ドリリウム

釣り、コーヒー、バイク、車、家具作り、DIY、アクアリウム

MENU

【シマノ 16ナスキー】ハンドルノブ 交換手順 & ゴメクサス パワーハンドルノブ

先日ライトショアジギング用に購入したシマノ 16ナスキーに、ゴメクサスのパワーハンドルノブ を取り付けます。リール以外にあれこれ購入しているのですが、まだ届いていないものもあるので、このリールも含め購入したものについての紹介は後日します。

ゴメクサス パワーハンドルノブ

ゴメクサス パワーハンドルノブ はこんなやつ。いわゆるラウンドタイプ。丸いノブです。ライトショアジギングはよく巻くので、今までやったことのなかったノブ交換をやってみたいとの思いと合わせて購入しました。これなら安いしね。

交換手順

ゴメクサス パワーハンドルノブ には丁寧な説明書はありません。さまざまなリールに適合させるため、不要な付属品も多いです。現物を見ながらきっちり取り付けることができました。

 f:id:katamichinijikan:20180123191321j:image

純正ハンドルノブ の取り外し

まずは純正ハンドルノブ を取り外します。

f:id:katamichinijikan:20180123191334j:image

精密ドライバーのプラスを使って、ハンドルノブの2本のネジを外します。ネジを外すと、シマノの刻印のあるメッキのカバーが外れます。

f:id:katamichinijikan:20180123191425j:image

すると奥にネジが見えます。これも精密ドライバーのプラスを使って外します。

f:id:katamichinijikan:20180123191500j:image

ネジロック剤がついており、しっかり力を込めて回します。逆に、取り付け時にもネジロック剤があった方が良いと思いますが、今回は手持ちがないので省略しました。

f:id:katamichinijikan:20180123191617j:image

ハンドルノブ を引き抜けば取り外し完了です。

f:id:katamichinijikan:20180123191702j:image

ゴメクサス パワーハンドルノブの取り付け

続いてパワーハンドルノブを取り付けます。

まずは付属のベアリングをリールのシャフトに通します。

f:id:katamichinijikan:20180123191759j:image

続けてパワーハンドルノブの台座側をリールのシャフトに通します。

f:id:katamichinijikan:20180123191855j:image

次に、先程シャフトに挿入したパワーハンドルノブの穴の中を覗き込むと、シャフトが見えますので、ここにワッシャーを入れます。ワッシャーはいくつか付属していますが、一番大きい一枚を使います。これを入れないと、取り付け後にハンドルノブががたつきます。

f:id:katamichinijikan:20180123191948j:image

続いて、もうひとつのベアリングを挿入して、付属のネジで締め付けます。

f:id:katamichinijikan:20180123192211j:image

最後にパワーハンドルノブのカバーをつけて完了です。

f:id:katamichinijikan:20180123192236j:image

取付図

f:id:katamichinijikan:20180123192303j:image

こんな順番で取り付けます。ネジの記載が抜けていました(汗)

 

持って見た感じは、純正のT字ハンドルよりかなり持ちやすくていい感じ。色合いは黒金です。ナスキーが紺金なので微妙なミスマッチがダサいですが、まあよしとします。