ドリリウム

熱意を持って続けていると勝手に集まる知識や経験、役立つことや好きなことを記事にしています。高知、釣り、DIY、バイク、車、家具作り、アクアリウム、コーヒー。

【自作フィルター】超使い勝手の良い100円ボトルで自作フィルターを作ろう

f:id:katamichinijikan:20180719102208p:plain

100均グッズで水槽用のろ過フィルターを作成する手順を紹介します。

 

最近スーパーや薬局、そして100均でこのような「ウォーターボトル」が販売されています。 (DAISOJAPAN 公式ツイッターより)

f:id:katamichinijikan:20180719102452j:plain

  • シンプルな円柱形状
  • 硬い素材
  • パッキン付きの平面な蓋
  • 大きな口

以上4点が特徴です。

これが加工のベースとしてとても使い勝手が良いんです!

このボトルを使って発酵式CO2添加装置も作成しました。

diy-kagu.hatenablog.com

必要な道具

1.100均ウォーターボトル

まず始めに100均ウォーターボトルが必要です。

100均でなくても構いません。スーパーや薬局、ネットでもほぼ同じ形状の商品が手に入ります。 

2.ドリル

続いてウォーターボトルへの穴あけのためにドリルが必要になります。

もし手持ちがなく、DIYに興味があるのであれば、安物で構わないので買っておくと良いでしょう。なお、安価な製品を選ぶ場合にはコード式を選びましょう。安いバッテリー式はパワー不足に悩まされる可能性があります。 

▼高儀のドリルは安いドリルの定番で、ユーザーも多くおすすめできます。

3.水中ポンプ

 次に水中ポンプが必要になります。

もし手持ちの不要になったフィルターがあれば、水中ポンプだけ取り出して流用することができます。もし手持ちがないのであれば、安価な水中ポンプが通販で手に入ります。大抵は500円ほどでこうした小型の水中ポンプが手に入るはずです。 

流量は毎分3Lもあれば十分でしょう。

なお、私はGEX サイレントフローが不要になっていたので、水中ポンプだけ取り出して使用しました。

4.ろ材

ろ材はなんでも構いません。

参考までに現在主要な通販サイトのなかで最も安く購入できるであろうろ材はAmazonで販売されているコトブキのダブルバイオです。

5.接着剤

水槽用のバスコークがおすすめです。

安く、安心して水槽用に使用することができます。

また、手持ちの粘性が高い接着剤やコーキング材でも代用可能です。

作り方

1.水中ポンプを取り付ける

まずは底面に穴をあけて、水中ポンプを取り付けます。

ウォーターボトルの底面は凹面になっています。少し穴あけがしづらいですが、素材自体がそれほど強いものではないため、細いドリルで下穴をあけてからポンプの吐出口サイズの穴を開けましょう。穴は大体の大きさでOKです。

f:id:katamichinijikan:20180430122942j:plain

こちらが水の入り口となります。

空いた穴に水中ポンプの吐出口を差し込み、バスコークで接着しましょう。この際に、隙間ができないように水中ポンプとウォーターボトルの隙間に充填してやると良いです。

f:id:katamichinijikan:20180430122955j:plain

また、水中ポンプにはカバーがあり、カバーをあけることでインペラなどをメンテナンスすることができます。長期間の使用を想定している場合には、バスコークが水中ポンプのカバーをふさいでしまわないように注意してください。

注意

今回は最も作業性がよく、なおかつフィルターとして機能することを目的にしています。本来であればボトル内の水の出口側に水中ポンプを設置すると水中ポンプに優しい設計になります。

私は隔離水槽など臨時で使う水槽にこのフィルターを使用しており、使用期間は1回あたり長くても2~3か月です。2~3か月の使用であれば、案外詰まりもなくたまにポンプを流水で洗う程度で使えてしまうものです。

2.水の出口を作る

一方で蓋側は水の出口になるので、穴をあけておきます。

f:id:katamichinijikan:20180430122951j:plain

穴の大きさや間隔、数などはお好みで開けてみてください。

3.ろ材を詰める

フィルター自体はもう完成しています。

ここにろ材を詰めましょう。私の場合には隔離水槽などの臨時用途に使うことを想定しています。そこで物理ろ過をメインとするためにスドー ハードマットをサイコロ状にカットしました。

f:id:katamichinijikan:20180430122957j:plain

そして残りのスペースには、小粒の溶岩石を入れました。

いずれも手持ちにあったから使ったというだけです。ハードマットと溶岩石の間には仕切りにウールマットを丸くかっとしたものを入れています。

入り口側から硬いスポンジのキューブウール(ただの仕切り)小粒溶岩石です。

稼働!

以上でおそらく最もお手軽&お手頃な自作水中フィルターの完成です。

f:id:katamichinijikan:20180430123000j:plain

この発泡スチロールが何かというと、先日ガサガサをして取ってきた魚たちがいます。川の水から徐々にカルキ抜きした水道水に合わせつつ、トリートメント中です。1か月くらい経って元気そうであればメインの水槽に合流させるつもりです。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村