ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

バサモルは時間が経っても硬くなったり接着しません

f:id:katamichinijikan:20220108141409p:plain

外構工事やお庭のDIYでも使用される「バサモル」。

セメントと砂を混ぜて少量の水と混ぜ合わせるだけという手軽さから積極的に使用を検討している方も多いと思います。

 

ここではバサモルに関する大きな勘違いポイントである接着性硬化性を現物の写真を交えながら解説します。

20年経過したバサモルの様子

早速ですが、こちらはお庭の地面に踏石を設置するために施工されたバサモルです。

施工から約20年経過しています。

f:id:katamichinijikan:20220107122904j:image

御影石の踏石の形にはっきりとバサモルが残っています。

このように綺麗に剥がれていることから分かる通り、バサモルの上にブロックを置いて水を掛けたところで接着力は一切ありません。

つまり、バサモルの上に施工した踏石やレンガが浮き上がろうとしたり、左右にズレようとしたときには全く無力ということです。

バサモルの硬さと強度

続けて硬さや強度はどうでしょうか?

先程お見せした、約20年経過したバサモルの下にスコップを入れてみました。

f:id:katamichinijikan:20220107123118j:image

手持ちのスコップで簡単に崩すことができてしまいました。

このように、バサモルには強度はありません。粘りも硬さもありませんから、使い所には注意が必要です。

 

コンコンと打ち付けると、簡単に崩れてしまいます。

f:id:katamichinijikan:20220107134021j:image

バサモルの使い所

これまで写真を交えて説明したように、バサモルには接着性や強度は期待できません。

それではバサモルが必要になるのはどのような場所なのでしょうか?

また、バサモルを使うべきではないのはどのようなシチュエーションなのでしょうか?

 

大前提として、バサモルには強度や接着力がありません。

つまり、浮き上がったりズレたりする可能性がある場所や、車などの重量物が乗る可能性がある場所には不向きと言えます。

一方で、そうした心配のない大きな踏石や広い範囲を覆うようなレンガ敷きやブロック敷きには有効です。

 

例えば大きな踏石を土の上に置いてしまうと、日々の使用や雨による土の流出で踏石が傾いたりガタツキが出る場合があります。

こうした状況で、土の上にバサモルを数cm敷き詰め、平らに均した上で踏石を設置します。

バサモルは時間が経ったり水が浸透しても強度も接着性も出ませんが、ある程度固まって水で流出することがありません。

 

このように、バサモルにはこんな効果が見込めます。

  • 水で流出しない
  • それなりに固まる
  • 平らに均しやすい
  • 砂とセメントだけで手軽に作れる

このような効果と強度や接着性がないという特徴を踏まえて、バサモルの使用を検討してみると良いと思います。

ブログを書いている人

カタミチ

ご意見・お問い合わせ等:syufukc@gmail.com

プライバシーポリシーおよび広告掲載等に関する表示事項