ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

【BMW】リザーバータンクが2つある

最近のBMWの各モデルには、リザーバータンクが2つあります。

1つはオイルフィルターハウジングあたりから、もう1つはインテークマニホールド(インタークーラー)あたりからクーラントが流れるホースが伸びています。大きい方はオイルフィルターハウジングあたりから、小さい方はインテークマニホールドから接続されています。

大きな方はリザーバータンクとか、リザーブタンク、エクスパンションタンク等々と呼び名はありますが、いわゆるクーラントの余剰分が溜まるリザーバータンクです。小さい方も目的は一緒で、呼び名も全く同じでリザーバータンクですが、差別化のために補助タンクとかインタークーラー用タンクなどと呼ばれます。

ここら辺は、往年のBMWであれば定番の故障箇所でしたが近年は品質も向上し、国産車と比べて劇的に故障(寿命)が短いということはなくなりました。結果としてあまり情報も出回らなくなりました。

機能的には2つのリザーバータンクが必要だったわけではありません。モデルやエンジンの世界的なバリエーションの強化と、部品の共通化のための仕様と思われています。(小さい方のリザーバータンクがないモデルも存在するという意味)

ブログを書いている人

カタミチ

ご意見・お問い合わせ等:syufukc@gmail.com

プライバシーポリシーおよび広告掲載等に関する表示事項