版を用意していますので、手っ取り早く内容をチェックしたい方はダイジェスト版をご覧ください。

前回のおさらい

前回は防音室について調べ込み、設計を見直しました。

最終的に幅1820mm奥行1200mm高さ1920mmという寸法で、38mm角の赤松の荒材を骨組みとして合板で箱を制作し、全面二重構造の防音室を制作することにしました。

防音は、遮音材として遮音シート、吸音材としてロックウールおよびグラスウールをベースにした仕上げパネルを採用します。

詳しい構造や木取り図は前回の記事で紹介しています。

【DIY用自作防音室#4】分解・運搬OK!賃貸DIYに特化した防音室を作りたい(設計・必要部材・木取りの紹介編) - ドリリウム

部材の準備

早速、ホームセンターや通販サイトを利用して部材を集めました。

 

まずは材料となる木材です。

f:id:katamichinijikan:20181216185334j:plain

2x4材 8フィート(2440mm):5本 4,035円

赤松荒材 38mm*38mm*3000mm:18本(6本束*3束)7,623円

針葉樹合板 910mm*1820mm(12mm厚):3枚 4,146円

ラワン合板 910mm*1820mm(4mm厚):8枚 6,456円

 

次に内装仕上げ材であるクリアトーンです。グラスウールをベースに作られており、吸音効果があります。

f:id:katamichinijikan:20181216185341j:plain

吸音パネル(大建工業 クリアトーン9)(18枚入り):2箱 6,746円

こんな質感です。

f:id:katamichinijikan:20181216185346j:plain

次に遮音シートです。これが1巻き20kgと非常に重いです。

f:id:katamichinijikan:20181216185351j:plain

遮音シート(大建工業 遮音シート) :2個 7,180円

 

こちらは吸音材のロックウールです。

4坪分。かなり重いです。

f:id:katamichinijikan:20181216191640j:plain

ニチアス ホームマット(20枚入り):1個 6,990円

 

その他にボンドやボルト類、910mm幅をクランプ出来る道具がないため代用品として荷締めベルト、電動タッカー等々を購入しました。

f:id:katamichinijikan:20181216185358j:plain

電動タッカーは思いのほか音がうるさいものの、非常に便利です。

3,980円の安い電動タッカーですが、素晴らしい性能です。

詳しくはこちらで紹介しています。

【レビュー】電動タッカー「高儀 EARTH MAN DTK-45A」 DIY好きに絶対オススメ! - ドリリウム

 

荷締めベルトはこんなやつです。大型クランプを買うよりずっと安価です。

f:id:katamichinijikan:20181216185407j:plain

こちらは防音室全体の振動を防ぎフローティングさせるための柔らかめの小さいゴム足です。

f:id:katamichinijikan:20181216191732j:plain

その他細かいものを買い足して、最終的に総額は61,948円となりました。

製作を進めるなかで、また買い足すものも出てくると思います。目標だった5万円は達成できませんでしたが、かなり安く仕上がったと思います。

もし分解や運搬を考えない構造であれば、木材がグッと減り、石膏ボードも使用できますから余裕で5万円を切ることはできたでしょう。

 

実は既に製作を始めているのですが、なかなか想定通りには進まず、部材の選定を誤ったと思うところもありました。

詳しくは次の製作編へ続きます。

 

▼製作(前編)

diy-kagu.hatenablog.com

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。