ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【SUZUKIのバイク】エラーコードの確認方法 - FIランプ点灯時や異常発生時に【ST250】

SUZUKIのバイク全般におけるエラーの診断方法を紹介します。

多くの二輪車、四輪車と同じようにSUZUKIのバイクでも診断機能が搭載されており、FIランプを使用して異常の原因を診断することができます。なお、エラーが記録される場合には多くの場合FIランプが点灯します。FIランプが点灯した場合や、何か体感できる異常があった場合には自身でエラーコードを確認してみるのも良いでしょう。

 

今回は私の2012年式ST250 E typeを例に紹介します。

ST250 E typeは非常にシンプル・安価に作られたバイクで、メーカーは昔ながらのアナログメーターです。

f:id:katamichinijikan:20181112134223j:plain

まずは車体右側面のカバーを外します。

矢印で示したボルトをマイナスドライバーや十円玉などで回してはずします。3点で固定されており、ボルト以外ははまっているだけです。

f:id:katamichinijikan:20181112134551j:plain

そうするとバッテリーやヒューズボックスが見えますが、その横にあるこの黒いゴムカバーに隠れた白いコネクタが診断機能のスイッチです。

f:id:katamichinijikan:20181112134633j:plain

ゴムカバーを外すと6ピンコネクタがあります。4ピン使用されています。

f:id:katamichinijikan:20181112134632j:plain

根元を見ると、手前に赤白と黒白の線、奥に橙白と水色の線が見えます。診断機能を使うには赤白と黒白の線をつなげてやります。

f:id:katamichinijikan:20181112134640j:plain

コネクタを向かってみると右側の上下ですね。くれぐれも配線の色をよくご確認ください。

f:id:katamichinijikan:20181112134637j:plain

適当な被膜を向いたコードやクリップ、針金などを差し込みます。

f:id:katamichinijikan:20181112134642j:plain

 

これでキーをONの位置に回すと、エラーがある場合にはFIランプが点滅します。あるいはデジタルメーターのバイクの場合エラーコードをそのものが表示されます。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら