ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

【穴釣りロッド自作】バスロッドを改造して穴釣りロッド制作!

f:id:katamichinijikan:20180722202001p:plain

穴釣りロッドはなんだかおもちゃみたいなのが多いので、自作しました。

▼市販されている穴釣りロッドの例

まずはタックルベリー(中古釣具屋)で、バス用のベイトロッドを700円で調達しました。5.6フィートの2ピースロッドで、1/2ozまでのルアーを投げられます。もっと柔らかい方が穴釣りには適していると思うのですが、安さ優先で選びました。

f:id:katamichinijikan:20180131173006j:plain

これの手元側を根元から切断します。

f:id:katamichinijikan:20180131173018j:plain

次に先端側のピースのうち、一番根本のガイドを除去します。ライターであぶると接着が溶けて取り外すことができます。臭いので注意。

f:id:katamichinijikan:20180131173020j:plain

根本側にそのまま差し込むとガタガタなので、大体のセンターを出すためにテープを巻きます。

f:id:katamichinijikan:20180131173023j:plain

これに、エポキシ接着剤を塗りたくって突き刺したら完成です。

 簡単な作業なので、5分硬化型がおすすめです。

なお、よくある失敗として、エポキシ接着剤は死ぬほどかき混ぜないと強度がでません。2液を真っ白になるまで、それこそ10分くらいひたすらかき混ぜます。これが足りないと強度が劇的に落ちます。かき混ぜすぎて、真っ白い塊になった納豆のイメージです。今の接着剤技術は半端ないので、センター出しがガムテープでもきちんと接着できればかなりの強度が出ます。

 

で、30分もすれば完全硬化しています。

f:id:katamichinijikan:20180201132942j:plain

接着部から接着剤が漏れ出し、これを綺麗に拭いたつもりがちょっと汚かったので、手持ちの麻の紐を巻き付けてみました。これで完成です。手でしならせた感じ、強度は問題なさそうです。

 

ただ、やはりベイトロッドで穂先が硬いので、食い込みをよくするために、グリップはベイトロッド、穂先は別の柔らかめのロッド(トラウトロッドやメバリングロッド)を使った方が良さそうです。

 

追記

25cmくらいのなかなか良い型のカサゴを上げましたが余裕でした。ロッド自体は硬めのベイトロッドですので、根魚なら40cm近い魚も余裕だと思います。

 

穴釣り用のリールも用意しました。

diy-kagu.hatenablog.com

いつも利用している潮位表