ドリリウム

趣味をとことん突き詰めるブログ。ペット / フィンチ / 鳥 / 文鳥 / ジュウシマツ / 写真 / カメラ / 高知 / 釣り / DIY / バイク / 車 / 家具制作 / アクアリウム / コーヒー / 地方移住 / ルノー・ルーテシア / SUZUKI ST250 E type / EOS Kiss M

こんにちは。カタミチ(@katamichi2h)です。

お問い合わせsyufukc@gmail.com / Twitter

コーヒーを淹れるために最低限必要なもの

f:id:katamichinijikan:20161228201936j:image

ドリップポット温度計です。

 

 

馴染みのコーヒー屋さんで、この2つは必要だと言われて購入しました。

 

 

正確には、ポットは細く湯量を調整しながら入れるために必要と言われました。

温度計は必要と言われていませんが、淹れ方の話をすると必ず湯温の話になるので購入。

 

「細く入れる」「湯温を知る」ことが出来れば別に専用品なんていりませんが

生活を豊かにするための趣味なので、買ってみました。

 

時間に余裕がある時に、道具をごそっと取り出して

ゆっくり時間をかけて、淹れて、飲むのです。

 

 

 

こちらのドリップポット。

Amazonの最安値圏の品ですが、全体のフォルムは悪くないです。

 E-PRANCE® コーヒードリップケトル ドリップポット ステンレス 900ML

 

 

また、DIY好きには嬉しいことに

フタの持ち手と、ポットの持ち手が簡単に取り外せます。

つまり、簡単に木の自作の持ち手、取手に交換できます。

 

このような切り口で書かれたレビューは当然見つからず

半ば賭けでしたが大当たりでした。

 

ドリップポットで加工ベースとしての価値を考えるのはおかしな話ですが

木の持ち手のポットは高いし、整備性にも不安があります。

 

大事に使って、おいしいコーヒーを楽しみたいです。

 

あ、コーヒー道具入れを作ろう。

▼IT系の転職なら

▼誰かにプログラミングを教えてみませんか?

▼釣り具の宅配買取なら