ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / BMW / 地方移住 / ルノー・ルーテシア

iPhone 11 Pro Maxを購入して一眼レフカメラを手放しました

今更ながらiPhone11ProMaxを購入しました。

なぜ今このタイミングで購入したかと言うと、単純にiPhone8の調子が悪くなったからです。

スマートニュースなどのニュースアプリを閲覧しているだけで発熱して動きがガクガクになってしまう症状で、色々手の打ち様はあったかもしれませんが2年以上使用してきましたので買い換えることにしました。

性能的には十分満足していたのでバッテリーを交換して使い続けるなどの選択肢がなかったといえば嘘になります。

 

というかそのつもりでした。

 

 

それにも関わらず、買い替えに至った大きな理由がカメラを手放すと言うことです。

 

僕が所有しているカメラはミラーレス一眼の入門機である「CANON EOS Kiss M」です。

こちらの記事で購入時にレビューしていますが、僕の用途には十分な性能を有していました。

【レビュー】大柄な男 × EOS Kiss M:手のひらサイズのミラーレス一眼カメラ - ドリリウム

 

しかし、残念なことにここ最近は出番が減っていました。

元々商品写真の撮影用やこのブログを初めとしたWebサイト用の写真撮影のために購入したカメラだったわけですが、色々な事情があって商品写真を撮る機会が減ってしまいました。

更に、Webサイト用の写真もスマホで済ませることが増えてきました。

プライベートにカメラを持ち出すかといえば全くそんなことはありません。

基本的に出かける際には手ぶらが一番だと思っている人間なので、カメラを持ち運びたくないのです。結局出かけた先でも常に持ち歩いているスマホで撮影していました。

 

 

もう、カメラいらないよね。

 

 

気がついてしまってからは早かったです。

さっさと梱包を済ませてヤフオクに出品。なかなかの価格で落札されました。

カメラってすごい。

 

そして、カメラの代替としての性能を求めて手に入れたのがiPhone11 Pro Maxです。

現状手に入る最高クラスの1台だと思います。

カメラ性能は当然iPhone8を大きく上回っており、不満などあるはずもありません。

プライベートではゲームすらしないため過剰スペックも良いところですが、一眼カメラの代替とするための選択です。

 

 

やはり、カメラは普段から持ち歩いてこそだと思います。

撮りたいと思った時に撮れることこそ、カメラにおいて最も重視すべき点です。

少なくとも僕の場合にはそうです。

 

その点で、常に持ち歩くスマホに搭載されるカメラというのは非常に頼もしい存在です。

 

iPhone11 Proの三眼カメラは見た目の評価はともかくとしてカメラの性能は抜群に良いです。

ブログやちょっとした商品写真であれば、これ1台で事足りてしまいます。

特別なクオリティを求めた写真や、作品としての写真を撮るには物足りないかもしれません。

しかし、そうではない日常使いのカメラとしては最早iPhone11は多くの人を満足させる領域にあると感じています。

 

特にコンパクトなデジカメやミラーレス一眼を使われているユーザーで、スマホに乗り換えるという方は多いのではないかと思います。

特にここ最近のスマホのカメラ性能の向上は目覚ましいものがありますから、そうしたユーザーがどんどん増えていても不思議に思いません。

 

そんなことを思いつつ僕の買い替えの経緯とその結果についてだらだらと描いてみました。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

▼釣り具の宅配買取なら