ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

夏だ!ジャンクパーツで水槽クーラーを自作しよう。 その1

夏です。

 

水槽は、サーキュレーターを常時当てておけばいいだろうと雑に考えていましたが、ふと思いつきました。馴染みの車屋さんに転がっている、車用のラジエーター。これが使えないだろうか?

車用ではあんまりにもでかすぎて、水槽より大きくなってしまうので、せめてバイク、原付とかどうだろうか?

 

単純に水を通して、ファンで風を当てれば完成。

果てしてどの程度の冷却効果があるかはわからないが、ほぼ0円で作れる水槽クーラーというのは魅力的。かもしれない。

 

 

ラジエーターは、なじみの車屋さんやバイク屋さんがいれば、ジャンク品をタダでもらえるはずです。ただし、漏れがある場合には注意。

とはいえ、車のラジエーターの漏れというのは、高い圧をかけた状態での話。車の冷却水の経路は、冷却水の沸点をあげるために加圧されています。車につけると漏れるけど、水槽用の貧弱なポンプ程度の圧なら、漏れないケースが大半のはず。漏れたとしても、接着剤で固めれば十分いけるでしょう。

 

もし馴染みのお店がなければ、ヤフオクなどで1円でジャンク品が出品されているはずです。冷却水経路内の錆びだけには注意が必要。完璧なものを手に入れるのは難しいだろうから、外部フィルター前に取り付けるのが現実的かもしれませんね。

 

早速ラジエーターをゲットして、近々続きを上げたいと思います。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら