ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【1000円200g】安くて重いハンドルバーエンドが欲しければスズキ純正を選べ!

社外品の重いハンドルバーエンドって高くないですか?

例えばこちらのポッシュの製品は5000円台。デイトナやキジマもほとんど同じ価格です。所詮はただの金属塊なのに高すぎる気がします。

一方で有名メーカー製以外の安いハンドルバーエンドは軒並み軽量でファッション性重視です。こちらの商品なんかは500円です。このくらいの価格帯でも選択肢は豊富ですが、重いハンドルバーエンドは見つかりません。

ハンドルバーの振動軽減を考えるのであれば、重さは重要です。

ハンドルバーエンドの重量は100gを越えてくると「重い」と言われ始めるようです。先ほど紹介したポッシュのハンドルバーエンドはおそらく最も重い商品で300gを越えています。

 

私のSUZUKI ST250 E typeの純正ハンドルバーエンドは200gちょいあります。

▼これ

f:id:katamichinijikan:20181227191540j:plain

純正は社外品なんかより高いんだろうなぁと思って調べてみるとなんと1000円で購入できることがわかりました。しかも、Amazonなどの通販サイトで購入可能です。

残念ながら通販サイトでは商品画像がないのですが、リンク自体は以下の通りです。

ごくシンプルな形状の200gのハンドルバーエンドが2個セットで1000円で購入できます。 内径22mmのハンドルで、ゴムを押しつぶして固定するタイプです。

f:id:katamichinijikan:20181223082449g:plain