ドリリウム

釣り、DIY、バイク、車、家具作り、アクアリウム、コーヒー。熱意を持って趣味を続けていると勝手に集まる知識や経験、役立つことやおもしろいことを記事にしています。

MENU

高い!エーハイムのタップを汎用品で代替しよう。

エーハイムのタップ、高いですね。

特に、エーハイム エココンフォート用の「開閉タップ」が「ダブルタップ」より高いという謎の価格設定も見られます。海外では逆ですから流通量の違い??いずれにせよどちらも高いです。

なお、開閉タップ」は「ダブルタップ」の1構成部品で、「ダブルタップ」のオス側が「開閉タップ」とまったく同じものだそうです。

 

さて、中古ですらダブルタップは1個1000円以上する状況です。所詮規格品ですので、安価な汎用品を使って代用してみましょう。

 

まずは、試しに手持ちのエーハイム エココンフォートのタップの接続口の内径をはかってみると、ざっくり22mm弱であることがわかります。このエーハイム エココンフォートは、悪い癖であるヤフオクの低価格スタート品にとりあえず入札しておく癖で手に入れた品で、肝心の開閉タップがないのです。内ネジタイプで、本体はメス側です。PT規格の1/2ネジと思われます。ホームセンターで確認すると、タカギさんの製品で適合する商品があることがわかりました。

f:id:katamichinijikan:20170724103524j:plain

 

タカギさんのホース継手には、内径12mm~15mmに適合する通常モデルと、内径7.5mm~9mmに適合するスリムホース用モデルがあります。

 

▼通常モデル

▼スリムホース向けモデル

通常モデルは3/4、スリムホースモデルは1/2ネジを採用していることがわかりました。つまり、スリムホースモデルであれば、エーハイムの内径12mmホース向けのダブルタップや開閉タップの代わりに接続できるということです。

 

早速買ってみました。 

タカギ スリムコネクター G079SHタカギ ホースジョイントニップル G040です。

タカギ スリムコネクター G079SHを外部フィルターに接続して、更にタカギ ホースジョイントニップル G040を使うことで、エーハイムのダブルタップのようにワンタッチで取り外せるようにします。

まずは、こんな風に12mmのホースを連結しまして。

f:id:katamichinijikan:20170724103528j:plain

 

スリムホース側のキャップは不要です。

先端部の形状がエーハイムのタップとは異なります。また、エーハイムのタップのように先端部にゴムのOリングがありません。先端部は10mmほどですので、汎用品のOリングが使えそうです。

f:id:katamichinijikan:20170724103530j:plain

 

とりあえずそのままねじ込んでみると。

f:id:katamichinijikan:20170724103533j:plain

はい。繋がりましたね。

何の変哲もない1/2規格であることがわかりました。

 

 

水を回してみます。

f:id:katamichinijikan:20170722223105j:plain

接続部にOリングがありませんので、汎用品を買うか、シリコンやバスコークで密閉しても良いでしょう。

ただ、試した限りではこうして接続するだけで漏れはありませんでした。水を回しつつ

ホースを折って接続部に圧をかけてみても一滴も漏れません。意外です。

 

 

今回使ったのはこちらのセット。 

このセットを使うとワンタッチで取り外しもできます。

 

ワンタッチで取り外す必要がなければこんな商品もありました。

 

更に、タカギさんのタップ付きの継手を使えばダブルタップと全く同じ機能を持たせることもできますね。

 

今後どちらかの水槽で試験運用をしてみる予定です。

 

追記

こちらで紹介したタカギのタップを使った場合、汎用品のOリング(ホームセンターの水道関係のコーナーにあります)を使ったとしてもOリングが効きません。

エーハイムのタップよりタカギのタップの方が差し込み口の長さが短いのです。

検証レベルでは、Oリングなしでも漏れないことを確認していますが、実運用する際には注意が必要だと思います。ペースト状のガスケットでも使ってしまえば確実ですが・・・。くれぐれも自己責任でお試しください。